メガネスーパーを運営するビジョナリーホールディングスがマルコリン日本総代理店のVISIONIZE(ヴィジョナイズ)を買収- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネスーパーを運営するビジョナリーホールディングスがマルコリン日本総代理店のVISIONIZE(ヴィジョナイズ)を買収

メガネスーパーを運営するビジョナリーホールディングスがマルコリン日本総代理店のVISIONIZE(ヴィジョナイズ)を買収

VISIONIZE(ヴィジョナイズ)の直営店「EYESTYLE GINZA」

メガネスーパーを運営するビジョナリーホールディングスは7月10日(火)、世界トップブランドのアイウェアを手がけるイタリアのマルコリン社の日本総代理店である VISIONIZE(ヴィジョナイズ)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

ビジョナリーホールディングスは、2014年6月に「アイケアカンパニー宣言」を掲げて以降、アイケアに注力した商品・サービスを展開。「アイケア」重視のサービス型店舗モデルへの転換を、同業他社に活用する「目の健康プラットフォーム」を積極的に進めるなど、事業規模の拡大と事業領域の拡張を続けている。

「ビジョナリーホールディングス」(スクリーンショット)

ビジョナリーホールディングス」(スクリーンショット)

VISIONIZE(ヴィジョナイズ)は、2011年1月の設立以降、TOM FORD(トム フォード)や CELINE(セリーヌ)、BALENCIAGA(バレンシアガ)など世界のトップブランドのアイウェアを手がけるイタリアのマルコリン社の日本総代理店として、メガネなどの小売市場で安定した顧客基盤を築いている。

加えて、アイウェアを販売する直営店 EYESTYLE(アイスタイル)を都内に4店舗、名古屋に1店舗展開し、店舗開発や商品開発にも強みを持っている。

EYESTYLE GINZA

EYESTYLE GINZA

ビジョナリーホールディングスは、今回の株式取得により、「目の健康プラットフォーム」と VISIONIZE(ヴィジョナイズ)の顧客基盤との連携、アイケアサービス、ブランド商品の調達などの相互供給や、高付加価値型店舗の共同開発・出店を進め、持続的な企業価値の向上を目指していくとしている。

関連記事・関連リンク

【ビジョナリーホールディングス】

【VISIONIZE(ヴィジョナイズ)】

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer