アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン)が新業態の直営店「THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)」を京都・祇園にオープン- GLAFAS(グラファス)

アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン)が新業態の直営店「THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)」を京都・祇園にオープン

アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン)が新業態の直営店「THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)」を京都・祇園にオープン

image by EYEVAN

アイウェアブランド EYEVAN(アイヴァン)は5月26日(水)、新業態の直営店「THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)」を京都・祇園にオープンする。

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)では、EYEVAN(アイヴァン)のオリジナルブランドレーベルである EYEVAN(アイヴァン)EYEVAN 7285(アイヴァン 7285)10 eyevan(テン アイヴァン)、Eyevol(アイヴォル)を販売。

「OUR BRAND | EYEVAN Inc. | 株式会社アイヴァン」 (スクリーンショット)

「OUR BRAND | EYEVAN Inc. | 株式会社アイヴァン」
(スクリーンショット)

店舗の外装は、祇園の街並みに合わせた町屋をイメージしたデザインを採用。内装のデザインは、GLAMOROUS(グラマラス)のデザイナー森田恭通氏が担当し、吹き抜けに京扇子を使ったオブジェを設置するなど、現在の祇園とブランドの世界観を表現した。

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)外観イメージ

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)外観イメージ

スタッフのユニフォームは、京都を拠点とするファッションブランド RAINMAKER(レインメーカー)に製作を依頼。和のエッセンスと機能性を兼ね備えた、モダンでクリーンなデザインに仕上げたという。

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)ユニフォーム

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)ユニフォーム

オープン記念として、べっ甲メガネの新シリーズ「EYEVAN Tortoise」を販売。EYEVAN Tortoise は、放送作家の小山薫堂氏監修のもと、東京・千駄木で伝統的なべっ甲メガネを製作する大澤鼈甲に特注したもので、EYEVAN(アイヴァン)の代表的モデル「WEBB」と「E-0505」がベースとなっている。

EYEVAN Tortoise その1

EYEVAN Tortoise その2

EYEVAN Tortoise
E-0504(価格:330,000円~)
E-0505(価格:550,000円~)
Webb(価格:990,000円~)
いずれも本革制オリジナルケース・トレー付き

加えて、1688年創業の西陣織の老舗「HOSOO」とコラボしたメガネケースも同時発売される。

HOSOO とのコラボによるメガネケース

HOSOO とのコラボによるメガネケース
(左から)小ケース(価格:16,500円)・大ケース(価格:18,700円)・コレクションBOX(4本入り、価格:33,000円)

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)店舗データ

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)外観イメージ

THE EYEVAN(ジ・アイヴァン)外観イメージ

【オープン日】2021年5月26日(水)

【住所】京都府京都市東山区祇園町南側570-125【Googleマップを見る

【電話】075-561-2300

【営業時間】11:00~19:00

【定休日】水

関連記事

アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン)の旗艦店「EYEVAN Tokyo Gallery」が青山・骨董通りにオープン

EYEVAN Tokyo Gallery


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

id : 7234
Copyright
© 2003 - 2021 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache 822.36 KB