JINS(ジンズ)がアメリカに出店、5年で100店舗を目指し、ネット通販も展開- GLAFAS(グラファス)

JINS(ジンズ)がアメリカに出店、5年で100店舗を目指し、ネット通販も展開

JINS(ジンズ)がアメリカに出店、5年で100店舗を目指し、ネット通販も展開

JINS(ジンズ)原宿店。

メガネブランド JINS(ジンズ)を展開するジェイアイエヌは、アメリカに進出することを10月16日(水)に発表した。

ジェイアイエヌは、アメリカでメガネ販売などを手掛ける子会社を11月に設立。

資本金は1,000万ドル(約9億8,000万円)で、2014年秋をめどに、サンフランシスコに1号店をオープン。

また同時に、Eコマース(ネット通販)によるアメリカ国内でのメガネ販売もスタートする。

価格は日本と同程度、5年間で100店舗を目指す

日本経済新聞電子版の記事によると、アメリカでのメガネ販売価格は、1本50~100ドル(約4,900円~9,800円)で日本と同程度に設定。5年間で100店舗の出店を目指すという。

また、日本でも店舗限定で導入している「レンズ加工のオートメーションシステム」を全店舗に導入。注文後、最短10分でメガネを渡せるようにするという。

JINS AUTOMATIC LENS LAB.(ジンズオートマティックレンズラボ)のイメージ。 image by ジェイアイエヌ

JINS AUTOMATIC LENS LAB.(ジンズオートマティックレンズラボ)のイメージ。
image by ジェイアイエヌ

「レンズ加工のオートメーションシステム」導入店舗

海外事業を国内と同規模に育てる

JINS(ジンズ)は、2010年に中国に初進出。現在では、18店舗にまで拡大している。

日本経済新聞電子版の記事によると、JINS(ジンズ)は2014年中にも中国での店舗数を2~3倍に増やし、今後は海外事業を国内と同規模にまで育てたいとしている。

JINS(ジンズ)の中国版ホームページ。 (スクリーンショット)

JINS(ジンズ)の中国版ホームページ。
(スクリーンショット)

JINS(ジンズ)は2010年より中国に出店

Zoff(ゾフ)や OWNDAYS(オンデーズ)もアジアに進出


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 4185
Copyright
© 2003 - 2023 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache