SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表- GLAFAS(グラファス)

SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表

SEED(シード)が眼鏡事業からの撤退を発表

「メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」」
(スクリーンショット)

コンタクトレンズの製造販売をおこなう SEED(シード)は10月1日(金)、2022年3月末日をもって眼鏡事業から撤退すると発表した。

シードは眼鏡事業から撤退する理由として、国内メガネ市場の縮小やユーザーのニーズの変化などにより、メガネ事業を取り巻く環境が年々悪化していることを挙げた。

そうした厳しい環境の中、営業の効率化や費用の圧縮などにより収益改善を目指してきたが、将来的にも収益の確保や業績の改善が困難であると判断し、眼鏡事業からの撤退を決めたという。

「メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」」 (スクリーンショット)

メガネ | コンタクトレンズのシード「SEED」
(スクリーンショット)

シードは1993年に眼鏡事業を開始。現在、Vivid Moon(ビビッド ムーン)plusmix(プラスミックス)をはじめとする11ブランドを展開している(下記「SEED(シード)のメガネブランド一覧」参照)。

Vivid Moon(ビビッド ムーン)のイメージキャラクターは女優の北川景子さんが、plusmix(プラスミックス)のイメージキャラクターは俳優の松岡広大さんが、それぞれ務めている。

SEED(シード)のメガネブランド一覧

関連記事

Vivid Moon(ビビッド ムーン)

plusmix(プラスミックス)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 7324
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache