東日本大震災から4年、もしものときのためにメガネやコンタクトレンズを備えよう- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

東日本大震災から4年、もしものときのためにメガネやコンタクトレンズを備えよう

東日本大震災の発生から4年。メガネやコンタクトレンズを使っているみなさん、もしものときのために備えていますか?

災害が発生したら、自分の視力は自分で守るしかありません。

身の安全を確保するために、まずはメガネを枕元に置いておくこと。そして、予備のメガネやコンタクトレンズを用意しておきましょう。

自分の視力を自分で守ろう

自分の視力は自分で守ること。それが、メガネやコンタクトレンズが手放せないひとにとって、とても大切なことです。

メガネやコンタクトレンズは救援物資としての優先順位が低く、しかも救援物資が届くのには時間がかかります

もしものときに身の安全を確保するために、メガネやコンタクトレンズを備えておき、自分の視力を自分で守りましょう。

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターが策定した「減災グッズ チェックリスト(PDFファイル)」 「予備メガネ・コンタクトレンズ」は、「個別に検討する項目」として掲載されている。

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターが策定した「減災グッズ チェックリスト(PDFファイル)
「予備メガネ・コンタクトレンズ」は、「個別に検討する項目」として掲載されている。

メガネを枕元に置いておこう

災害時に、自分の視力を自分で守るには、まずはメガネを枕元に置いておきましょう。

メガネが壊れにくいよう、ハードタイプのケースに入れておくのがオススメです。

予備のメガネ・コンタクトを用意しよう

もしものときに、メガネが壊れてしまっても困らないよう、非常持ち出し袋または防災セットの中に、予備のメガネを用意しておきましょう。

また、東日本大震災のときには、多くの帰宅難民(帰宅困難者)が発生しました。それを受け、東京都では職場からの帰宅を抑制する条例を施行しています。

仕事中に災害が発生したときに困らないよう、職場にも予備のメガネを置いておきましょう。

予備のメガネには、普段使っていないもののほか、自分で簡単に度数が調節できる「アドレンズ スペアペア」もオススメ。

近視・遠視・老眼に対応しているので、自分だけでなく、ほかのひとにも使ってもらえます。

東日本大震災の際には、配送部門が被災したコンタクトレンズメーカーもありました。また、交通状況や停電などの影響もあり、コンタクトレンズの出荷・供給が滞っていました。

コンタクトレンズを使っているひとは、コンタクトレンズやケア用品を十分にストックして、もしものときに備えておきましょう。

関連記事

もしものときの防災・減災のために~メガネユーザーができる6つの備え

「もしもの時」に自分で度数調節できるメガネ「アドレンズ スペアペア」

自分で度数を調節できる”緊急メガネ”「アドレンズ エマージェンシー」が全国600のメガネ店に配備

東日本大震災 メガネ関連ニュースまとめ

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer