東芝、業務用メガネ型ウェアラブル端末Wearvue(ウェアビュー)TG-1を発売- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

東芝、業務用メガネ型ウェアラブル端末Wearvue(ウェアビュー)TG-1を発売

東芝、業務用メガネ型ウェアラブル端末Wearvue(ウェアビュー)TG-1を発売

東芝 Wearvue(ウェアビュー)TG-1

東芝は1月13日(水)に、業務用メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(ウェアビュー)TG-1」を発売すると発表した。

Wearvue(ウェアビュー)TG-1は、メガネのレンズに映像を反射させ、目から1.25m先に情報を表示するシースルー方式を採用し、視界を遮らないのが特長。

Windows端末と組み合わせて、工場や倉庫で作業手順を確認したり、観劇やスポーツ観戦などで字幕や解説を表示するなどの使い方が想定されている。

重さは50g(※)。掛け心地にもこだわって、メガネとして自然なデザインを目指したという。

価格は1台当たり200,000円(税別)。Amazonなどで予約販売受付を開始しており、2月29日(月)以降順次出荷される予定。

Amazon.co.jp: Wearvue TG-1: 家電・カメラ

※ケーブルの重さを除く。


【追記:2016年2月22日】開発・発売中止を発表

東芝、業務用メガネ型ウェアラブル端末Wearvue(ウェアビュー)TG-1の開発・発売中止


1月13日(水)より東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で公開された東芝 Wearvue(ウェアビュー)TG-1。

1月13日(水)より東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で公開された東芝 Wearvue(ウェアビュー)TG-1。

Wearvue(ウェアビュー)TG-1は、側面後方に配置された投影部からメガネのレンズに映像を反射させる「光学シースルー型バーチャルイメージ方式」を採用。広い視野を確保し、作業のジャマにならないよう設計されている。 image by 東芝

Wearvue(ウェアビュー)TG-1は、側面後方に配置された投影部からメガネのレンズに映像を反射させる「光学シースルー型バーチャルイメージ方式」を採用。広い視野を確保し、作業のジャマにならないよう設計されている。
image by 東芝

顔のカタチや左右の眼の距離に合わせて映像を映す角度を調節できる「PA機構(パーソナルアジャスター)」を採用。 image by 東芝

顔のカタチや左右の眼の距離に合わせて映像を映す角度を調節できる「PA機構(パーソナルアジャスター)」を採用。
image by 東芝

右テンプル(つる)に画像投影部、輝度調整ボタン、PA機構(パーソナルアジャスター)など搭載。ケーブルの先にはUSBコネクタとHDMI Microコネクタを備える。

右テンプル(つる)に画像投影部、輝度調整ボタン、PA機構(パーソナルアジャスター)など搭載。ケーブルの先にはUSBコネクタとHDMI Microコネクタを備える。

メガネ・サングラスメーカー山本光学の協力を受け、重量バランスなどを考慮し掛け心地にこだわった設計を採用。接客など人と対面するシーンでも違和感のない、メガネとして自然なデザインを目指したという。

メガネ・サングラスメーカー山本光学の協力を受け、重量バランスなどを考慮し掛け心地にこだわった設計を採用。接客など人と対面するシーンでも違和感のない、メガネとして自然なデザインを目指したという。

遠く離れた現場へのサポートや、倉庫での作業手順やチェックリストの表示、字幕や解説を表示し観劇やスポーツ観戦を盛り上げるなどの使い方が想定されている。 image by 東芝

遠く離れた現場へのサポートや、倉庫での作業手順やチェックリストの表示、字幕や解説を表示し観劇やスポーツ観戦を盛り上げるなどの使い方が想定されている。
image by 東芝

関連記事

メガネスーパー、ウェアラブル端末b.g.(ビージー)のプロトタイプをウェアラブルEXPOで展示

メガネ型ウェアラブル端末関連ニュースまとめ

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer