眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

眼鏡市場の i-ATHLETE(アイ・アスリート)。「軽さと装着感にこだわったスポーツ専用設計」となっている。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/

超薄型レンズ、超薄型遠近両用レンズを選んでも追加料金0円という安さで人気のメガネ店 眼鏡市場 は、「軽さと装着感にこだわったスポーツ設計」のメガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を数量限定で発売した。

i-ATHLETE(アイ・アスリート)公式サイト(※)によれば、軽くて弾力性の高いベータチタンや汗でも滑りにくいラバーコートなどを採用することで軽くて快適な装着感を実現したほか、フレームのカーブを顔に沿うように深くしたことで、一般的なものよりもより広い視野が得られるようになっている。

今回発売されたのは3型で全9バリエーション。超薄型レンズや超薄型遠近両用レンズを選んでも、レンズ込みで18,900円という眼鏡市場ならではの安さも魅力的だ。

※(2011年3月31日 追記)i-ATHLETE(アイ・アスリート)は好評につき、多くの店舗で完売してしまったため、公式サイトは削除されている。

※(2011年5月9日 追記)大好評を受けて、6月1日(水)より再入荷することが明らかとなった。これを受け、公式サイトも復活している。詳細については以下から。

※(2011年5月9日 追記)匿名希望さまから「汗止めラバーの装着は可能でしょうか。」というご質問あり。眼鏡市場へ電話で問い合わせしたところ、汗止めラバーは装着できないという回答を得た。眼鏡市場の担当者からは「そこまで考えておりませんで、申し訳ございません。」とのコメントも。

【追加情報(2011年11月22日)】

i-ATHLETE(アイ・アスリート)に新作が追加!詳細については以下から。

軽さと快適な装着感の理由

i-ATHLETE(アイ・アスリート)には、スポーツのときにも快適な軽さと装着感が得られるよう、各部に工夫が施されている。

テンプル(つる)を固定する部分には、ホールド感と強度を兼ねそなえたベータチタン製のスプリング(写真1・左)を採用。頭を包み込むような快適な装着感に貢献している。

鼻あて(写真1・右)にはエストラマーと呼ばれる軟質プラスチックを使用。クッション性が高いほか、金属を使っていないので汗によるサビなどの心配がないのもポイントだ。

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

【写真1】(左)ホールド感を強度を兼ねそなえたベータチタン製のスプリング。(右)エストラマー製の鼻あては優れたクッション性に加えて、さびないのがポイント。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/index.html

また、2重成型によって作られたテンプル(つる)にはラバーコートがかかっているので、汗をかいても滑りにくい(写真2・左)。さらに、モダンと呼ばれるテンプル(つる)の先端部にはディンプル加工によりいくつものくぼみがあることで、グリップ力が高められている(写真2・右)。

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

【写真2】(左)2重成型されたテンプル(つる)には汗でも滑りにくいラバーコートつき。(右)モダンにはディンプル加工を施し、グリップ力を高めている。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/index.html

そのほか、テンプル(つる)は耳の後ろに曲げ込まないストレートタイプになっているので、ヘルメットをかぶったときにも邪魔になりにくいのもうれしいポイントだ。

デザインは3タイプ。視野が広いのも魅力。

i-ATHLETE(アイ・アスリート)は「スクエアタイプ(写真3)」、「スタイリッシュナイロールタイプ(写真4)」、「スクエアナイロールタイプ(写真5)」の3タイプ。いずれも、レンズを固定するフロント部分のカーブを顔に沿うように深くしたことで、一般的なフレームよりも左右の視界が広くなっている。

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート) IA-401(スクエアタイプ)。カラー:BKM(写真)、BLU、BR。価格:18,900円(レンズ込み)。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/index.html

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート) IA-402(スタイリッシュナイロールタイプ)。カラー:W(写真)、BK、GR。価格:18,900円(レンズ込み)。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/index.html

眼鏡市場がスポーツ用メガネ i-ATHLETE(アイ・アスリート)を発売

眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート) IA-403(スクエアナイロールタイプ)。カラー:NVM(写真)、WI、DGR。価格:18,900円(レンズ込み)。

[出典]http://www.meganeichiba.jp/brand/i_athlete/index.html

掛け心地は上々。価格もうれしい。

筆者が実際に i-ATHLETE(アイ・アスリート)を掛けてみたところ、掛け心地は上々。「軽さと装着感にこだわったスポーツ設計」ということばにふさわしい仕上がりを実感した。

スポーツのときにもズレにくくて快適なメガネがほしいというひとは潜在的にかなりいると思われるが、メガネ店に足を運んでもスポーツ用のメガネはなかなか見つからないというのが実情。

そんななか、眼鏡市場のようなメガネ店でスポーツ用メガネがお値頃価格で手に入るのは、スポーツの好きなひとにとってはうれしいところだ。

JINS(ジンズ)からもスポーツ用メガネが発売?

超薄型レンズを選んでも追加料金0円(※)という安さと、看板商品 Air frame(エア・フレーム)が人気のメガネ店 JINS(ジンズ)は、スポーツ愛好者に大きな潜在市場があると考えており、2011年春以降、スポーツ用のメガネを発売することを示唆している。

これからは、メガネユーザーが気軽にスポーツ用のメガネを買えるような時代になっていくことを期待したい。

※カラーレンズは2,000円、遠近両用レンズは5,000円~の追加料金がかかる。

関連記事~i-ATHLETE(アイ・アスリート)

関連記事

JINS(ジンズ)がメガネ市場規模を現在の4,000億円から1兆円にしたいと宣言

ゴルフ愛好者が1,033万人、ランニング愛好者が2,550万人、サイクリング愛好者が990万人など、のべ1億8,663万人のスポーツ愛好者にUVケアの潜在需要があると、JINS(ジンズ)は見込んでいる。

ゴルフ愛好者が1,033万人、ランニング愛好者が2,550万人、サイクリング愛好者が990万人など、スポーツ愛好者のべ1億8,663万人、インターネット利用者9,091万人に潜在市場を見込む。

ゴルフ愛好者が1,033万人、ランニング愛好者が2,550万人、サイクリング愛好者が990万人など、スポーツ愛好者のべ1億8,663万人、インターネット利用者9,091万人に潜在市場を見込む。

KAMURO(カムロ) 2010秋冬の新作メガネ~IOFT 2010

日本のメガネブランド KAMURO(カムロ)のフレーム RUBBER 05(ラバー 05、参考小売価格:36,750円)は、テンプル(つる)に滑りにくい特殊なプラスチック素材「ラバロン」を使用。頭を包み込むようなデザインと相まって、掛け心地は抜群。ポップなカラーリングもかわいい。

KAMURO(カムロ)のメガネフレーム RUBBER 05(ラバー 05)。

KAMURO(カムロ) 2010AW 新作 RUBBER 05(ラバー 05)。参考小売価格:36,750円。

滑りにくい素材でできた頭を包み込むようなテンプル(つる)は掛け心地抜群。ポップなカラーリングもかわいい。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer