ブルーライトをカットするパソコン用メガネ JINS PC にクリアレンズ登場- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ブルーライトをカットするパソコン用メガネ JINS PC にクリアレンズ登場

ブルーライトをカットするパソコン用メガネ JINS PC にクリアレンズ登場

JINS PC クリアレンズは6月15日(金)より発売。

[出典]http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

蒼井優さんのCMでもおなじみのメガネブランド JINS(ジンズ)は、パソコンやスマートフォンの画面、テレビなどから発せられる「ブルーライト(青色光)」をカットすることで眼を守る「パソコン用メガネ」JINS PC の新ラインアップとして、「JINS PC クリアレンズ」を追加、全国の JINS(ジンズ)各店およびオンラインショップで6月15日(金)より発売する。

JINS(ジンズ)によると、すでに発売中の JINS PC シリーズが特殊なブラウン系のカラーでブルーライトをカットするのに対して、JINS PC クリアレンズはブルーライトを反射する特殊なコーティングにより、ほぼ透明に近いレンズを実現。これまでの JINS PC よりもブルーライトのカット率は劣るものの、オフィスなどでも気兼ねなく使うことができそうだ。

ブルーライト(青色光)とは

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なっている(写真1)。目に見える光・色の中でも波長が短く、エネルギーが強いブルーライト(青色光)は、まぶしさやチラつきの原因となっている。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

パソコンや携帯電話などのデジタル機器やテレビ、中でも最近主流となっているLED液晶モニターからは、ブルーライト(青色光)が波長450nmをピークに多く発せられており、眼への負担が大きくなっている(写真2)。

特殊なコーティングでブルーライトをカット、レンズはほぼ透明

(写真3)すでに発売中の JINS PC ライトブラウンレンズがその名の通り、見た目に明らかにカラーがついているのに対して、JINS PC クリアレンズの見た目はほぼ「クリア」。

(写真3)すでに発売中の JINS PC ライトブラウンレンズがその名の通り、見た目に明らかにカラーがついているのに対して、JINS PC クリアレンズの見た目はほぼ「クリア」。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

すでに発売中の JINS PC ライトブラウンレンズが特殊なブラウン系のカラーでブルーライトを吸収させカットするのに対して、JINS PC クリアレンズは特殊なコーティングで反射させることでブルーライトをカット。その結果、少し黄色味がかってはいるものの、ほぼ透明に近い「クリア」な見た目を実現している(写真3)。

(写真4)JINS PCの「ライトブラウンレンズ」と「クリアレンズ」では、 ブルーライトをカットする方法とカット率が異なる。

(写真4)JINS PCの「ライトブラウンレンズ」と「クリアレンズ」では、
ブルーライトをカットする方法とカット率が異なる。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

すでに発売中の「ライトブラウンレンズ」がブルーライトを約45%カットするのに対して、「クリアレンズ」はブルーライトのカット率が約30%となっている(※)。

しかし、「クリアタイプ」という名の通り、見た目にはほぼ「クリア」なので、営業や接客業などカラーつきのメガネを掛けるのに抵抗のある職場でも、気兼ねなく使えそうなのはうれしい。

JINS(ジンズ)によると、のブルーライトカット率は度なし(S 0.00)状態での数値。また、度数により数値が異なる場合があるという。

「効果の高さ」と「掛けやすさ」、どちらを選ぶ?

(写真5)「ライトブラウンレンズ」と「クリアレンズ」それぞれの可視光線透過率を示すグラフ。「ライトブラウンレンズ」のほうがブルーライトのカット率が高いことや、「クリアレンズ」のほうが全体に透過率が高い、すなわち明るいことなどがわかる。

(写真5)「ライトブラウンレンズ」と「クリアレンズ」それぞれの可視光線透過率を示すグラフ。
ライトブラウンレンズ」のほうがブルーライトのカット率が高いことや、
「クリアレンズ」のほうが全体に透過率が高い、すなわち明るいことなどがわかる。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

ここで、JINS PC ライトブラウンレンズと JINS PC クリアレンズについて、それぞれの違いや特徴をあらためてまとめつつ、選ぶ際のポイントをご紹介したい。

JINS PC ライトブラウンレンズ

(写真6)JINS PC ライトブラウンレンズの着用イメージ。

(写真6)JINS PC ライトブラウンレンズの着用イメージ。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

JINS PC ライトブラウンレンズ(写真6)は、特殊なブラウン系のカラーで吸収することで、ブルーライトを約45%カット。

パソコンなどに向かうときにも度数の入ったメガネが必要で、カラーレンズの入ったメガネを掛けることに抵抗がなく、ブルーライト(青色光)をしっかりカットすることでより高い効果を望むひとには、JINS PC ライトブラウンレンズがおすすめだ。

JINS PC ライトブラウンレンズは、JINS(ジンズ)の通常レンズと同じ「非球面設計」と呼ばれるタイプを採用。レンズの端のほうまで歪みが少なく、度数が強いひとでもレンズが厚くなりにくいのだ。

さらに、レンズの薄さを決める屈折率は、1.60 と 1.67 の2タイプが用意されているので、度数が強いひとでもレンズの厚さが気になりにくいのはうれしい。

また、JINS PC ライトブラウンレンズは、遠近両用レンズにも対応しているのもポイント。ただし、遠近両用レンズの場合は「ブルーライト」カットレンズ料金3,990円に加えて、さらに5,000円プラスとなっている。

JINS PC クリアレンズ

(写真7)JINS PC クリアレンズの着用イメージ。

(写真7)JINS PC クリアレンズの着用イメージ。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

JINS PC クリアレンズ(写真7)は、特殊なコーティングで反射させることでブルーライトを約30%カット。レンズ自体は無色透明なため、少し黄色味がかってはいるものの、ほぼ「クリア」な見た目なのが、JINS PC ライトブラウンレンズとの大きな違いだ。

そのため、カラーの入ったメガネでは抵抗のあるビジネスシーンをはじめ、日常生活のさまざまな場面で、抵抗なく掛けることができそうだ。

また、他社のものも含めて、コーティングでブルーライトをカットするレンズのデメリットとしては、レンズ表面の反射光が気になることも挙げられる。JINS(ジンズ)によると、JINS PC クリアレンズは「使用時に若干のパープル・ブルー系の反射光が生じます」とのことだ。

しかし、コーティングでブルーライトをカットする他社のレンズに比べると、レンズ表面のチラつきや、特に後ろからの光の反射やまぶしさを「徹底的に改善」したというのには注目だ。

JINS PC クリアレンズも、レンズの端のほうまで歪みが少なく、度数が強いひとでもレンズが厚くなりにくい「非球面設計」を採用。また、薄型(屈折率:1.60)と超薄型(屈折率:1.67)のふたつが追加料金なしで選べるので、度数が強くてレンズの厚さが気になるというひとも、まず安心と言えよう。

【追加情報!】

◇2012年10月1日(月)より、JINS PC クリアレンズも遠近両用・中近両用・近々両用レンズに対応。詳細については以下から。

通常価格にプラス3,990円

(写真8)「JINS PC®レンズ - 機能性アイウエア | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)」(スクリーンショット)

(写真8)「JINS PC®レンズ - 機能性アイウエア | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)」(スクリーンショット)

JINS PC クリアレンズは、すでに発売中の JINS PC ライトブラウンレンズと同じく、通常価格(フレーム+レンズ)にプラス3,990円で、度付き対応のパソコン用メガネを作ることができる。

最も安い商品を選ぶと、通常価格4,990円プラス3,990円、合計8,980円から、パソコン用度付きメガネを手に入れることができるほか、超薄型(屈折率:1.67)を選んでも追加料金0円なのはうれしい。

また、JINS PC クリアレンズJINS PC ライトブラウンレンズともに受注生産となっているので、出来上がりまでには10日ほどかかるようだ。

関連記事

JINS PC は度付きのほか、ノンメガネユーザー向けの度なしタイプも

ブルーライトをカットする「パソコン用メガネ」は各社から続々発売中

【コーティングでブルーライトをカットするタイプ】

【カラーでブルーライトをカットするタイプ】


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer