メガネユーザーの実像:所有数、用途、利用シーン、購入場所は?- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネユーザーの実像:所有数、用途、利用シーン、購入場所は?

マイボイスコムは10月1日(月)、「眼鏡の使用」に関する調査結果(※1)を発表した。

その結果によると、メガネの所有者は8割強で、所有数は「1~2個」がおよそ5割。用途・使用シーンは「常にかけている」が所有者の4割強、「細かいものを見る時、手元を見る時」「運転をする時」「コンタクトレンズをしていない時」が2割前後となっている。

メガネを最もよく購入する場所は、「均一プライスの眼鏡専門店」と「眼鏡専門店」が各4割強で、過去の調査に比べて「均一プライスの眼鏡専門店」は増加、「眼鏡専門店」は減少傾向にある。

メガネの所有数は「1~2個」が約5割

メガネの所有者は8割強で、所有数は「1~2個」が約5割を占めている。老眼になる人が多いからか、50代以上は所有者、所有数ともに比率が高くなっている。

眼鏡の所有数

「眼鏡の所有数」
最新(第3回)の調査結果は、「1個」が24.4%、「2個」が26.0%、「3個」が17.0%、「4個」が5.9%、「5個以上」が9.7%、「持っていない」が17.0%。

メガネの所有者に手持ちのメガネにある機能・性能を聞いたところ、「キズや汚れがつきにくい」「手元用・老眼用」「紫外線カット」「ブルーライトカット」が各2割強という回答を得た(※2)。

「手元用・老眼用」は男性の60代・70代、女性の50代以上で3~4割となっており、「ブルーライトカット」「紫外線カット」「手元用・老眼用」の比率は、メガネを4個以上持っている人で高くなっている。

メガネの用途・利用シーンは?

メガネ所有者に用途・利用シーンについて聞いたところ、「常にかけている」が42.2%、「細かいものを見る時、手元を見る時」「車の運転をする時」「コンタクトレンズをしていない時」が2割前後という回答を得た。男性の5割強は「常にかけている」と回答している。

眼鏡の用途・利用シーン

「眼鏡の用途・利用シーン」
「常にかけている」42.2%、「細かいものを見る時、手元を見る時」24.1%、車の運転をする時」18.5%、「コンタクトレンズをしていない時」15.3%、「遠くのものを見る時」13.3%、「仕事・学校に行く時」9.3%、「紫外線を防ぎたい時」6.1%、「休みの日」4.4%、「花粉症対策」3.2%、「スポーツをする時」3.0%

メガネを最もよく購入する場所は?

メガネを最もよく購入する場所は、「均一プライスの眼鏡専門店」と「眼鏡専門店」がそれぞれ4割強となった。過去の調査に比べて、「均一プライスの眼鏡専門店」と答えた人は増加、「眼鏡専門店」と答えた人は減少している。高年代層では、「眼鏡専門店」の比率が高い傾向にあるという。

眼鏡の最頻購入場所

「眼鏡の最頻購入場所」
「均一プライスの眼鏡専門店」41.7%、「眼鏡専門店」40.8%、「眼鏡のセレクトショップ・デザイナーズ」3.3%、「オンラインショップ」2.5%、「デパート・百貨店」2.1%、「ディスカウントストア」1.7%、「雑貨店やファッション小物ショップ」1.3%、「その他」4.7%

メガネ選びで重視する点は?

メガネを購入する店舗で重視する点は、「価格が安い」が57.0%で最も多く、「品揃え」が4割弱、「品質」「好みのデザインやブランドの商品がある」「セット料金、オプション料金などの価格のわかりやすさ」「アクセスのよさ」が2~3割で続く。「好みのデザインやブランドの商品がある」は女性で、「店員の技術・知識」は高年代層で高い比率を示した。

メガネを選ぶ時に重視する点をたずねたところ、「価格」「フレームの色・デザイン」が所有者の各7割、「かけごこち」「重さ」が4~5割となった。「フレームの色・デザイン」「かけごこち」は女性が男性を10ポイント以上上回ったほか、「レンズの材質」「重さ」「かけごこち」は女性の高年代層で比率が高くなった。

メガネに関する不満点は?

「眼鏡に関する不満点」について自由回答を求めたところ、次のような声が寄せられた(全4,172件)。

「視力の悪化が不安だが、メガネによってそれが解消できるのか知りたい。」(男性22歳)

「耳の高さが若干違うようでその調整を頼んだらそれはできないと言われたことがある。」(男性31歳)

「専門性の高く、接客の対応が優れているような店員のいる良い眼鏡屋さんが少ない。」(男性45歳)

「調整に定期的にきてくださいと言われても、それだけのためにいきづらい。」(男性57歳)

「長年使ってきたメガネを修理に出したとき、パーツがないので修理ができないと言われたとき残念だった。」(女性24歳)

「眼鏡をかけたまま横になってしまうと、眼鏡が傷んでしまうので、横になってDVDなどを見たくても、見れないのが残念です。でも、見た目も重視したいので、柔らかい素材のものを選ぶのも悩んでしまいます。」(女性34歳)

「鼻パットのあたりが、化粧崩れするので、コンタクトよりも目にはいいと思うが、家でしか使用しない。マスクをすると、曇ってしまうのも困る。」(女性48歳)

「度が強いので、特注になり、セット価格などの利用ができない。」(女性51歳)

※1:調査対象:「Myvoice」のアンケートモニター。調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)。調査期間:2018年3月1日~5日。設問数:7~9問(テーマにより異なる)。調査期間:マイボイスコム株式会社。

※2:「キズがつきにくい」「紫外線カット」については、現在市場に出回っている度付きメガネ用レンズのほとんどに搭載されているが、自分が持っているメガネにこれらの機能があることを知らない人が多いと思われる。

関連記事

メガネ店選びのポイント ベスト5

メガネユーザー&コンタクトレンズユーザーが困ること ベスト4

【アンケート】メガネを選ぶとき困ること「メガネを外すと鏡が見えない」「似合うメガネが分からない」

メガネ・サングラスの上手な選び方まとめ

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer