SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表- GLAFAS(グラファス)

SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表

SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表

「メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」」
(スクリーンショット)

コンタクトレンズの製造販売をおこなう SEED(シード)は10月1日(金)、2022年3月末日をもって眼鏡事業から撤退すると発表した。

シードは眼鏡事業から撤退する理由として、国内メガネ市場の縮小やユーザーのニーズの変化などにより、メガネ事業を取り巻く環境が年々悪化していることを挙げた。

そうした厳しい環境の中、営業の効率化や費用の圧縮などにより収益改善を目指してきたが、将来的にも収益の確保や業績の改善が困難であると判断し、眼鏡事業からの撤退を決めたという。

「メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」」 (スクリーンショット)

メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」
(スクリーンショット)

シードは1993年に眼鏡事業を開始。現在、Vivid Moon(ビビッド ムーン)plusmix(プラスミックス)をはじめとする11ブランドを展開している(下記「SEED(シード)のメガネブランド一覧」参照)。

Vivid Moon(ビビッド ムーン)のイメージキャラクターは女優の北川景子さんが、plusmix(プラスミックス)のイメージキャラクターは俳優の松岡広大さんが、それぞれ務めている。

SEED(シード)のメガネブランド一覧

関連記事

Vivid Moon(ビビッド ムーン)

plusmix(プラスミックス)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer