Zoff(ゾフ)がキッザニア東京に「メガネショップ」パビリオンを10月25日に出展- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

Zoff(ゾフ)がキッザニア東京に「メガネショップ」パビリオンを10月25日に出展

Zoff(ゾフ)がキッザニア東京に「メガネショップ」パビリオンを10月25日に出展

キッザニア東京「メガネショップ」パビリオンのイメージ。image by インターメスティック

PC(パソコン)用メガネ Zoff PC も人気のメガネショップ Zoff(ゾフ)は、こども向け職業・社会体験施設「キッザニア東京」のオフィシャルスポンサーとして、メガネをテーマにした「メガネショップ」パビリオンを10月25日(木)に出展する。

Zoff(ゾフ)によると、 「メガネショップ」パビリオンは、こどもたちがメガネショップの店員となり、メガネの魅力を伝える仕事をするというもの。

それを通じて、目を守るアイテムとしてのメガネを知ってもらい、生活の中でメガネを着用することに楽しさと親しみを感じてもらうのが狙いとなっている。

具体的には、似合うメガネの選び方を学び、ファッションとしてのメガネを提案することができるほか、お客さまにメガネを提供するために「レンズの加工」「メガネの組み立て」の技術も体験し、一人前の「メガネショップの店員」を目指していく。

また、「メガネショップ」パビリオンで職業体験したこどもたちは、約3,000通りの組み合わせの中から、自分だけのオリジナルカラーのサングラスを作り、持ち帰ることができる。

Zoff(ゾフ)のキッザニア東京での取り組みを、筆者としては高く評価したい。

「メガネショップ」パビリオンを通じて、メガネの魅力を知り、メガネに親しみを持つこどもたちがひとりでも多く増えることを期待している。

キッザニア東京「メガネショップ」パビリオン概要

(写真1)キッザニア東京「メガネショップ」パビリオンのイメージ。image by インターメスティック

(写真1)キッザニア東京「メガネショップ」パビリオンのイメージ。image by インターメスティック

パビリオン名

メガネショップ

スポンサー

株式会社インターメスティック

役割/職業名

メガネショップの店員

体験可能人数

4名/1回

体験時間

約30分/1回

体験内容

「メガネショップの店員」として、メガネが目を守る役割があることを知り、お客様がもっと気軽にメガネをかけてもらえるような接客ができるように、顔に合うメガネがどんなものなのか、メガネの試着などをしながらメガネを理解します。

お客様にメガネを提供するために「レンズの加工」「メガネの組み立て」の技術も体験し、一人前の「メガネショップの店員」を目指します。

成果物

「メガネ(サングラス)」+「グラスホルダー」

給料

5キッゾ

キッザニアとは

キッザニア東京のロゴとキャラクターイメージ(インターメスティック資料より)

キッザニア東京のロゴとキャラクターイメージ(インターメスティック資料より)

キッザニアとは、メキシコのKZM社(本社:メキシコ・シティ、CEO:ハビエル・ロペス)によって開発された、こども向けの職業体験施設。 3歳から15歳までのこども達を主な対象とした、さまざまな職業を通じて社会のしくみを体験することができる「こどもが主役の街」となっている。

現実社会のほぼ2/3サイズで造られた60以上の実在する企業が出展するパビリオンが、リアルな街並みを形成しており、その中で90種類以上の職業・社会体験をすることができる。

日本ではキッザニア東京(東京・豊洲)とキッザニア甲子園(兵庫県・甲子園)の2カ所があるほか、メキシコ、インドネシア、韓国、ポルトガルなど、世界で展開されている。

Zoff(ゾフ)の「こどもの目を守る」取り組み

Zoff(ゾフ)では、「こどもの目を守る」というコンセプトの商品を企画・開発することにも取り組んでいる。

Zoff PC(ゾフ・ピーシー)

Zoff PCのイメージカット。image by インターメスティック

Zoff PCのイメージカット。image by インターメスティック

Zoff(ゾフ)では、パソコン用メガネ Zoff PC の着用を、こどもの目を守るために推奨している。

Zoff PC とは、パソコンやスマートフォンなどの LED 液晶画面から多く発せられ、まぶしさやチラつき、目の疲れなどの原因になるとされるブルーライト(青色光)をカットするというもの。

現代のこどもの生活と密接に関係しているパソコンやゲーム。その画面から発せられるブルーライト(青色光)による目への負担を知ってもらい、こどものころから自分の目を守る習慣を身につけてほしいという思いから、キッザニア東京でも指導していく方針だという。

▼関連記事

Zoff SMART(ゾフ スマート) Kids サイズ

Zoff SMART Kids サイズ のイメージショット。image by インターメスティック

Zoff SMART Kids サイズ のイメージショット。image by インターメスティック

Zoff(ゾフ)では、航空機器部品などに使われる最先端の特殊プラスチックULTEM(ウルテム)をフレームの素材に使った「軽さ」と「タフさ」で人気のメガネ Zoff SMART(ゾフ スマート)の Kids サイズ(こども用)を展開している。

「軽くてタフ」なことは、こども用メガネにはまさにうってつけ。さらに、使用中に万が一壊れてしまった場合にも、購入してから1年間、無償で新品と交換するという「無償交換サービス」があるのもうれしいところだ。

▼関連記事

Zoff Tough Lens(ゾフ・タフレンズ)

Zoff Tough Lens(ゾフ・タフレンズ)は、素材に再衝撃性に強いポリカーボネートを使用。メガネレンズの強度の基準として広く用いられているアメリカのF.D.A.(※)が定める基準値のおよそ11倍の強度テストをクリアしており、動きの激しいこどものメガネレンズとしてはふさわしいと言えよう。

※F.D.A.とは、Food and Drug Administration の略で、アメリカ厚生教育省に属する食品医薬品局のこと。連邦食品医薬品化粧品法に基づいて、食品・食品添加物・医薬品・衣料品器具・化粧品・洗剤などの品質・安全性・有効性を管理している。

▼関連記事

お詫びと訂正

記事初掲時、下記の箇所に誤りがございました。

みなさまには大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

【正】また、「メガネショップ」パビリオンで職業体験したこどもたちは、約3,000通りの組み合わせの中から、自分だけのオリジナルカラーのサングラスを作り、持ち帰ることができる。

【誤】また、「メガネショップ」パビリオンで職業体験したこどもたちは、約11,000通りの組み合わせの中から、自分だけのオリジナルカラーのサングラスを作り、持ち帰ることができる。

オープン後のレポート

本田望結ちゃんも体験~キッザニア東京に Zoff(ゾフ)「メガネショップ」パビリオンがオープン

選んだフレームでポーズを決める本田望結ちゃん。image by GLAFAS

選んだフレームでポーズを決める本田望結ちゃん。
image by GLAFAS


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer