JINS(ジンズ)がニューヨーク初進出、MoMAに期間限定出店- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

JINS(ジンズ)がニューヨーク初進出、MoMAに期間限定出店

JINS(ジンズ)がニューヨーク初進出、MoMAに期間限定出店

image by JINS

メガネブランド JINS(ジンズ)は5月23日(木)、アメリカ・ニューヨークの「MoMA Design Store, Soho」に8月4日(日)までの期間限定で出店した。

MoMA Design Store, Soho は、アメリカ・ニューヨーク近代美術館(MoMA)がSoho地区で運営する公式ストアで、MoMAのキュレーターが厳選したプロダクトや雑貨、インテリアなどデザイン性に優れたアイテムを展開している。

JINS at MoMA Design Store, Soho

JINS at MoMA Design Store, Soho

この期間限定店舗では、「メガネを本質からデザインする」をコンセプトに、世界的なデザイナーとの協業で生まれた「JINS Design Project(ジンズ デザインプロジェクト)」のアイテムを展開。すでに発売中の第1弾~第3弾に加え、インダストリアルデザイナー Alberto Meda(アルベルト・メダ)と協業したメガネを世界に先駆けて発売する(※1)。

JINS Design Project(ジンズ デザインプロジェクト)は海外のデザイン賞でノミネートや受賞を果たすなど、手に届きやすい価格帯で優れたデザイン提供に尽くしていることが MoMA に支持され、今回の出店が決まったという。

JINS × Alberto Meda

JINS × Alberto Meda

店内には、メガネの「似合い度」をAI(人工知能)が自動判定する「ブレインミラー」が設置されている。ブレインミラーは日本では2019年1月より導入され好評を得ているが、アメリカには初進出となる。AIが「似合い度」を判定するという先進的な購買体験が、アメリカでどのように受け入れられるかにも注目だ。

JINS at MoMA Design Store, Soho に設置されている「ブレインミラー」

JINS at MoMA Design Store, Soho に設置されている「ブレインミラー」

JINS(ジンズ)は2015年4月にアメリカに進出し、西海岸で5店舗を展開しているが、ニューヨークには初出店となる。世界中の人々が集まるトレンド発信地のニューヨークに出店することで、より多くの高感度な顧客への認知度を高めたいとしている。

※1:Alberto Meda(アルベルト・メダ)と協業したメガネは、2019年7月4日(木)より日本国内で発売予定。詳細は下記「JINS × Alberto Meda について」を参照。

JINS at MoMA Design Store, Soho 店舗データ

JINS at MoMA Design Store, Soho 内観

JINS at MoMA Design Store, Soho 内観

【住所】81 Spring Street, NY, NY 10012

【出店期間】2019年5月23日(木)~2019年8月4日(日)

【営業時間】MoMA Design Store, Soho に準ずる

【取扱い商品】「JINS × Jasper Morrison」メガネ4型16種類、「JINS × Konstantin Grcic」メガネ8型32種類、「JINS × Michelle De Lucchi」メガネ4型16種類、「JINS × Alberto Meda」メガネ4型16種類

【価格】80ドル~200ドル(度付きレンズ代込み)

JINS at MoMA Design Store, Soho 外観

JINS at MoMA Design Store, Soho 外観

JINS × Alberto Meda

JINS × Alberto Meda

JINS × Alberto Meda について

Alberto Meda(アルベルト・メダ)

Alberto Meda(アルベルト・メダ)
※Meda UNO(ウノ)を着用。
©Nacasa & Partners

Alberto Meda(アルベルト・メダ)は、機械工学を学んだ後、素材や構造、最新テクノロジーに関する知識を生かして、数多くの優れたプロダクトを手がけてきた。彼自身がデザインする上で常に重視しているテーマ「Almost Organic(ほぼ有機的であること)」を掲げて、「関係性からもたらされる美しさ」をメガネで探究したのが「JINS × Alberto Meda」だ。

JINS(ジンズ)との協業にあたり、メガネのフォルムからデザインを考えはじめるのではなく、メガネの構成要素であるフロントとテンプルという異なるパーツの関係性に着目。両者をつなぐヒンジ(丁番)のアイデアを作ることからスタートした。両者が有機的につながりあって機能を発揮しながら、見た目はシンプルで軽やかなものを目指してデザインされたという。

JINS × Alberto Meda

JINS × Alberto Meda

全4型のうち、「Meda UNO(ウノ)」と「Meda DUE(ドゥエ)」には流麗なフォルムを生み出すアルミニウムを、「Meda TRE(トレ)」と「Meda QUATTRO(クアトロ)」には軽くてしなやかなチタンを使用。それぞれの金属素材と金属でない異素材をどのように組み合わせるかという、デザインの可能性を探究している。カラーリングも金属の光沢が生きるものになるようリサーチを重ね、軽やかさとエレガントさを感じるラインナップに仕上げた。

「機能とともにあるさまざまな関係性にこそ、プロダクトの本質的な美が宿る」という考えが体現されており、見た目も掛け心地も軽やかで快適なメガネに仕上がったという。

価格はアメリカ国内では20ドル、日本国内では18,000円で、いずれも度付きレンズ代込み。5月23日(木)よりアメリカで先行発売され、日本国内では7月4日(木)より発売される。日本国内では JINS(ジンズ)の74店舗限定(※)および JINS オンラインショップ にて発売される。

※取扱い店舗は7月4日(木)以降、特設サイト(https://designproject.jins.com/jp/ja/)にて公開される。

JINS × Alberto Meda Meda UNO(ウノ)

JINS × Alberto Meda
Meda UNO(ウノ)
カラー:ダークネイビー、ボルドー、ガンメタル、マットブラック
価格:20ドル(アメリカ国内)、18,000円(日本国内) ※度付きレンズ代込み
フロントにはアルミニウム、テンプルには肌当たりを考慮して軽量樹脂素材 TR-90 を使用。異素材のコンビネーションでありながらも、限りなく一体感のあるデザインが魅力。サイドのスリットもアクセント。

JINS × Alberto Meda Meda DUE(ドゥエ)

JINS × Alberto Meda
Meda DUE(ドゥエ)
カラー:ダークグリーン、ダークネイビー、グレー、マットブラック
価格:20ドル(アメリカ国内)、18,000円(日本国内) ※度付きレンズ代込み
フロントにはアルミニウム、テンプルには肌当たりを考慮して軽量樹脂素材 TR-90 を使用。異素材のコンビネーションでありながらも、限りなく一体感のあるデザインが魅力。サイドのスリットもアクセント。

JINS × Alberto Meda Meda TRE(トレ)

JINS × Alberto Meda
Meda TRE(トレ)
カラー:ブルー、コッパー、シルバー、マットブラック
価格:20ドル(アメリカ国内)、18,000円(日本国内) ※度付きレンズ代込み
フレームにシート状の薄いベータチタンを使用し、しなやかで軽い掛け心地に。ヒンジには耐摩耗性に優れたプラスチックパーツで、ネジのない構造なのでゆるむことなく、カチッとクリック感のある開閉が可能。機能が生み出す美しさを感じられるデザイン。

JINS × Alberto Meda Meda QUATTRO(クアトロ)

JINS × Alberto Meda
Meda QUATTRO(クアトロ)
カラー:ライトブルー、ブロンズ、シルバー、マットブラック
価格:20ドル(アメリカ国内)、18,000円(日本国内) ※度付きレンズ代込み
フレームにシート状の薄いベータチタンを使用し、しなやかで軽い掛け心地に。ヒンジには耐摩耗性に優れたプラスチックパーツで、ネジのない構造なのでゆるむことなく、カチッとクリック感のある開閉が可能。機能が生み出す美しさを感じられるデザイン。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer