AR Smart Glasses~1,000ドル以下で手に入るスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)が登場- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

AR Smart Glasses~1,000ドル以下で手に入るスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)が登場

AR Smart Glasses~1,000ドル以下で手に入るスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)が登場

ODG「AR Smart Glasses」

政府や企業向けに AR(拡張現実)端末を手がけてきたアメリカの Osterhout Design Group(ODG)は、世界最大の家電ショー「2015 International CES」にて、一般消費者向けのスマートグラス(メガネ型ウェアラブル端末)「AR Smart Glasses」を発表した。

AR Smart Glasses は、Ray-Ban(レイバン)の人気モデル「ウェイファーラー」を意識したデザインを採用。重さは125gで、政府や企業向けにすでに販売されている「R-6」シリーズ同様の機能を備える。一般消費者向けということで、価格は1,000ドル(約119,000円)以下。2015年に発売される予定だ。

AR Smart Glasses は、ODG が独自に開発した Android ベースの ReticleOS を採用。3Dディスプレイなどを搭載しており、タブレットでできる全てのことがハンズフリーで可能になるという。また、Android アプリをインストールできるので、活用の幅が広がりそうだ。

ODG「AR Smart Glasses」主な仕様

Osterhout Design Group(ODG)「AR Smart Glasses」 image by Osterhout Design Group 【クリックまたはタップで拡大】

Osterhout Design Group(ODG)「AR Smart Glasses」
image by Osterhout Design Group
クリックまたはタップで拡大

  • HD立体デュアルディスプレイ
  • 高透明度レンズ
  • 完全に融合された電子光学設計
  • Wi-Fi、Bluetooth、GNSS(衛星測位システム)内蔵
  • 充電式バッテリー内蔵
  • USB接続や充電などが可能なマグネット式接続コード
  • 9軸モーションセンサー(3軸ジャイロスコープ、3軸磁力計、3軸加速度センサー)
  • 高速オートフォーカスカメラ
  • マグネット式ステレオオーディオ
  • ndroid ベースの ReticleOS

スマートグラス関連記事まとめ

メガネ型ウェアラブル端末関連ニュースまとめ:GLAFAS(グラファス)

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer