Zoff(ゾフ)から釣り用偏光サングラス Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)発売- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

Zoff(ゾフ)から釣り用偏光サングラス Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)発売

Zoff(ゾフ)から釣り用偏光サングラス Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)発売

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)image by インターメスティック

パソコン用メガネ Zoff PC も話題のメガネブランド Zoff(ゾフ)は、全国に1,000万人とも言われる釣り愛好者をターゲットとしたフィッシング用偏光グラス Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)を5月26日(土)より発売する。

Zoff(ゾフ)によると、Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は、度付きのクリアレンズの前面に付属の偏光フィルターを取り付ける独自の「ダブルリム構造」を採用。

偏光フィルターは3色セットになっており、天候やシーンに合わせて交換可能。また、サングラス機能を必要としないときには、偏光フィルターを取り外すことで、普通のメガネとしても使用できる。

独自の「ダブルリム構造」で度付き対応できる偏光グラス

(写真1)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は独自の「ダブルリム構造」をはじめ、多彩の機能をもっている。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真1)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は独自の「ダブルリム構造」をはじめ、多彩の機能をもっている。
image by インターメスティック 【クリックして拡大】

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は、独自の「ダブルリム構造」を採用。度付きのクリアレンズの全面に付属の偏光フィルターを取り付けることで、度付き対応の偏光グラスとして使うことができるのが特徴だ(写真1)。

また、度数が必要ではないひとは、1本で3色を使い分けることができる偏光サングラスとして使うことができる。

フレームの素材には、「軽量メガネ」の定番素材のひとつで、軽さと柔軟性の高さが魅力の TR-90 を使用。Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は横からの光が入りにくいようテンプル(つる)がかなり太く作られているが、TR-90 のおかげで見た目よりも軽やかな掛け心地に仕上がっている。

また、テンプル(つる)先端部にはすべりにくく、-40℃~+40℃の温度差でも硬度が変わらないシリコンゴム製のカバーがついている。気温や天候に左右されやすい釣りという場面でも、安心して使うことができそうだ。

さらに、鼻あてとテンプル(つる)先端部には金属製の芯が入っているので、それぞれ調整が可能。鼻や耳のかたちにあわせてフィットさせることができる。

偏光フィルターは3色セット、シーンに合わせて交換可能

(写真2)偏光フィルターの仕組み。image by インターメスティック

(写真2)偏光フィルターの仕組み。image by インターメスティック

偏光フィルターは水平面の反射光をカットすることで、水面の乱反射やチラツキを抑えることができるので、釣り人にとってはまさに必須とも言えるアイテム。釣り人の中には、日照条件や狙う魚などによって、いくつかの偏光サングラスを使い分けているひともいるという。

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)には、次の3色の偏光フィルターが付属しているおり、シーンに合わせて使い分けることができる。

(写真3)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)には3枚の偏光フィルターがセット。image by インターメスティック 【クリックして拡大】 (上)朝夕など薄暗いシーンでも見やすい「偏光イエロー」。(中)輪郭がくっきりと見える「偏光ブラウン」。(下)色ぶれのない「偏光グレー」。

(写真3)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)には3枚の偏光フィルターがセットされている。
(上)朝夕など薄暗いシーンでも見やすい「偏光イエロー」。(中)輪郭がくっきりと見える「偏光ブラウン」。
(下)色ぶれのない「偏光グレー」。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

朝夕など薄暗いシーンでも見やすい「偏光イエローフィルター」

(写真4)「偏光イエローフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は30%。image by  インターメスティック

(写真4)「偏光イエローフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は30%。image by インターメスティック

「偏光イエローフィルター」(写真4)は、朝夕など薄暗いシーンでも明るく見えるのが特徴。

輪郭がくっきりと見える「偏光ブラウンフィルター」

(写真5)「偏光ブラウンフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は15%。image by  インターメスティック

(写真5)「偏光ブラウンフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は15%。image by インターメスティック

「偏光ブラウンフィルター」(写真5)は、視界のコントラストを高めて、輪郭がシャープにくっきり見えるのが特徴。

色ぶれのない「偏光グレーフィルター」

(写真6)「偏光グレーフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は15%。image by  インターメスティック(写真5)「偏光グレーフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は15%。image by  インターメスティック

(写真6)「偏光グレーフィルター」のスペックと見え方。可視光線透過率(※)は15%。image by インターメスティック

「偏光グレーフィルター」(写真6)は3色の中でも、視界の色の変化が最も少ないのが特徴。自然な視界を得ながら、ギラつく水面の反射をカットしてくれる。

(写真7)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)についている偏光フィルターは自分で交換することができる。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真7)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)についている偏光フィルターは自分で交換することができる。
image by インターメスティック 【クリックして拡大】

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は、3色の偏光フィルターは自分で交換することができるので、いくつものサングラスを持ち歩くことなく、さまざまなシーンに対応できるのがうれしいところだ。

偏光フィルターの素材には、歪みのないトリアセテートを使用。さらに、機構にも工夫を施したことで、偏光度99%という高い数値となっているほか、紫外線も99.9%カットする。

なお、度付きのクリアレンズは取り外すことができないのでご注意を。

※可視光線透過率とは、レンズの外側の可視光線(人の目に見える光)を100としたときに、レンズの内側にどのくらい可視光線が通るかを示す割合のこと。数値が高いほど視界は明るくなり、数値が小さいほど視界は暗くなり、まぶしさが抑えられる。

デザインは2タイプ、ケースには3つの偏光フィルターも収納可能

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)には、「スクエア・モデル」(写真8~10)と「オーバル・モデル」(写真11)の2つがラインアップ。好みや機能に合わせて選ぶことができる。

デザインは、自らがプロデュースする金属彫刻や空間デザインを手がける“表現家”で、現在はアイウェアのデザインを中心に活動している大浦イッセイ氏が担当している。

スクエア・モデル

(写真8)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。 (下段左から)カラー:Black(ブラック)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。カラー:Gunmetal×White(ガンメタル×ホワイト)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真8)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。
(下段左から)カラー:Black(ブラック)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。カラー:Gunmetal×White(ガンメタル×ホワイト)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

スクエア・モデルはスッキリとした掛けやすいシェイプが特徴。釣りはもちろん、街中でも使いやすいデザインに仕上がっている。

カラーラインナップはBlack(ブラック)、Black×Red(ブラック×レッド)、Gunmetal×White(ガンメタル×ホワイト)の3色。

(写真9)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真9)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。
カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真10)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真10)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。
カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

オーバル・モデル

(写真11)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「オーバル・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。(下段左から)カラー:Black(ブラック)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。カラー:Silver×White(シルバー×ホワイト)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真11)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「オーバル・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。(下段左から)カラー:Black(ブラック)。カラー:Black×Red(ブラック×レッド)。カラー:Silver×White(シルバー×ホワイト)。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

オーバル・モデルは、スクエア・モデルに比べてレンズが大きく、あらゆる方向からの光を防ぐことができるプロフェッショナル・スタイル。

カラーラインナップは、Black(ブラック)、Black×Red(ブラック×レッド)、Silver×White(シルバー×ホワイト)の3色。

ケースには3つの偏光フィルターも収納可能

(写真12)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)についてくる専用ケースには、3つの偏光フィルターも収納可能。image by インターメスティック 【クリックして拡大】

(写真12)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)についてくる専用ケースには、3つの偏光フィルターも収納可能。
image by インターメスティック 【クリックして拡大】

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)についてくる専用ケースには、付属する3つの偏光フィルターも収納できるポケットがついている(写真12)。

これまで釣りに行く際にいくつも偏光サングラスを持っていっていたひとも、Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)ならこれひとつで済むことになりそうだ。

度付きレンズ付きで15,750円とリーズナブル

(写真13)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。image by インターメスティック

(写真13)Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)「スクエア・モデル」。価格:15,750円(度付き・標準レンズ込み)。image by インターメスティック

Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は、アウトレットを除く全国の Zoff(ゾフ)各店および  Zoff(ゾフ)オンラインストア iconで5月26日(土)より発売される。

度付きレンズと3つの偏光フィルターがセットになって15,750円というリーズナブルな価格も大きな魅力だ。

また、一般に偏光レンズはオーダーが入ってから作る特注レンズになっているため、出来上がりまでに日にちがかかるのだが、Zoff FISHING(ゾフ・フィッシング)は、店舗に在庫のレンズがあれば、会計後最短30分で手に入れることができるのもうれしい。

度付きレンズの対応度数は、近視-8.0Dまで、乱視-2.0Dまでとなっているので、多くのひとが使うことができるだろう。

さらに、オプション料金を払えば、薄型非球面レンズや遠近両用レンズも選ぶことができる。

お詫びと訂正

記事初掲時、「度付きレンズの対応度数」について誤りがございましたので、2012年5月21日(月) 20:59 に訂正いたしました。

  • 【正】「度付きレンズの対応度数は、近視-8.0Dまで、乱視-2.0Dまで」
  • 【誤】「度付きレンズの対応度数は、近視-10.0Dまで、乱視-10.0Dまで」

ごらんいただいたみなさまに大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

関連記事

メガネチェーン最大手のパリミキ・メガネの三城からも釣り用レンズが発売中。

Zoff(ゾフ)では、機能性の高いメガネにも力を入れている。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer