2020年6月の大手メガネチェーン売上高は回復傾向、JINS(ジンズ)は前年比二ケタ増- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

2020年6月の大手メガネチェーン売上高は回復傾向、JINS(ジンズ)は前年比二ケタ増

2020年6月の大手メガネチェーン売上高は回復傾向、JINS(ジンズ)は前年比二ケタ増

image by GLAFAS

大手メガネチェーンが7月7日(火)までに発表した、2020年6月の売上高(速報値)は、新型コロナウイルスの影響を受け、対前年比で大幅に減少した5月に比べ、回復傾向にある。

5月25日(月)に緊急事態宣言が解除され、営業を自粛していた店舗のほとんどが営業を再開したことなどが、売上回復の要因と思われる。中でも、JINS(ジンズ)を展開するジンズホールディングスの売上高は、対前年比二ケタ増を記録した。

愛眼

愛眼の売上高は、既存店ベースで前年比6.2%減、全店ベースで前年比6.3%減となった。5月の対前年比(既存店ベースで53.3%減、全店ベースで53.7%減)に対して、大きく回復している。これらの数値は、メガネ小売り部門のみのもので、卸部門と写真館部門は含んでいない。

ジンズホールディングス

JINS(ジンズ)を展開するジンズホールディングスの売上高は、既存店ベースで前年比11.8%増、全店ベースで前年比18.3%増となった。5月の対前年比(既存店ベースで51.1%減、全店ベースで47.5%減)は大幅に減少したのに対し、6月は対前年比二ケタ増にまで回復した。ジンズホールディングスは、売上増加の理由として次の2点を挙げている。

■新型コロナウイルスの影響で、テレワークやオンライン授業などによるパソコンやスマートフォンの利用が増えたことで、ブルーライトカットレンズへの需要が高まり、オンラインショップや一部店舗で実施している、ブルーライトカットレンズの追加料金無料キャンペーンが好評で売上をけん引。

■6月18日(木)に発売した、ヘアメイクアップアーティストのイガリシノブ氏とのコラボ商品「JINS×イガリシノブ」が、10代から30代の女性に好評。

三城ホールディングス

パリミキやメガネの三城などを運営する三城ホールディングスの売上高は、既存店ベースで3.2%減、全店ベースで4.4%減となった。5月の対前年比(既存店ベースで47.1%減、全店ベースで48.5%減)に対して、大きく回復した。これらの数値は、(株)三城および(株)金鳳堂の国内小売り売上高の合計値で算出されている。

ビジョナリーホールディングス

メガネスーパーなどを展開するビジョナリーホールディングスの売上高は、既存店ベースで前年比0.5%減、全店ベースで前年比3.5%減となった。EC部門は前年比5.2%増となっている。

ビジョナリーホールディングスの5月における対前年比は、既存店ベースで17.7%減、全店ベースで22.0%減、EC部門で7.4%増と、他社に比べて落ち込み幅が少なく、6月の対前年比は、あと一歩でプラスというところまで回復している。

関連記事

2020年5月の大手メガネチェーン売上高が大幅減少、新型コロナ緊急事態宣言の解除を受けて前月より下げ幅やや縮小

2020年4月の大手メガネチェーン売上高が大幅減少、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が影響

2020年3月の大手メガネチェーン売上高が減少、新型コロナウイルスによる客足減少が影響


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド