メガネ店 CONSOMME(コンソメ)が Zoff Plus にリニューアル- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネ店 CONSOMME(コンソメ)が Zoff Plus にリニューアル

メガネ店 CONSOMME(コンソメ)が Zoff Plus にリニューアル

真っ白で機能的なインテリアになり、以前に比べてフレームが選びやすくなっている。

東京・日本橋のメガネ店 CONSOMME(コンソメ)コレド日本橋店が、Zoff Plus(ゾフ・プラス) としてリニューアルオープンした。

「街のケーキ屋さん」をイメージして、メガネをスイーツのごとくお皿の上に並べていたインテリアから一転、白を基調とした明るく機能的なインテリアになり、フレームが見やすく、選びやすくなっている。

Zoff Plus とは、のほか 、といった、Zoff(ゾフ) の全ブランドを取り扱うショップで、コレド日本橋店のほかに銀座や新宿、川崎でも展開している。

このリニューアルの結果、フレームブランドとしての は継続するものの、という店名・ショップ形態はなくなることとなった。

は前述の通り、「街のケーキ屋さん」をイメージしたメガネ店で、メガネをスイーツに見立てて、お皿の上に並べていたのが特徴。Zoff(ゾフ)よりも高めの価格設定で、スワロフスキーなどを多用するなどデザインの高い、フェミニンなフレームを展開していたほか、グラスコードやメガネケースなどの小物も積極的に販売していた。

筆者はショップ立ち上げ当初から、を高く評価していたので、のショップがなくなることは正直少し残念である。しかし、時代の流れからいって、正しい選択だったと思う。

Zoff(ゾフ) はもちろん、競合他社である JINS(ジンズ)も含めて、より低価格なメガネが人気を博したことで、の存在や価格設定は中途半端なものになってきたのが一番の理由だと思う。のショップコンセプトを続けるよりも、より認知度が高いZoff(ゾフ) ブランドをフィーチャーしたほうがユーザーにとって分かりやすいはずだ。

また、Zoff(ゾフ)JINS(ジンズ)のクオリティが以前よりも高くなっているので、だけを積極的に押し出す必要性がなくなってきたのだろう。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer