JINS(ジンズ)が店舗スタッフの制服をリニューアル 環境に配慮した生地やジェンダーレスなデザインを採用- GLAFAS(グラファス)

JINS(ジンズ)が店舗スタッフの制服をリニューアル 環境に配慮した生地やジェンダーレスなデザインを採用

JINS(ジンズ)が店舗スタッフの制服をリニューアル 環境に配慮した生地やジェンダーレスなデザインを採用

image by JINS

メガネブランド JINS(ジンズ)は、店舗スタッフの制服を4年ぶりにリニューアルした。国内店舗は7月18日(月)より順次切り替え、海外店舗は今後順次切り替えを進める。


【前回のリニューアル】


JINS(ジンズ)が新たな制服として導入した春夏用シャツ

JINS(ジンズ)が新たな制服として導入した春夏用シャツ

これまでの制服は男性用・女性用で仕様が分かれていたが、新しい制服は規格を共通にした、ジェンダーレスなデザインを採用。襟の形が異なる2種類の春夏用シャツの着用が開始された。秋冬用の制服にはコートやジャケットが導入される予定だ。

JINS(ジンズ)新制服 レギュラーカラー

JINS(ジンズ)新制服 スタンドカラー

新しい春夏用シャツは、レギュラーカラー(上)とスタンドカラー(下)の2種類。

このシャツには、使用済みペットボトルをリサイクルして作られた糸とレギュラーポリエステル糸を使用したオリジナル生地を採用。リサイクル素材の割合は54%で、吸水性と速乾性に優れ、シワになりにくく、着心地も快適だという。

知性や落ち着きを感じさせる色をベースに、独自に染め上げた4色のシャツが用意され、通常店のシャツにはネイビーを使用。主要都市の3店舗については街のイメージに合わせた色を採用し、渋谷店はブルー、原宿店はオリーブ、京都寺町通店はグレーのシャツをそれぞれ着用する。

着用を終えた制服は素材やパーツごとにリサイクルする計画で、旧制服も全て回収しリサイクルされる予定だ。

通常店スタッフ用(ネイビー)

通常店スタッフ用(ネイビー)

渋谷店スタッフ用(ブルー)

渋谷店スタッフ用(ブルー)※レギュラーカラーのみ

原宿店スタッフ用(オリーブ)

原宿店スタッフ用(オリーブ)※レギュラーカラーのみ

京都寺町通店スタッフ用(グレー)

京都寺町通店スタッフ用(グレー)※スタンドカラーのみ

2種類のマイスターピン

マイスターピンを胸元に挿した様子

JINS(ジンズ)では、社内試験に合格したスタッフに「マイスター」という資格を与えている。接客に関する「サービスマイスター」と技術に関する「テクニカルマイスター」の2種類があり、新しい制服では資格保有者は胸元にピンを挿す。

関連記事

JINS(ジンズ)が店舗スタッフの制服を5年ぶりにリニューアル


「夏のSPECIAL PRICE」&「リサイクル割」開催中!

JINS(ジンズ)では、夏のSPECIAL PRICEを8月24日まで店舗・オンラインストアで同時開催中。薄型非球面レンズ付きで4,400円(税込)からとお買い得。さらに、メガネやサングラスが2本目から10%OFFになる「まとめ買い」キャンペーンを8月24日まで店舗限定で開催中。詳しくは下記リンクをチェック!



【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 7630
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache