OWNDAYS(オンデーズ)がパソコン用メガネレンズ Blue Cut Color Lens を発売- GLAFAS(グラファス)

OWNDAYS(オンデーズ)がパソコン用メガネレンズ Blue Cut Color Lens を発売

OWNDAYS(オンデーズ)がパソコン用メガネレンズ Blue Cut Color Lens を発売

パソコン作業のためのレンズ Blue Cut Color Lens - 「メガネ」のオンデーズ(スクリーンショット)

全国に120店舗を展開するメガネ店 OWNDAYS(オンデーズ)は、パソコンやスマートフォンなどの画面から多く発せられ、まぶしさやチラつきの原因となるブルーライト(青い光)をカットすることで、眼への負担を軽減するメガネレンズ Blue Cut Color Lens を発売した(※)。

OWNDAYS(オンデーズ)のブログによると、Blue Cut Color Lens の価格は、通常料金(フレーム+レンズ)+3,150円。カラーはグレー・ブラウン・グリーン・オレンジの4色がそろっており、どんなフレームにも入れることができるという。

※一部の店舗を除く。

ブルーライト(青い光)とは

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なっている(写真1)。目に見える光・色の中でも波長が短く、エネルギーが強いブルーライト(青い光)は、まぶしさやチラつきの原因となっている。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

パソコンや携帯電話などのデジタル機器やテレビ、中でも最近主流となっているLED液晶モニターからは、ブルーライト(青い光)が波長450nmをピークに多く発せられており、眼への負担が大きくなっている(写真2)。

特殊なカラーでブルーライト(青い光)をカット

(写真3)OWNDAYS(オンデーズ)の Blue Cut Color Lens は、特殊なカラーでブルーライト(青い光)をカットする。

(写真3)OWNDAYS(オンデーズ)の Blue Cut Color Lens は、特殊なカラーでブルーライト(青い光)をカットする。

(出典)http://www.owndays.co.jp/campaign/bccl.php

Blue Cut Color Lens は、レンズを特殊なカラーに染色することで、ブルーライト(青い光)をカットするというもの。カラーは、グレー・ブラウン・グリーン・オレンジの4つから選ぶことができる。

OWNDAYS(オンデーズ)に電話取材したところ、通常のカラーレンズの基準でみると、カラーの濃さはいずれも30%くらいとのこと。あまり濃くないので、それほど抵抗なく使えるのではないかと語っていた。

また、ブルーライト(青い光)をカットする効果は、どのカラーでも大きな差はないとして、ブルーライト(青い光)のカット率は明かされていない。

OWNDAYS(オンデーズ)の店頭には、Blue Cut Color Lens のサンプルが用意されているというので、実際の見え具合のほか、フレームとの相性も考えながら、じっくりと選んでみてはいかがだろうか。

価格は+3,150円、薄型レンズも選べる

(写真4)パソコン作業のためのレンズ Blue Cut Color Lens - 「メガネ」のオンデーズ(スクリーンショット)

(写真4)パソコン作業のためのレンズ Blue Cut Color Lens - 「メガネ」のオンデーズ(スクリーンショット)

Blue Cut Color Lens は、通常価格(フレーム+レンズ)にプラス3,150円で選ぶことができる。

OWNDAYS(オンデーズ)では、3月より新しい価格体系「レンズワンプライスシステム」を導入。フレームとレンズを別々に価格を設定しており、フレームは980円から、レンズは単焦点レンズ(近視・遠視・乱視用)は3,800円、遠近両用レンズは6,800円の均一価格で、レンズの薄さによる追加料金が一切かからないようになっている。

例えば、いちばん安い980円のフレームに Blue Cut Color Lens を入れると 7,930円となり、度付きのパソコン用メガネとしては、かなりリーズナブルな価格だと言えよう。

また、超薄型レンズを選んでも追加料金0円なのは、度が強いひとにとってはうれしいところだ。

パソコン用メガネは今やブーム

写真はイメージ。by aditza121

写真はイメージ。by aditza121

ブルーライト(青い光)をカットする「パソコン用メガネ(レンズ)」は、メガネ業界では今やブームと言えるほどの状況となっている。

JINS(ジンズ)Zoff(ゾフ)眼鏡市場といった格安メガネ店のほか、Nikon(ニコン)HOYA(ホヤ)SEIKO(セイコー)といった大手レンズメーカーからも、続々と発売されている。

格安メガネ店の「パソコン用メガネ(レンズ)」

大手レンズメーカーの「パソコン用レンズ」

競合他社と比べてみると、OWNDAYS(オンデーズ)の Blue Cut Color Lens は、度付きで7,930円からという価格の安さがポイントと言えよう。

「パソコン用メガネ」のブームのきっかけとなった JINS(ジンズ) の JINS PC も、6月より度付きレンズに対応することが発表されており、 その価格が注目される。

関連記事

▼「パソコン用メガネ」のまとめと選び方。

OWNDAYS(オンデーズ)では、3月より新しい価格体系「レンズワンプライスシステム」を導入。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 2465
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache