メガネヘッドラインニュース~2022年6月第2週- GLAFAS(グラファス)

メガネヘッドラインニュース~2022年6月第2週

メガネヘッドラインニュース~2022年6月第2週

Andreas LischkaによるPixabayからの画像

メガネ・サングラスに関するちょっと気になる情報や小ネタをお届けする「メガネヘッドラインニュース」。本日は次の4つのニュースに加えて、過去の今日のニュースもご紹介。

▼「野球をするときにサングラスを掛けるべき理由」

▼「メタルフレームは再メッキ・再塗装でカラーを変えられる」

▼「世界で初めてオール純チタンフレームを発売したマルマン」

▼「眼鏡市場 紫外線対策の小冊子を無料配布」

▼「過去の今日のニュース」


野球をするときにサングラスを掛けるべき理由

"負のイメージ"で普及しない少年野球でのサングラス着用 病気や怪我のリスク軽減も | Full-Count

体を守る効果があると訴えても“負のイメージ”が根強く、少年野球や中学・高校野球では、なかなか定着しない。米国製の高性能スポーツサングラスの販売代理店は練習や試合でのサングラス着用を推奨しているが、ハードルの高さを感じている。日米で活躍した川崎宗則さんも「健康にいいので、早い段階からつけるべき」と呼びかけるサングラスには、目の病気や怪我のリスクを軽減する効果があるという。

まぶしさを防ぐだけではない 曇りの日や打席でも効果が期待できるスポーツサングラス | Full-Count

プロ野球では一般的になっているスポーツサングラスは目の病気や怪我の予防だけではなく、パフォーマンスを向上させる効果も挙げられている。日差しが強い時のフライ捕球でのメリットはイメージできるが、曇りの日や打席でもボールが見えやすくなるという。

関連記事

スポーツ時のケガから子どもの目を守るためには、スポーツメガネが効果的

アメリカにあるジョンズホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートの小児眼科医の Michael X. Repka 氏によると、保護効果のあるスポーツメガネを常に掛けていることで、目のケガの9割を防ぐことができるという。

スポーツサングラスの選び方と掛け方のコツ・ポイントを Oakley(オークリー)が公開

ランニングやテニス、野球など、激しい動きのスポーツでは、サングラスがズレてプレーの妨げにならないよう、フィット感を重視してサングラスを選ぶのがコツ。

大谷翔平がOakley(オークリー)と契約、シグネチャーサングラス3種類が発売

カリフォルニアのOakley(オークリー)本社にて、30本以上を試着した中から、大谷選手自身が最終的に選んだ。


メタルフレームは再メッキ・再塗装でカラーを変えられる

【リペア情報】フレームカラーを変える | メガネ工房AZ ブログ

元のカラーに塗装する事も出来ますがフレームカラーをオリジナルで変える事も出来ます

【リペア情報】フレームカラーを変える | メガネ工房AZ ブログ


世界で初めてオール純チタンフレームを発売したマルマン

世界初チタンフレーム製造 マルマン | めがね堂のブログ

質実剛健のマルマンのアイテムはロー離れや錆に対しての3年保証という業界でも珍しいギャランティが付いています

関連リンク

マルマンオプティカル - メガネフレームの製造・販売及び輸出入

1982年、世界で初めて発売されたオール純チタンフレーム。

発売以来30余年にわたり、常に最先端技術を注ぎ込んで作られ、ネジ一本にまでこだわったオリジナル部品の数々が快適なかけ心地をお約束。

チタンであることで、軽くて丈夫な上に、錆びず、ニッケルアレルギーの方にも安心してお勧めできる。最高の品質を維持するために、部品加工、組み立て、表面処理などすべての工程を日本国内で行う。


眼鏡市場 紫外線対策の小冊子を無料配布

「健康な目のために知っておきたい紫外線対策」目に関する情報冊子第二弾!|株式会社メガネトップのプレスリリース

メガネ、コンタクトレンズ、補聴器の販売、その他関連商品の販売を行う「眼鏡市場」1,011店舗を全国展開する株式会社メガネトップ(所在地:静岡県静岡市、代表取締役社長:冨澤昌宏)は、一人ひとりに最適なメガネを提案するアイケアの一環として、目に関する正しい情報をお客様へお届けする事を目的とし、眼科医(アイリスター麻布クリニック院長 西之原美樹)監修のもと、分かり易い表現で子どもから大人まで親しめる本を数多く出版する「小学館ライフスタイル・ブランドスタジオ」と共同で、全5回に分けて情報冊子を製作しています。

第二弾となる今回は、紫外線が強くなるシーズンに合わせ『健康な目のために知っておきたい紫外線対策』を、2022年6月9日より全国の「眼鏡市場」店舗にて希望者へ無料配布します。

「健康な目のために知っておきたい紫外線対策」目に関する情報冊子第二弾!|株式会社メガネトップのプレスリリース

関連記事

眼科医が教える「紫外線が目におよぼす影響」と「目の紫外線対策」

目に対する紫外線の影響は気にしているが、実際に対策をとっている人は少ないこと、紫外線が目におよぼす影響について理解している人は少ないことが明らかになった。

眼に紫外線をたくさん浴びると眼の老化を招く可能性が明らかに

金沢医科大学が2014年に紫外線の強いタンザニアで調査を実施した結果、子どもの頃から眼に大量の紫外線を浴びると、眼の老化を招く可能性があることが分かった。

眼の紫外線対策は季節や時間帯を問わず必要なことが明らかに

天気予報の紫外線注意報などに使用される「UVインデックス」が低い季節や時間帯でも、「眼」が浴びる紫外線量「眼部UVインデックス」は高めに推移するのだという。

“眼の日焼け”からシミ・そばかすが増加?ダテメガネで紫外線対策

眼に対する紫外線は、結膜が充血する紫外線角膜炎などの疾患を引き起こすほか、シミ・そばかすの原因となるメラニンを増加させるといわれているのだ。


過去の今日のニュース

「JINS×イガリシノブ」メガネ×メイクでもっとなりたい自分になれる”イガリのメーキャップメガネ”

「JINS×イガリシノブ」は、「もっとかわいくなりたい」という願いをかなえる「メガネ倶楽部」と、「忙しくてメイクに時間をかけられない」という悩みに応える「メガネ愛好課」の2つのシリーズで展開。メイク理論により細部まで計算されたデザインで、メイクだけでは解決できない女性の悩みを解消するアイウェアに仕上げたという。

JINS×イガリシノブ

JINS×イガリシノブ

HOYA(ホヤ)からハイカーブ対応メガネレンズ発売~スポーツサングラスやインポートメガネに最適

いずれも、スポーツタイプのメガネ・サングラスやインポートフレームなど、カーブが深いフレームに対応。フレーム本来のシルエットを保ちながら、快適な視界を得ることができる。

NULUX RF SPORTS(ニュールックス アールエフ スポーツ)

NULUX RF SPORTS(ニュールックス アールエフ スポーツ)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 7596
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database