花粉症対策におすすめのメガネレンズ~「花粉がつきにくいレンズ」と「くもりにくいレンズ」- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

花粉症対策におすすめのメガネレンズ~「花粉がつきにくいレンズ」と「くもりにくいレンズ」

花粉症対策におすすめのメガネレンズ~「花粉がつきにくいレンズ」と「くもりにくいレンズ」

東海光学の「マックスシールドコート」は、静電気を抑えることで、花粉やホコリがつきにくい。

[出典]http://www.tokaiopt.jp/lens/msc.php

花粉症対策としてメガネユーザーにおすすめのもののひとつが、「花粉がつきにくいメガネレンズ」。レンズ表面に施された帯電防止コートにより、静電気が起きにくく、花粉やホコリがつきにくいのだ。

もうひとつのおすすめは、「くもりにくいレンズ」。こちらも特殊なコーティングの効果により、花粉症対策には欠かせないマスクをしても、メガネがくもりにくいのがうれしい。

どちらもオプション料金はかかるものの、花粉症の時期を少しでも快適に過ごしたいというひとにとっては、検討する価値ありと言えるのではないだろうか。

静電気を抑えて、「花粉がつきにくいレンズ」

(写真1)セイコーオプティカルプロダクツから発売されている「スーパーレジスタンスコート」は、花粉やホコリがつきにくく、キズにも強い。

(写真1)セイコーオプティカルプロダクツから発売されている「スーパーレジスタンスコート」は、花粉やホコリがつきにくく、キズにも強い。

(出典)http://www.seiko-opt.co.jp/technology/resistance.html

大手レンズメーカー各社から、静電気が起きるのを抑える「帯電防止」効果を持ったコーティングがオプションとして販売されている。レンズの表面に静電気が起こりにくくなっているので、花粉やホコリがつきにくくなるという優れものだ。さらに、キズにもとても強くなっており、メガネレンズのコーティングとしては最高峰と言えるだろう。

(写真2)東海光学「マックスシールドコート」と従来のコーティングとの比較。「マックスシールドコート」は静電気が起きにくいので、ホコリなどがつきにくいことがわかる。

(写真2)東海光学「マックスシールドコート」と従来のコーティングとの比較。「マックスシールドコート」は静電気が起きにくいので、ホコリなどがつきにくいことがわかる。

(出典)http://www.tokaiopt.jp/lens/msc.php

生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)のガイドも務める清益 功浩医師によると、外出から帰ってきたら、「花粉を洗い流すために顔を洗う」ことが、花粉症対策としておすすめだという。さらに、「目の対策としては目の周りをしっかりと洗いましょう」と述べている(※)。

ふだんメガネを掛けているひとは、顔を洗うのと同時に「メガネを洗う」習慣をつけると、花粉症対策としてより効果的ではないだろうか。

※出典:http://allabout.co.jp/contents/sp_kafun_c/1848/302427/index/

大手レンズメーカー各社の「花粉がつきにくい」レンズ

※各社とも「定価」や「メーカー希望小売価格」がないため、メガネ店によって価格は異なるが、だいたい数千円のオプション料金がかかる。

マスクをしても「くもりにくいレンズ」

(写真3)セイコーオプティカルプロダクツ「フォグレスコート」のイメージ写真。

(写真3)セイコーオプティカルプロダクツ「フォグレスコート」のイメージ写真。

(出典)http://www.seiko-opt.co.jp/eyeinformation/lens-001479.html

「くもり防止コーティング」により、マスクをしていても「くもりにくいレンズ」も、花粉症の時期にマスクが手放せないというメガネユーザーにはおすすめ。

セイコーオプティカルプロダクツのホームページによると、メガネのレンズがくもるのは、息や湯気などよりもレンズ表面の温度が低いので、空気中の水分が結露して細かな水滴が発生し、その水滴が光を乱反射することが原因だという。

そこで、親水性(水となじみやすい性質)を持った「くもり防止コーティング」と、さらに親水性を高める「メンテナンスクリーナー」を定期的に使うことにより、水滴ができるのを抑えたのが「くもりにくいレンズ」なのだ。

(写真4)眼鏡市場「くもりにくいレンズ」のイメージ写真。

(写真4)眼鏡市場「くもりにくいレンズ」のイメージ写真。

(出典)http://www.meganeichiba.jp/lens/original/boudon.html

「メンテナンスクリーナー」を定期的に使うのはちょっと面倒…と思うひともいるかもしれないが、マスクをつけるときだけでなく、料理や食事をするときや、寒冷地に住んでいるひと、仕事などで冷蔵庫や冷凍庫にひんぱんに出入りするひとなどにも、効果が実感できそうだ。

現在発売中の「くもりにくいレンズ」

※「フォグレスコート」は通常のレンズにプラス数千円(メガネ店によって異なる)のオプション料金がかかる。眼鏡市場の「くもりにくいレンズ」は、通常のメガネ料金(フレーム+レンズで15,750円または18,900円)プラス2,100円(レンズのみ購入の場合は13,440円)。

関連記事

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer