メガネ業界で唯一 JINS(ジンズ)がプラスチックリサイクルの社会実験 PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトに参画- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネ業界で唯一 JINS(ジンズ)がプラスチックリサイクルの社会実験 PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトに参画

メガネ業界で唯一 JINS(ジンズ)がプラスチックリサイクルの社会実験 PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトに参画

超薄型レンズを選んでも追加料金0円(※)という安さと、軽くて掛け心地のいい Air frame(エア・フレーム)が人気のメガネブランド JINS(ジンズ)は、プラスチック製品を100%リサイクルする仕組みを構築するための「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」に、メガネ業界から唯一参画する。

すでに2011年6月よりリサイクル活動を開始している JINS(ジンズ)だが、PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトに参画することにより、メガネ・サングラスのリサイクルの仕組みを構築する取り組みを本格的に始動する。

プラスチックを回収・リサイクルするプロジェクト

(写真1)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトでは、商品、消費者、リサイクルをつなげる仕組み作りを目指す。

(写真1)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトでは、商品、消費者、リサイクルをつなげる仕組み作りを目指す。

(出典)http://plaplus-project.jp/concept.html

PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトとは、簡潔に言うと「プラスチックを回収・リサイクルするプロジェクト」で、環境省が支援する実証事業としておこなわれる。このプロジェクトでは、消費者が不要になった商品を参画する企業の店頭または回収ボックスに持ち込み、各企業で回収、分別工場で製品の状態や素材に合わせて分別、リサイクルするという仕組みを構築していく(写真1・2)。

(写真2)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトでのリサイクルの流れ。image by 日本環境設計

(写真2)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトでのリサイクルの流れ。image by 日本環境設計

参画する企業は JINS(ジンズ)のほか、オフィス用品通販のアスクル(askul)、コーヒーチェーン店のスターバックス コーヒー ジャパン、玩具のタカラトミー、有機野菜などの宅配サービスを手がける らでぃっしゅぼーや無印良品を展開する良品計画という、各業界を代表する6社となっている(写真2)。

どんなメガネ・サングラスでも回収、他社のものでもOK

(写真3)JINS(ジンズ)各店にある回収ボックスに不要になったメガネ・サングラスを入れればOK。image by JINS

(写真3)JINS(ジンズ)各店にある回収ボックスに不要になったメガネ・サングラスを入れればOK。image by JINS

JINS(ジンズ)では、3月3日(土)より「PLA-PLUS プロジェクト メガネリサイクルBOX」やポスターを全店舗に設置。不要になったメガネ・サングラスを回収する。

回収の対象となるのは、JINS(ジンズ)以外のものを含むメガネ・サングラス。セル(プラスチック)とメタルといったフレームの素材や、レンズの種類も一切問わない。さらに、飾りや金具もついたままでかまわないほか、どんなに壊れたものでも回収するというのはうれしいところだ。

また、リサイクルにメガネ・サングラスを提供し、アンケートに答えたひとはオリジナルグッズがもらえるというので、気軽にスタッフに声をかけてみよう。

なお、一度回収されたメガネ・サングラスを戻すことはできないというので、ご注意を。

(写真4)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトのポスター。

(写真4)PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトのポスター。

環境省が支援する実証事業としての回収実験は3月11日(日)までとなっているが、JINS(ジンズ)は PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトを3月12日(月)以降も継続し、全店舗でメガネ・サングラスの回収とリサイクルをおこなう。

関連リンク

PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト 公式サイト

PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクトに参画する企業と各企業の取り組み

環境省、関係各社のプレスリリース

関連記事

メガネ・サングラスのリサイクル

メガネのリユース

不定期ではあるが、使わなくなったメガネを回収し、開発途上国などに寄付するメガネ店もある。その際、「下取りセール」というかたちで割引になることも多い。

Zoff(ゾフ)では過去に「下取りセール」を開催している。

また、Zoff(ゾフ)の旗艦店である Zoff Park Harajuku(ゾフ・パーク原宿)では、割引はないものの、メガネの寄付活動を常時実施している。

回収したメガネは、世界でいちばん大きな社会奉仕団体 ライオンズクラブを通じて、掃除や修理が施されたあと、メガネを必要としている開発途上国の人々へ送られる。また、不要なメガネを持ち込んだひとには、オリジナルノベルティがプレゼントされる。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer