メガネ店 Zoff(ゾフ)が中国に3つめの店舗をオープン- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネ店 Zoff(ゾフ)が中国に3つめの店舗をオープン

メガネ店 Zoff(ゾフ)が中国に3つめの店舗をオープン

店舗イメージ

[出典]http://www.zoff.co.jp/shop/100/

メガネショップ Zoff(ゾフ)は、中国・上海のメトロシティに新店舗 Zoff美罗城店 をオープンした。

すでにオープンしている上海伊勢丹店遠東国際広場店を含めて、Zoff(ゾフ)は上海に3つの店舗を構えることとなった。

価格やサービスは日本と同じ

Zoff(ゾフ)は商品の企画・製造・販売まで自社で一括して行うSPA方式により、トレンドを踏まえたメガネを安く提供しているのが特徴。価格は全てレンズ込みで5,250円、7,350円、9,450円のスリープライスとなっている。毎月2回新製品を導入することでファッション性も追求している。また、レンズの在庫があれば最短30分でメガネを受け取ることができる。

Zoff(ゾフ)は中国でも日本と同じ価格とサービスを提供しており、中国の店舗ではレンズ込みで380元(約4,820円)、580元(約7,357円)、780元(約9,894円)で販売している。毎月2回新製品を出すことも、最短30分でメガネが出来上がるのも日本と同じだ。

中国のメガネ事情とZoff(ゾフ)の狙い

Zoff(ゾフ)の上海現地法人「佐芙(上海)商貿有限公司」の大畑総経理の上海伊勢丹に出店したときのインタビューによると、中国のメガネ市場は二極化していて、レンズ込みの価格が1,000元(約12,685円)以上する高級品と、100元~200元(約1,269円~2,538円)の低価格品のふたつに大別されているという。

Zoff(ゾフ)の価格は高級品と低価格品のちょうど中間となっており、一般消費者を広く取り組みことを目指している。さらに今後は、上海のほか蘇州、南京、杭州なども含め、今後5年間で50店舗の開店を目指しているという。

メガネ店 Zoff(ゾフ)が中国に3つめの店舗をオープン

Zoff(ゾフ)が出店した上海メトロシティの公式サイト(スクリーンショット)。

[出典]http://www.shmetrocity.com/

関連記事~中国に出店するメガネ店


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

id : 1151
Copyright
© 2003 - 2021 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
bypass_cache 146.2 KB