JINS(ジンズ)のパソコンメガネ JINS PC が遠近両用・中近両用・近々両用に対応開始- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

JINS(ジンズ)のパソコンメガネ JINS PC が遠近両用・中近両用・近々両用に対応開始

JINS(ジンズ)のパソコンメガネ JINS PC が遠近両用・中近両用・近々両用に対応開始

「JINS PC®レンズ | JINS PC®」(スクリーンショット)

新作メガネ Air frame α(エア・フレームアルファ)も注目を集める JINS(ジンズ)は、「パソコン用メガネ」JINS PC シリーズのメガネレンズ 「JINS PC クリアレンズ」が「JINS PC ライトブラウンレンズ」に続き、遠近両用への対応を10月1日(月)より開始した。

JINS(ジンズ)の公式サイトによると、価格はフレーム(4,990円~)+ JINS PC レンズ 3,990円+遠近両用レンズ 5,000円となっており、最安で13,980円で遠近両用の PC(パソコン)メガネを手に入れることができる。また、中近両用レンズ・近々両用レンズも同価格で対応する。

PC(パソコン用)メガネとは

【楽天市場】【累計販売本数200万本突破】 ブルーライトをカットするPCメガネ【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】パソコン用メガネ【楽ギフ_包装】:JINS楽天市場店

PC(パソコン用)メガネとは、パソコンやスマートフォンなどの画面から多く発せられ、まぶしさやチラつきの原因となるブルーライト(青色光)をカットして眼への負担を軽減するメガネのこと。

2011年9月に発売された JINS PC(度なしタイプ)をきっかけに認知度が高まり、今では JINS(ジンズ)以外でも多くのメガネ店で PC(パソコン)メガネ・レンズが販売され、人気を集めている。

ブルーライト(青色光)とは

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なっている(写真1)。目に見える光・色の中でも波長が短く、エネルギーが強いブルーライト(青色光)は、まぶしさやチラつきの原因となっている。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

パソコンや携帯電話などのデジタル機器やテレビ、中でも最近主流となっているLED液晶モニターからは、ブルーライト(青色光)が波長450nmをピークに多く発せられており、眼への負担が大きくなっている(写真2)。

パソコンやスマートフォン、タブレット端末などが多くのひとの生活に欠かせなくなった今、ブルーライト(青色光)をカットする PC(パソコン)用メガネは注目を集めている。

「クリア」と「ライトブラウン」~選べる2タイプ

(写真3)すでに発売中の JINS PC ライトブラウンレンズがその名の通り、見た目に明らかにカラーがついているのに対して、JINS PC クリアレンズの見た目はほぼ「クリア」。

(写真3)JINS PC ライトブラウンレンズ(写真左)と、JINS PC クリアレンズ(写真右)。
ライフスタイルや着用シーンにあわせて選ぶことができる。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

JINS PC の遠近両用・中近両用・近々両用レンズは、単焦点レンズ(近視・遠視・乱視・老眼)と同様、「JINS PC クリアレンズ」「JINS PC ライトブラウンレンズ」のふたつから、ライフスタイルや着用シーンにあわせて選ぶことができる。

JINS PC ライトブラウンレンズ

(写真4)JINS PC ライトブラウンレンズの着用イメージ。

(写真4)JINS PC ライトブラウンレンズの着用イメージ。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

JINS PC ライトブラウンレンズ(写真4)は、特殊なブラウン系のカラーで吸収することで、ブルーライトを約50%カット。

パソコンなどに向かうときにも度数の入ったメガネが必要で、カラーレンズの入ったメガネを掛けることに抵抗がなく、ブルーライト(青色光)をしっかりカットすることでより高い効果を望むひとには、JINS PC ライトブラウンレンズがおすすめだ。

JINS PC クリアレンズ

(写真5)JINS PC クリアレンズの着用イメージ。

(写真5)JINS PC クリアレンズの着用イメージ。

(出典)http://www.jins-jp.com/functional/pc_custom.html

JINS PC クリアレンズ(写真5)は、特殊なコーティングで反射させることでブルーライトを約30%カット。レンズ自体は無色透明なため、少し黄色味がかってはいるものの、ほぼ「クリア」な見た目なのが、JINS PC ライトブラウンレンズとの大きな違いだ。

そのため、カラーの入ったメガネでは抵抗のあるビジネスシーンをはじめ、日常生活のさまざまな場面で、抵抗なく掛けることができそうだ。

また、他社のものも含めて、コーティングでブルーライトをカットするレンズのデメリットとしては、レンズ表面の反射光が気になることも挙げられる。JINS(ジンズ)によると、JINS PC クリアレンズは「使用時に若干のパープル・ブルー系の反射光が生じます」とのことだ。

しかし、コーティングでブルーライトをカットする他社のレンズに比べると、レンズ表面のチラつきや、特に後ろからの光の反射やまぶしさを「徹底的に改善」したというのには注目だ。

最も安い組み合わせでは13,980円から

JINS PC クリアレンズ」または「JINS PC ライトブラウンレンズ」で、遠近両用・中近両用・近々両用レンズを作る際の価格は次の通り。

  • フレーム(4,990円~)+ JINS PC レンズ 3,990円+遠近両用レンズ 5,000円

最も安いフレーム(4,990円)を選んだ場合は合計13,980円となり、遠近両用・中近両用・近々両用レンズの PC(パソコン)メガネとしては、かなりリーズナブルだと言えよう。

なお、「JINSオンラインショップ」「JINS楽天市場店」「JINS Amazon店」では、遠近両用・中近両用・近々両用レンズの取り扱いはないのでご注意を。

関連記事

JINS PC は度付きのほか、ノンメガネユーザー向けの度なしタイプも

◇度付きタイプ

◇度なしタイプ

Zoff(ゾフ)でも遠近両用 PC(パソコン)レンズを発売中

ブルーライトをカットする「パソコン用メガネ」は各社から続々発売中

◇各社から発売されている PC(パソコン)用メガネ・レンズ関連ニュースのまとめ。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer