メガネスーパーがビットコイン決済を全店舗に導入- GLAFAS(グラファス)

メガネスーパーがビットコイン決済を全店舗に導入

メガネスーパーがビットコイン決済を全店舗に導入

image by リクルートライフスタイル

メガネスーパーは7月3日(月)、インターネット上でやり取りされる仮想通貨「ビットコイン」による決済を導入すると発表した。リクルートライフスタイルのスマートフォン・タブレットアプリ「モバイル決済 for Airレジ」を利用し、7月10日(月)より全334店舗にてビットコインによる支払いができるようになる。

ビットコインは両替手数料が不要で、支払い手続きも簡単に済み、持込制限も受けないことから、訪日外国人観光客にとって利便性が高いと言われている。

メガネスーパーは銀聯カードやAlipay、LINE Payをすでに導入し、中国人をはじめとするアジア系観光客の利便性を高めて実績を伸ばしているが、ビットコイン決済の導入により、特に欧米人の利用が増えることを見込んでいる。

免税対応店舗の拡大、パスポートリーダーの導入による免税手続きの効率化、コンタクトレンズのまとめ買いをはじめとした海外発送、スマートフォンと専門通訳スタッフを活用した社内通訳サポートといったサービスに加え、日本製商品に対する信頼感や独自のアイケアサービスへの支持もあり、メガネスーパーの外国人観光客によるインバウンド実績は堅調に推移しているという。

店舗が所有する「モバイル決済 for Airレジ」に決済金額を入力し、3つの決済方法の中から「ビットコイン」を選択。表示されたQRコードを顧客が自分のスマートフォンで読み取ると決済が完了する。

店舗が所有する「モバイル決済 for Airレジ」に決済金額を入力し、3つの決済方法の中から「ビットコイン」を選択。表示されたQRコードを顧客が自分のスマートフォンで読み取ると決済が完了する。

関連記事

眼鏡市場・ALOOK(アルク)に「みえる通訳」導入、インバウンド売上の向上が目的

メガネスーパーが持ち株会社を設立、同業他社との提携やウェアラブル端末を強化し事業拡大へ

メガネスーパーが富山のメガネハウスを子会社化、「目の健康プラットフォーム」を通じてアイケアを推進


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer

id : 6063
Copyright
© 2003 - 2021 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache 814.47 KB