宮本勝昌プロとの共同開発 JINS(ジンズ)のゴルフ専用サングラス JINS Golf(ジンズゴルフ)- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

宮本勝昌プロとの共同開発 JINS(ジンズ)のゴルフ専用サングラス JINS Golf(ジンズゴルフ)

宮本勝昌プロとの共同開発 JINS(ジンズ)のゴルフ専用サングラス JINS Golf(ジンズゴルフ)

JINS Golf(ジンズゴルフ) SG-11N-9001 カラー:ブラック。価格:7,990円。imege by JINS

超薄型レンズを選んでも追加料金0円(※)という安さと看板商品 Air frame(エア・フレーム)が人気のメガネ店 JINS(ジンズ)は、プロゴルファー宮本勝昌氏と共同開発したゴルフ専用サングラス JINS Golf(ジンズゴルフ)を7月21日(木)より発売する。

JINS Golf(ジンズゴルフ)は、人気商品 Air frame(エア・フレーム)と同じ素材を使い、日本人の顔型を研究したことから生まれたフィット感のよいフレームに、グリーンの起伏や芝の状態が見えやすく、強度と耐久性にすぐれたレンズを組み合わせた、ゴルフに最適な設計となっている。

価格は7,990円とリーズナブル。また、+12,000円で度付きレンズを入れることもできるのは、メガネユーザーにとってはうれしいところだ。

宮本プロの声を生かして共同開発

【写真1】(左より)プロゴルファー 宮本勝昌氏、JINS(ジンズ)を運営するジェイアイエヌの社長 田中 仁氏、ファッションモデル相沢紗世さん。相沢紗世さんは、JINS Golf(ジンズゴルフ)とともに発表されたランニング専用サングラス JINS Run(ジンズラン)のデザインを監修。

【写真1】(左より)プロゴルファー 宮本勝昌氏、JINS(ジンズ)を運営するジェイアイエヌの社長 田中 仁氏、ファッションモデル相沢紗世さん。相沢紗世さんは、JINS Golf(ジンズゴルフ)とともに発表されたランニング専用サングラス JINS Run(ジンズラン)のデザインを監修。

サングラスを掛けて試合に臨むプロゴルファーも多い中、JINS(ジンズ)ではあえてサングラスを掛けていなかった宮本プロに共同開発を依頼した。

ふだんからサングラスを掛けていないひとは、サングラスを掛けることやレンズを通してものを見ることに慣れていないので、サングラスに少なからず抵抗があるはず。宮本プロも「紫外線が目に影響を与えることは頭では分かっていましたが、プレーに支障がでてしまうようなイメージがあり、普段ゴルフプレー中にはサングラスを掛けませんでした。」と語っている。

JINS Golf(ジンズゴルフ)の開発に当たっては、宮本プロが実際に試作品を着用してプレーし、細かいレンズの角度、構えた時の光の入り方、テイクバックした際の目の動きなどを細かくチェック。何度もフィードバックを繰り返して、宮本プロいわく「サングラス未経験の方にも納得のいくサングラス」が完成したのだという。

日本人の顔型とゴルフに最適なフレーム

【写真2】JINS Golf(ジンズゴルフ) SG-11N-9001。カラー:ブラック。価格:7,990円。7月21日(木)より発売。image by JINS

【写真2】JINS Golf(ジンズゴルフ) SG-11N-9001。カラー:ブラック。価格:7,990円。7月21日(木)より発売。image by JINS

JINS Golf(ジンズゴルフ)は、地面やボールが見やすく、広い視野を確保できるようにハーフリム(下半分がふちなし)デザインを採用。フレームの形状は、日本人の平均的な顔型を徹底的に分析・研究した独自の設計となっている(写真2)。

そして、フレームの素材には、軽さと掛け心地のよさで大ヒットしている JINS(ジンズ)の看板商品 Air frame(エア・フレーム)でも使われている、軽くて弾力性と復元性に富んだ TR-90 を使っているので、掛け心地は抜群だ。

さらに、テンプル(つる)はサンバイザーや帽子をかぶったときにもジャマにならないようストレートタイプになっているほか、先端部分は肌に優しく、ズレにくいソフトラバーになっているのもポイントだ(写真3)。

【写真3】(左)テンプル(つる)はストレートタイプ。(右)テンプル(つる)先端部はソフトラバー仕上げ。image by JINS

【写真3】(左)テンプル(つる)はストレートタイプ。(右)テンプル(つる)先端部はソフトラバー仕上げ。image by JINS

また、ゴルフは下を向くことが多いスポーツであることに着目して、一般のサングラスよりもレンズを前に傾けてあるのも特徴。JINS(ジンズ)のサングラスでは通常、レンズの傾斜角が10°に設定されているのに対して、JINS Golf(ジンズゴルフ)では12°に設定されているのだ(写真4)。

フィット感やホールド感を大きく左右する鼻あては、鼻の高さや形に合わせて自分で調節できるようになっている(写真4)。

【写真4】(左)レンズの傾斜角は一般のサングラスよりも2°深い。(右)鼻あては自分で調節できる。image by JINS

【写真4】(左)レンズの傾斜角は一般のサングラスよりも2°深い。(右)鼻あては自分で調節できる。image by JINS

グリーンの起伏や芝目が見やすくなってスコアも上がる?

JINS Golf(ジンズゴルフ)には、グリーンの起伏や芝の状態が見やすいよう、緑色を抑え他の色を際立たせるという NXT Green レンズが使われている(写真5)。このカラーは、宮本プロが実際に6種類使用した中から、一番見やすいものとして選ばれたものだ。

7月13日に開かれた記者発表会で宮本プロが語ったところによると、NXT Green レンズは晴れているときにまぶしさをよけてくれるのはもちろん、曇りの日でも視界をさえぎることなく明るく見えるので、天候に左右されずに使うことができるほか、グリーンの起伏や芝目がいちばん見やすかったのが、このカラーを選んだ理由だという。

宮本プロはさらに、「いいパッティングをしたのに入らなかった場合、もしもその原因が芝目の読み違いだとしたら、この NXT Green レンズで解消されるので、JINS Golf(ジンズゴルフ)を掛ければ、スコアがふたつ3つ違うかもしれない」と語っていた。

【写真5】(左)NXT Green レンズのイメージ。(右)NXT Green レンズは緑色が抑えられている。

【写真5】(左)NXT Green レンズのイメージ。(右)NXT Green レンズは緑色が抑えられている。

NXT とは、アメリカ陸軍の防弾技術から生まれた素材。マグナムの銃弾も貫通しないほどの優れた耐衝撃性を持っているほか、UV(紫外線)も99.99%カットしてくれる。さらに、安価なレンズに見られがちな歪みも少なく、軽くて耐久性も高いという、サングラスのレンズとしては申し分のない特性を持っている。

プラス12,000円で度付きレンズにも対応

JINS Golf(ジンズゴルフ)は、+12,000円で度付きレンズを入れることができる。度付きレンズを入れても19,990円という価格の安さもあわせて、メガネユーザーにとっては、とてもうれしいところだ。

ゴルフをするときにサングラスを掛けたいと思っていても、値段の高さに足踏みしていたひともいるのではないだろうか。

例えば、プロゴルファー宮里藍さんも愛用している、スポーツサングラスの人気ブランド Oakley(オークリー)のサングラス Flak Jacket の希望小売価格は23,100円から。通販でも、10,000円台半ばから20,000円程度となっている。

さらに、純正の度付きレンズは25,000円程度からとなっているので、Oakley(オークリー)のサングラスを度付きにすると40,000円~50,000円程度はかかることになる。

モノが違うので単純な比較はできないものの、人気有名ブランド Oakley(オークリー)の半額以下で手に入れることができると考えれば、JINS Golf(ジンズゴルフ)のコストパフォーマンスは圧倒的だと言えるだろう。

すでにご存じのひともいると思うが、ゴルフ用に限らずスポーツ用のサングラスに度付きレンズを入れることには難しい面がある。顔に沿うようにレンズが大きくカーブしているため、普通のメガネと比べると見え方に違和感が出やすく、度数を決めるのにはそれなりの技術が必要になるのだ。

そこで、JINS(ジンズ)の関係者に取材したところ、JINS Golf(ジンズゴルフ)を度付きでも販売するにあたり、視力検査(検眼)のノウハウを高め、見え方や違和感などをじっくりと説明し、納得したうえで販売するよう、店頭のスタッフに指導しているほか、カーブの深いレンズの見え方をなるべく再現できるようなテスト用フレームも用意してあるという。

とはいえ、JINS Golf(ジンズゴルフ)に度付きレンズを入れることはデリケートな面があるので、オンラインショップでは対応していないほか、取り扱い店舗や度数に制限がある。詳細についてはこちら、もしくは下記のリンクより問い合わせを。

MとLの2サイズ。7月21日(木)より発売

JINS Golf(ジンズゴルフ)は7月21日(木)より、全国の JINS(ジンズ)各店(JINS 仙台プレミアムアウトレット店、JINS あみプレミアムアウトレット店は除く)およびオンラインショップで発売される。

サイズはMとLの2サイズ。サイズによってレンズの形が異なっている。各4色ずつの展開でいずれも価格は7,990円となっている。

レンズはどのモデルも NXT Green を採用。可視光線透過率は29%、紫外線透過率は0.01%以下、つまり紫外線を99.99%カットする仕様となっている。

JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:M SG-11N-9002

【写真6】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:M SG-11N-9002。カラーはピンク(写真)、パープル、ホワイト、ブラックの4色。image by JINS

【写真6】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:M SG-11N-9002。カラーはピンク(写真)、パープル、ホワイト、ブラックの4色。image by JINS

【写真7】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:M SG-11N-9002 カラー:ホワイト。

【写真7】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:M SG-11N-9002 カラー:ホワイト。

JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:L SG-11N-9001

【写真8】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:L SG-11N-9001。カラーはブラック(写真)、レッド、ホワイト、ガンメタの4色。image by JINS

【写真8】JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:L SG-11N-9001。カラーはブラック(写真)、レッド、ホワイト、ガンメタの4色。image by JINS

【写真9】向かって左がサイズ:L SG-11N-9001、右がサイズ:M SG-11N-9002。

【写真9】向かって左がサイズ:L SG-11N-9001、右がサイズ:M SG-11N-9002。

【写真10】JINS Golf(ジンズゴルフ)のパッケージ。

【写真10】JINS Golf(ジンズゴルフ)のパッケージ。

※カラーレンズは2,000円、遠近両用レンズは5,000円~の追加料金がかかる。

プロゴルファー宮本勝昌氏のプロフィール

日本大学1年時の91年、絶対的な強さを誇っていた4年生の丸山茂樹を1打差で下して『日本アマ』を制覇。プロ入り後は同期の片山晋呉、横尾要らに先駆けて98年4月の『つるやオープン』で初優勝。同年の『日本シリーズ』では尾崎将司をプレーオフで下している。翌99年は米ツアーにも参戦した。

01年は『日本ゴルフツアー選手権』で7打差の圧勝。『日本シリーズ』では4打差を逆転して勝ち星を伸ばした。06年以降の5年間、すべての試合に出場している鉄人でもある。連続試合出場は10年終了時点で127試合にまで伸ばしている。また、今季は2年ぶりに選手会長を務めている。ツアー8勝、うち4勝が公式戦。ハートンホテル所属。

公式ブログ

関連リンク

宮本プロは自身のブログでも、JINS Golf(ジンズゴルフ)を紹介。

NXT レンズについて

プロゴルファー宮里藍さんは Oakley(オークリー)のサングラスを愛用

    Oakley(オークリー)純正の度付きレンズの価格を参照したサイト

    関連記事

    JINS(ジンズ)は JINS Golf(ジンズゴルフ)をはじめとする「機能性アイウェアシリーズ」を発表した。

    JINS(ジンズ)は、2010年10月におこなわれた「長期ビジョン発表会」で、「機能性アイウェア」に取り組んでいくことを明らかにしていた。

    JINS(ジンズ)のサングラスブランド spectre JINS(スペクトル ジンズ)でも、NXT レンズが使われている。

    ゴルフ専用サングラスはパリミキからも発売されている。

      スポーツ用メガネは、今や格安メガネ店のトレンドと言えるほど、各社が競いあうように展開している。


        【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


        (本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

        あなたへのおすすめ

        この記事で紹介したショップ・ブランド

        メガネのメルマガ

        毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

        GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

        メールアドレス必須
        お名前 ※ニックネーム可必須
        お住まいの都道府県必須

        powered byメール配信CGI acmailer