メガネの田中が海外初進出、シンガポールに1号店をオープン- GLAFAS(グラファス)

メガネの田中が海外初進出、シンガポールに1号店をオープン

メガネの田中が海外初進出、シンガポールに1号店をオープン

image by メガネの田中

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部店舗で営業時間の短縮などがおこなわれています。ご来店の前には、各店舗または各商業施設の公式情報のご確認をおすすめいたします。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の前に混雑状況などを各店舗または各商業施設にご確認いただくことをおすすめいたします。

メガネの田中は、シンガポールに海外1号店となる「メガネの田中 ウィーロックプレイス店」を7月1日(木)にオープンした。オープン初日からシンガポール人はもちろん、日本人や西洋人など、幅広い年代の顧客が訪れているという。

「メガネの田中 ウィーロックプレイス店」は、シンガポール最大級のショッピングエリアであるオーチャード・ロードにあるショッピングモール「ウィーロックプレイス」の地下1階に位置し、店舗面積は約140平方メートル。メガネの田中グループのシンガポール子会社である「FLO Optics Pte.Ltd.」が運営している。

この投稿をInstagramで見る

Wheelock Place(@wheelockplace)がシェアした投稿

店舗デザインは、日本国内の店舗と同じコンセプトを採用。大型の鏡を13個の照明が取り囲むスタイリングスペース「ハリウッドミラー」をはじめ、ゆっくりとメガネ選びを楽しめる「ソファスペース」や「店長デスク」などが配置され、顧客の悩みやニーズに寄り添う接客サービスを展開する。

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 外観

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 外観

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 内観

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 内観

メガネの田中によると、シンガポールのメガネ店では、メガネの処方・販売に国家資格が必要なこともあり、見え方に関しては手厚くケアする一方、顧客に似合うメガネを提案するというのは一般的でないという。

「メガネの田中 ウィーロックプレイス店」では、日本国内の店舗と同じように、スタッフが顧客ひとりひとりと対話しながら、似合うメガネを一緒に選ぶサービスを提供していく。

その一環として、アイウェアコーディネートの社内専門家が、リモートでメガネ選びをサポートする「オンラインおまかせアイウェアスタイリングサービス」をおこなっている。

「オンラインおまかせアイウェアスタイリングサービス」は、ライフスタイルや好みのファッションなどを聞き取り、顔立ちの印象分析など、メガネの田中独自のサービスを活用し、似合うメガネを3~5本を洋服とのトータルコーディネートとあわせて提案する。

自宅で事前にサービスを受けてから来店することはもちろん、試着台のそばに設置されたモニターを通じて、店内でもサービスを受けられる。

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 店舗データ

メガネの田中 ウィーロックプレイス店

メガネの田中 ウィーロックプレイス店 

【英語名称】Tanaka Optical [Wheelock Place]

【オープン日】2021年7月1日(木)

【住所】501 Orchard Road, #B1-03 Wheelock Place, Singapore 238880【Googleマップを見る

【ホームページ・SNS】

関連記事

シンガポールには OWNDAYS(オンデーズ)や Zoff(ゾフ)も進出している。

OWNDAYS(オンデーズ)がシンガポールでメガネ販売シェア1位に

Zoff(ゾフ)がシンガポールと香港に現地法人設立、2017年春に出店へ


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer

id : 7270
Copyright
© 2003 - 2021 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache 934.96 KB