百田尚樹がメガネベストドレッサー賞 文化界部門受賞「メガネをほめられるとうれしい」- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

百田尚樹がメガネベストドレッサー賞 文化界部門受賞「メガネをほめられるとうれしい」

百田尚樹がメガネベストドレッサー賞 文化界部門受賞「メガネをほめられるとうれしい」

文化界部門で受賞した百田尚樹。

「今メガネのもっとも似合う各界の著名人」を表彰する「第26回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」の表彰式が10月9日(水)に東京ビッグサイトでおこなわれ、文化界部門を受賞した作家の百田尚樹氏が出席した。

スピーチの冒頭、「少年の頃から近眼でメガネを掛けているが、メガネって本当にやっかいなんですよ。」と語り出した百田尚樹氏。

今年3月に黄斑円孔という眼の病気にかかり、同時に白内障の手術もしたことで、角膜に眼内レンズを入れた結果、「ずっと0.1もなかった視力が1.2くらいになった」のだという。

そのため、ふだんはメガネを掛ける必要がなくなったと語った百田尚樹さんだが、「40数年間ずっとメガネを掛けていたので、メガネがないとなんか気持ち悪いので、相変わらずメガネを掛けている。」と今の状況を語った。

そんな百田尚樹さんにとって、「メガネは顔の一部」になっているので、「メガネ ベストドレッサー賞」を受賞し、メガネをほめられると「なんかお前、男前やろ」と言われた気がして、スゴくうれしいとよろこんでいた。

副賞のひとつ、NOVA 丹羽雅彦 NM-101を掛ける百田尚樹。 【クリックして拡大】

副賞のひとつ、NOVA 丹羽雅彦 NM-101を掛ける百田尚樹。
【クリックして拡大】

トロフィーを手に、受賞のよろこびを語る百田尚樹。 【クリックして拡大】

トロフィーを手に、受賞のよろこびを語る百田尚樹。
【クリックして拡大】

帽子を手にフォトセッションに臨む百田尚樹。 【クリックして拡大】

帽子を手にフォトセッションに臨む百田尚樹。
【クリックして拡大】

帽子をかぶるとこんな感じ。 【クリックして拡大】

帽子をかぶるとこんな感じ。
【クリックして拡大】

百田尚樹のプロフィール

1956年、大阪府生まれ。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年に「永遠の0」(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年「BOX!」が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。2013年、「海賊とよばれた男」で本屋大賞を受賞。

百田尚樹の選考理由

2006年に、「永遠の0」で小説家デビュー。売上100万部を超えるミリオンヒットとなり、その後も「海賊とよばれた男」で本屋大賞を受賞するなど、次々とヒット作を生み出している、今、最も輝いている小説家。メガネの奥から時には鋭く、時にはより大胆な視点で物事をとらえる姿が、メガネの持つ知的な印象をよりいっそう引き立てていると、多数の支持を集めての受賞。

「日本 メガネ ベストドレッサー賞」の選考方法

日本のメガネ業界関係者からの投票結果をもとに、主催者であるリード エグジビション ジャパン株式会社、一般社団法人 福井県眼鏡協会により選考されている。

第26回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」受賞者一覧。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer