眼鏡市場の新しいパソコン用メガネレンズ「PCプレミアム」- GLAFAS(グラファス)

眼鏡市場の新しいパソコン用メガネレンズ「PCプレミアム」

眼鏡市場の新しいパソコン用メガネレンズ「PCプレミアム」

「PCレンズ【PCプレミアム】/パソコン(PC)用メガネ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)」(スクリーンショット)

超薄型レンズや超薄型遠近両用レンズを選んでも追加料金0円(※)という安さで人気のメガネ店 眼鏡市場は、新しい PC(パソコン)用メガネレンズ「PCプレミアム」を2月1日(金)より発売している。

PCプレミアム」は、パソコンなどの液晶画面から多く発せられるブルーライトを、独自のコーティングと「ブルーライト吸収剤」でカット。

2011年10月に発売した「デジタルガード」に比べ、レンズ表面のギラつきが抑えられ、よりクリアな視界が期待できるという。

価格は通常料金+2,100円で、これまで同様リーズナブルなのがうれしい。

※カラーレンズや高機能レンズには+2,100円の追加料金がかかる。

ブルーライトを「コーティング」と「吸収剤」でカット

(写真1)「PCプレミアム」は、新開発のブルーライト吸収剤と独自の多層膜コートの組み合わせにより、ブルーライトを軽減。また、ブルーライトはボヤケの原因にもなっていることから、物が見やすくなる効果も期待できる。

(写真1)「PCプレミアム」は、新開発のブルーライト吸収剤と独自の多層膜コートの組み合わせにより、ブルーライトを軽減。また、ブルーライトはボヤケの原因にもなっていることから、物が見やすくなる効果も期待できる。

(出典)PCレンズ【PCプレミアム】/パソコン(PC)用メガネ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)

PCプレミアム」は、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から多く発せられ、まぶしさやチラつき、目の疲れなどの原因になるとされるブルーライト(青色光)を、独自のコーティングと「ブルーライト吸収剤」によりカットする PC(パソコン)用メガネレンズ。

2011年10月に発売された同様のレンズ「デジタルガード」と比べると、どのような違いがあるのだろうか?

パソコン画面の光から目を守る「デジタルガードレンズ」を眼鏡市場が発売

(写真2)眼鏡市場の「PCプレミアム」は、「まぶしいと感じやすい450nm付近のブルーライトを集中的にカット」。まぶしさやチラつきが抑えられ、通常のメガネレンズに比べて、コントラストの高いハッキリとした視界が得られるという。

(写真2)眼鏡市場の「PCプレミアム」は、「まぶしいと感じやすい450nm付近のブルーライトを集中的にカット」。
まぶしさやチラつきが抑えられ、通常のメガネレンズに比べて、コントラストの高いハッキリとした視界が得られるという。

(出典)PCレンズ【PCプレミアム】/パソコン(PC)用メガネ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)

眼鏡市場の公式サイトに掲載されている「透過率イメージ図」(写真2)を見ると、コーティングのみでブルーライトをカットする「デジタルガード」に比べて、「PCプレミアム」はブルーライトのカット率が劣っているように見える。

しかし、「PCプレミアム」は、「ブルーライト吸収剤」と「低反射コーティング」を組み合わせることで、「デジタルガード」の問題点であったギラついた反射光が抑えられるので、よりクリアな視界が期待できそうだ。

(写真3)眼鏡市場の「PCプレミアム」は、「低反射コート」により「デジタルガード」に比べてギラつきを大幅に軽減。照明がレンズの裏側に反射するのが抑えられるほか、外見もよくなる。

(写真3)眼鏡市場の「PCプレミアム」は、「低反射コート」により「デジタルガード」に比べてギラつきを大幅に軽減。
照明がレンズの裏側に反射するのが抑えられるほか、外見もよくなる。

(出典)PCレンズ【PCプレミアム】/パソコン(PC)用メガネ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)

PCプレミアム」は、「ブルーライト吸収剤」をレンズに染色していることから、肌色に近いカラーになっている。

とはいえ、カラーのみでブルーライトをカットする他社のレンズに比べれば、カラーをあまり気にせずに使うことができそうだ。

キズや汚れ、ホコリや花粉もつきにくい

(写真4)眼鏡市場の「PCプレミアム」には、「防汚コート」も標準装備。「キズがつきにくい」「汚れがつきにくく拭き取りやすい」「花粉やホコリがつきにくい」のがうれしい。

(写真4)眼鏡市場の「PCプレミアム」には、「防汚コート」も標準装備。
「キズがつきにくい」「汚れがつきにくく拭き取りやすい」「花粉やホコリがつきにくい」のがうれしい。

(出典)PCレンズ【PCプレミアム】/パソコン(PC)用メガネ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)

PCプレミアム」は、ブルーライトをカットするだけでなく、「防汚コート」もついているのもポイント。

新開発の「超硬質スーパーハードコート」などにより、従来のレンズに比べてキズがつきにくいほか、水や油をよくはじくため、汚れがつきにくく拭き取りやすいのは、メガネユーザーにとってはうれしいところだ。

さらに、「静電気防止機能」により、レンズを拭いたときに発生する静電気が抑えられるので、ホコリや花粉がつきにくいのもありがたい。

関連記事

眼鏡市場では、「忙しい30-40代のための疲れにくいレンズ」も発売中。

◇ブルーライトをカットするレンズなど、PC(パソコン)メガネ関連記事まとめ。

◇PC(パソコン)メガネの選び方。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 3705
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database