ジョン・レノンのサングラスが帽子とともにオークションに出品- GLAFAS(グラファス)

ジョン・レノンのサングラスが帽子とともにオークションに出品

ジョン・レノンのサングラスが帽子とともにオークションに出品

By Roy Kerwood (CC-BY-2.5) via Wikimedia Commons

ジョン・レノンさんがビートルズ時代に愛用していたサングラスが、カウボーイハットとともに、8月9日(火)に開催されるオークションに出品されることが明らかになった。

イギリスのガーディアン紙(電子版)によると、サングラスは1967年に、カウボーイハットは1965年のアメリカツアーのときに愛用していたものだという。

落札予想価格は、サングラスが4,000ポンド(約50万円)、カウボーイハットは8,000ポンド(約100万円)と見られている。

このサングラスとカウボーイハットは、ジョンさんがおじのチャーリー・レノンさんにあげたもので、現在はリバプール在住のアメリカ人であるラリー・ウォーレンさんが所有している。

ラリーさんはサングラスとカウボーイハットを手に入れたときのことを、次のように語っている。

私はチャーリー・レノンのことをよく知っていて、彼からサングラスとカウボーイハットを買いました。彼はお金を受け取ろうとしなかったのですが、私は払うと言ったのです。また、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが初めて出会った教会の一部など、ビートルズ関連のアイテムの保護を手伝っています。

また、ラリーさんによると、このサングラスは黒のイタリア製で、ジョンさんが1967年にかけていたもの。チャーリーさんがイギリスのサリーにあったレノンさんの自宅を訪れたときに、ジョンさんがチャーリーさんに手渡したのだという。

そして、カウボーイハットは1965年のアメリカツアーのときにかぶっていたもので、西部劇が好きだったチャーリーさんにリボルバーとともにあげたとのこと。しかし、このカウボーイハットはチャーリーさんの頭には大きすぎて、それを見たジョンさんはおもしろがっていたのだという。

イギリスのオークション会社 Cameo のグレン・ノークリフさんは、このサングラスとカウボーイハットについて、「これらはジョン・レノンの最盛期に使われていたすばらしいものだ。来歴もすばらしいし、ジョン・レノンにまつわるものはどれも集める価値があるしね。これらをほしいというひとは世界中にたくさんいますよ。」と語っている。

このサングラスとカウボーイハットがどのくらいの金額で、どんなひとの手に渡るのかに注目だ。

関連記事

59 HYSTERIC(ゴーキュー ヒステリック)

2010年に立ち上げられた日本のメガネブランド 59 HYSTERICでは、「悲劇的な生涯を送った芸術分野の天才たちへの憧憬」というコンセプトのもと、各モデル名に天才と呼ばれるひとたちの名前を冠しており、「LENNON」というモデルもリリースしている。

59 HYSTERIC のメガネフレーム LENNON。imege by 59 HYSTERIC

59 HYSTERIC のメガネフレーム LENNON。imege by 59 HYSTERIC

※ 2011年8月4日 加筆修正しました。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 1920
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database