「疲れメガネ」にならないレンズ~メガネスーパーの MEKARA(メカラ)- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

「疲れメガネ」にならないレンズ~メガネスーパーの MEKARA(メカラ)

「疲れメガネ」にならないレンズ~メガネスーパーの MEKARA(メカラ)

「MEKARA|メガネスーパー」(スクリーンショット)

大手メガネチェーンのメガネスーパーから、遠くや近く、上下・左右まで全ての視野が楽に見えるメガネレンズ MEKARA(メカラ)が5月31日(金)より発売される。

MEKARA(メカラ)は、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの普及により、近くを見つめる時間が長くなり、目への負担が大きくなってきた、現代人のライフスタイルを考慮したメガネレンズ。

さらに、メガネスーパー独自の「トータルアイ検査」をおこなうことで、視力はもちろん、年齢やライフスタイルを考慮した、最適なメガネを提供するとしている。

近くを見るときに目をサポート、視線を動かしても快適

MEKARA(メカラ)は、レンズ下方に設けられた近くを見る度数ゾーンで、目のピント合わせをサポート。それにより、遠くについても、近くの見え方を考慮することなく、最適など度数を設定できる。image by メガネスーパー【クリックして拡大】

MEKARA(メカラ)は、レンズ下方に設けられた近くを見る度数ゾーンで、目のピント合わせをサポート。
それにより、遠くについても、近くの見え方を考慮することなく、最適など度数を設定できる。
image by メガネスーパー【クリックして拡大】

MEKARA(メカラ)には、近くを見るときの目をサポートするための度数ゾーンが、レンズの下方向に設けられているのが大きな特徴だ。

近くのものを見るときの視線は、一般的にレンズの下方向を通ることを考慮したもので、長時間近くを見て作業した際にも、目への負担が軽減する効果が期待できる。

また、近くを見る際の目への負担を考慮することなく度数を設定できるので、遠くについても最適な度数を設定することができるのもポイント。さらに、遠くから手元まで視線が移動しても自然な見え方を実現したという。

近視のひとのなかには、度数がしっかり入った遠くがよく見える「外出用メガネ」と、度数が弱めで近くが楽に見える「室内用メガネ」を使い分けているひともいる。

言い換えれば、MEKARA(メカラ)は「外出用メガネ」と「室内用メガネ」がひとつになったようなもの。それにより、ひとつのメガネで遠くも近くも快適に見えるというわけだ。

MEKARA(メカラ)は上下左右に視線が動いても快適に見えるよう設計されている。image by メガネスーパー【クリックして拡大】

MEKARA(メカラ)は上下左右に視線が動いても快適に見えるよう設計されている。
image by メガネスーパー【クリックして拡大】

さらに MEKARA(メカラ)は、近くを見るときに加えて、上下左右に視線が動いたときのことを考慮した設計を採用。左右別に設計されたレンズにより、レンズの中心から視線が左右上下に動いたときにも、常に快適に見えるようになっているという。

「眼体力」「眼年齢」「眼環境」をしっかり検査

メガネスーパーでは「眼体力」「眼年齢」「眼環境」を検査する「トータルアイ検査」を実施。目に負担をかけない、最適なメガネ作りを目指す。

メガネスーパーでは「眼体力」「眼年齢」「眼環境」を検査する「トータルアイ検査」を実施。
目に負担をかけない、最適なメガネ作りを目指す。

(出典)http://www.meganesuper.co.jp/mekara/

メガネスーパーでは、使うひとひとりひとりにあったメガネを提供すべく、独自に考案した「トータルアイ検査」を実施。以下の3項目の検査を通して、トータルバランスをチェックし、目に負担を掛けない最適なメガネ作りを目指していく。

「トータルアイ検査」と MEKARA(メカラ)が組み合わさることで、「疲れメガネ」にならない、ライフスタイルに合ったメガネを手に入れることが大いに期待できる。

MEKARA(メカラ)が気になるひとは、目やメガネについて気になることをあらかじめチェックして、「トータルアイ検査」を受けながら、じっくりと相談することをオススメしたい。

眼体力検査

裸眼視力、最良視力、メガネ・コンタクト視力、近距離視力といった見え方の状況、つまり「眼の体力」を確認する。

眼年齢検査

年齢とともに衰えていく調節力(ピントを合わせる力)を確認する。

眼環境検査

使用環境や使用目的、使用時間などを考慮し、トータルバランスでどのようなメガネがよいかを確認する。

疲れ目を感じているひとや「老眼かも」と思っているひとにオススメ

「MEKARA|メガネスーパー」(スクリーンショット)

「MEKARA|メガネスーパー」(スクリーンショット)

MEKARA(メカラ)がオススメなのは、近くを見て作業することが多く、疲れ目を感じているひとや、「そろそろ老眼かも」と感じているひと。

筆者が同様のレンズを使った経験からしても、これまでのメガネと同じように掛けるだけで、目が疲れにくくなる効果が期待できるだろう。

さらに、パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使っているひとには、ブルーライト(※)をカットする PCレンズ仕様(+2,100円)もオススメだ。

また、メガネスーパーに電話取材したところ、すでに遠近両用レンズを使っているひとには、MEKARA(メカラ)よりも遠近両用レンズが適しているという。

※可視光線(目に見える光)の中でも、380~500nm(ナノメートル)の波長の光のこと。ブルーライトは、エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、まぶしさやチラつきなどの原因になるとされており、パソコンやスマートフォンなどが生活に欠かせなくなった今、注目を集めている。

MEKARA(メカラ)について

発売日:2013年5月31日(金)

価格: 17,850円(フレーム付き価格 / 消費税込)~

※選んだフレームによって金額は異なる。

※レンズのみ購入の場合は、15,750円。

※+2,100円でPC仕様(ブルー光カットコート付)にすることも可能。

関連記事・リンク

ほかの大手メガネチェーンからも同様のレンズが発売中

同様のレンズは大手メガネレンズメーカーからも発売中

パソコンやスマートフォンの普及はメガネ選びにも影響

メガネスーパーの検査や技術は?

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer