ブルーライトをカットするパソコン用メガネレンズ Zoff PC にクリアタイプ登場- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ブルーライトをカットするパソコン用メガネレンズ Zoff PC にクリアタイプ登場

ブルーライトをカットするパソコン用メガネレンズ Zoff PC にクリアタイプ登場

Zoff PC クリアタイプはブルーライトを約37%カット。image by インターメスティック

格安メガネの定番ブランド Zoff(ゾフ)は、パソコンやスマートフォンなどの画面から多く発せられ、まぶしさやチラつきの原因となるブルーライト(青色光)をカットすることで、眼への負担を軽減するメガネレンズ Zoff PC(ゾフ・ピーシー)に、新たに「Zoff PC クリアタイプ」を追加。5月26日(土)より、全国の Zoff(ゾフ)各店および  Zoff(ゾフ)オンラインストア iconで発売する。

すでに発売中の「Zoff PC カラータイプ」はブラウンカラーなのに対し、Zoff PC クリアタイプはブルーライトをカットする特殊コーティングを施すことで、ほぼ透明に近いレンズを実現。「Zoff PC カラータイプ」よりもブルーライトのカット率は劣るものの(※)、オフィスなどでも気兼ねなく使うことができそうだ。

※「Zoff PC(カラータイプ)」はブルーライトを最大約50%(度なしレンズ)に対して「Zoff PC クリアタイプ」はブルーライトを約37%カット。詳細については下記参照。

ブルーライト(青色光)とは

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なっている(写真1)。目に見える光・色の中でも波長が短く、エネルギーが強いブルーライト(青色光)は、まぶしさやチラつきの原因となっている。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

パソコンや携帯電話などのデジタル機器やテレビ、中でも最近主流となっているLED液晶モニターからは、ブルーライト(青色光)が波長450nmをピークに多く発せられており、眼への負担が大きくなっている(写真2)。

特殊なコーティングでブルーライトをカット、レンズはほぼ透明

(写真3)Zoff PC クリアタイプを入れたメガネ。image by インターメスティック

(写真3)Zoff PC クリアタイプを入れたメガネ。image by インターメスティック

「Zoff PC クリアタイプ」(写真3)は、ブルーライト(青色光)を約37%反射させる特殊なコーティングを施すことで、見た目は若干黄色みを帯びているものの、ほぼ透明に近いレンズに仕上がっているのが特徴。

(写真4)Zoff PC(ゾフ・ピーシー)は「カラータイプ」と「クリアタイプ」がラインアップ。 ブルーライト(青色光)をカットする仕組みやカット率はそれぞれ異なる。image by インターメスティック ※「青色光カット率」は JIS規格(T7333付録)の測定数値(青色光波長380nm~500nmの平均カット率)。

(写真4)Zoff PC(ゾフ・ピーシー)は「カラータイプ」と「クリアタイプ」がラインアップ。
ブルーライト(青色光)をカットする仕組みやカット率はそれぞれ異なる。image by インターメスティック
※「青色光カット率」は JIS規格(T7333付録)の測定数値(青色光波長380nm~500nmの平均カット率)。

Zoff(ゾフ)によると、すでに発売中の「Zoff PC カラータイプ」はブルーライト(青い光)のカット率が最大約50%と効果が高いものの、レンズにブラウンカラーがついているため、女性の顧客を中心に「オフィスでカラーレンズはかけづらい」という声が上がっていたという。

「効果の高さ」と「掛けやすさ」、どちらを選ぶ?

(写真5)「クリアタイプ」と「カラータイプ」それぞれの可視光線透過率を示すグラフ。「カラータイプ」のほうがブルーライト(青色光)のカット率が高いことがわかる。image by インターメスティック

(写真5)「クリアタイプ」と「カラータイプ」それぞれの可視光線透過率を示すグラフ。「カラータイプ」のほうがブルーライト(青色光)のカット率が高いことがわかる。image by インターメスティック

ここでふたつの Zoff PC(ゾフ・ピーシー)の違いや特徴をまとめてみよう。それぞれブルーライト(青色光)のカットする仕組みや特徴が異なるので、自分の好みやライフスタイルに合ったほうを選ぶことができる。

Zoff PC カラータイプ

(写真6)Zoff PC カラータイプの入ったメガネ。image by インターメスティック

(写真6)Zoff PC カラータイプの入ったメガネ。image by インターメスティック

Zoff PC カラータイプ」(写真6)は特殊なブラウンカラーに染色することによりブルーライト(青色光)を吸収し、約50%カットするメガネレンズ(注1)。

カラーレンズの入ったメガネを掛けることに抵抗がなく、ブルーライト(青色光)をしっかりカットすることでより高い効果を望むひとには、「Zoff PC カラータイプ」がおすすめだ。

価格は、度なしレンズなら追加料金0円(注2)、度付きレンズは追加料金5,250円とリーズナブル。また、期間限定の「Zoff PC スタート割」では3,150円となり、さらにお買い得だ(下記参照)。

度なしレンズは屈折率1.50(注3)という、悪くいえばいちばん厚さのあるタイプだが、度なしなのでまず問題ないだろう。

度付きレンズは屈折率1.60(注3)の薄型タイプ。かなり度が強いひとの場合、レンズの厚さが気になることもあるかもしれないが、パソコン専用と割り切れば、さほど気にならないのではないだろうか。また、度付きレンズの場合には、度数によって色味が多少異なって見えることもあるという。

また、度なし・度付きとも UV(紫外線)カットコーティングがついているので、安心して使うことができる。

Zoff PC クリアタイプ

(写真7)「Zoff PC クリアタイプ」のイメージ。キャッチフレーズは「パソコン作業を快適にするレンズ」。image by インターメスティック

(写真7)「Zoff PC クリアタイプ」のイメージ。キャッチフレーズは「パソコン作業を快適にするレンズ」。
image by インターメスティック

「Zoff PC クリアタイプ」(写真7)はすでに述べたように、特殊なコーティングによりブルーライト(青色光)を反射させることで、約37%カットするメガネレンズ。

若干黄色みを帯びているとはいえ、ほぼ透明に近いので、オフィスなどのビジネスシーンをはじめ、日常生活のさまざまな場面で、抵抗なく掛けることができそうだ。

ただし、ブルーライト(青色光)を反射するコーティングの影響で、レンズの裏側では光の反射やまぶしさを感じることや、ゴースト(虚像)により物がダブって見えることもあるという。

価格は通常価格(フレーム+レンズ)に追加料金5,250円(度なし・度付きとも同価格)。「Zoff PC カラータイプ」同様、パソコン用メガネ(レンズ)としてはリーズナブルだと言えるだろう。また、期間限定の「Zoff PC スタート割」では3,150円となり、さらにお買い得だ(下記参照)。

レンズの素材は屈折率:1.60(注3)、設計は非球面タイプになっている。非球面設計とは、昔ながらの球面設計よりも、レンズ表面のカーブをフラットにすることで、より薄く、端のほうまで見え方の歪みを抑えたもの。非球面設計は、いまやスタンダードと言えるだろう。

ただし、「Zoff PC カラータイプ」同様、かなり度が強いひとの場合、レンズの厚さが気になることもあるかもしれない。

(注1)ブルーライト(青色光)カット率は JIS規格(T7333付録)の測定数値(青色光波長380nm~500nmの平均カット率)。

(注2)Zoff(ゾフ)のフレームを持ち込んで交換する場合は、度なしレンズ:3150円、度付きレンズ:5,250円。

(注3)屈折率の数値が高いほど、レンズは薄くなる。つまり、度が強いひとほど屈折率の高いレンズがおすすめ。

期間限定の「スタート割」、通常5,250円が3,150円

(写真7)「Zoff PC スタート割」は5月26日(土)~6月10日(日)まで。通常価格5,250円のところ、3,150円とお買い得。

(写真7)「Zoff PC スタート割」は5月26日(土)~6月10日(日)まで。通常価格5,250円のところ、3,150円とお買い得。image by インターメスティック

Zoff(ゾフ)では、5月26日(土)~6月10日(日)までの期間限定で「Zoff PC スタート割」を全国の Zoff(ゾフ)各店および  Zoff(ゾフ)オンラインストア iconで開催。「Zoff PC カラータイプ」、「Zoff PC クリアタイプ」ともに通常価格5,250円のところ3,150円で手に入れることができる。

「クリアタイプ」という新しい選択肢が加わったこととあわせて、パソコン用メガネを手に入れるには、いい機会になりそうだ。

関連記事~パソコン用メガネ・レンズ


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer