ドラマ「37.5℃の涙」成宮寛貴のメガネはJAPONISM (ジャポニスム)- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ドラマ「37.5℃の涙」成宮寛貴のメガネはJAPONISM (ジャポニスム)

ドラマ「37.5℃の涙」成宮寛貴のメガネはJAPONISM (ジャポニスム)

JAPONISM (ジャポニスム)JS106-02

7月9日(木)より放送のTBS系ドラマ「37.5℃の涙」で朝比奈元春役を演じる成宮寛貴さんが掛けているメガネは、JAPONISM (ジャポニスム)の JS106-02(Black×Antique Gold)。関係者への取材で分かった。

JAPONISM (ジャポニスム)の JS106-02 は、チタンのフロントとアセテート(※1)のテンプル(つる)を組み合わせたコンビネーションフレームで、サーモント(※2)風のデザインが印象的。

レンズのカタチは、ほどよい丸みで絶妙なサイズ感のウェリントン。顔によくなじむので、はじめてサーモントを掛けるひとも採り入れやすいはず。

また、テンプル(つる)にはベータチタン製のバネを使っているので、こめかみを締めつけず、掛け心地もバツグンだ。

※1:プラスチック製のメガネフレームで、最もポピュラーな素材。

※2:フロント上側を眉のように太く仕上げたデザインで、クラシックメガネフレームでは定番のひとつ。

ネットでは放送前から期待の声

ドラマ「37.5℃の涙」で成宮寛貴さんがメガネを掛けている姿を、番組ホームページや番組CMなどで見たファンからは、放送前にもかかわらず期待の声が上がっている。

ドラマ「37.5℃の涙」で成宮寛貴さんが掛けているメガネの詳細

▼ブランド:JAPONISM (ジャポニスム)

▼品番・カラー:JS106-02(Black×Antique Gold)

▼参考価格:28,000円(税別)

▼公式サイト紹介ページ:JS-106 | BOSTON CLUB - ボストンクラブ | JAPONISM | BCPC | MUGUET

「JS-106 | BOSTON CLUB - ボストンクラブ | JAPONISM | BCPC | MUGUET」(スクリーンショット)

JS-106 | BOSTON CLUB - ボストンクラブ | JAPONISM | BCPC | MUGUET」(スクリーンショット)

ドラマ「37.5℃の涙」について

番組公式サイト

木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』|TBSテレビ

原作は椎名チカのコミック

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

成宮寛貴について

成宮寛貴 | TOP COAT

成宮寛貴 - Wikipedia

成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年9月14日 - )は、日本の俳優。東京都出身。トップコート所属。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer