ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」~連載開始当時を思い起こす縄手の丸メガネ- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」~連載開始当時を思い起こす縄手の丸メガネ

ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」~連載開始当時を思い起こす縄手の丸メガネ

ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」©Fujiko-Rro

「日本の工芸を元気にする!」のビジョンを掲げ、今年で創業300周年を迎えた奈良の老舗「中川政七商店」から、マンガ「ドラえもん」との限定コラボ商品が登場。8月17日(水)より開催される企画展「これからをつくろう 1716→2016→2116」に合わせ、全国の「中川政七商店」直営店および公式オンラインショップ(※)にて発売される。

中でも注目は、”メガネの聖地”福井県鯖江市に残る資料を元に作られた「のび太くんのメガネ」。1970年の「ドラえもん」連載開始当初によく用いられていた「縄手(なわて)」と呼ばれるテンプル(つる)を採用することで、当時の文化を現代に伝えることに挑戦した逸品だ。

価格は45,000円(税別、桐箱・特製袋入り)。30本の限定販売なので、早めのチェックがオススメだ。

※「のび太くんのメガネ」展示販売店舗:東京本店、表参道店、札幌ステラプレイス店、エスパル仙台店、東京ミッドタウン店(中川政七商店街)、ルミネ新宿店、LACHIC店、ラクエ四条烏丸店、ルクア イーレ店、アミュプラザ博多店

ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」 価格:45,000円(税別、桐箱・特製袋入り) 丸いレンズと「縄手」のテンプル(つる)が印象的。 ©Fujiko-Rro

ドラえもん×中川政七商店「のび太くんのメガネ」
価格:45,000円(税別、桐箱・特製袋入り)
丸いレンズと「縄手」のテンプル(つる)が印象的。
©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(少年) ©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(少年)
©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(女性) ©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(女性)
©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(男性) ©Fujiko-Rro

「のび太くんのメガネ」着用例(男性)
©Fujiko-Rro

企画展「これからをつくろう 1716→2016→2116」概要

▼期間:2016年8月17日(水)~2016年8月30日(火)

▼対象店舗:全国の「中川政七商店」ブランド直営店公式オンラインショップ

▼「のび太くんのメガネ」展示販売店舗

東京本店、表参道店、札幌ステラプレイス店、エスパル仙台店、東京ミッドタウン店(中川政七商店街)、ルミネ新宿店、LACHIC店、ラクエ四条烏丸店、ルクア イーレ店、アミュプラザ博多店

▼企画展と「ドラえもん」コラボ商品の詳細

中川政七商店の創業300周年に合わせておこなわれる企画展「これからをつくろう 1716→2016→2116」は、8月17日(水)~8月30日(火)まで。 ©Fujiko-Rro

中川政七商店の創業300周年に合わせておこなわれる企画展「これからをつくろう 1716→2016→2116」は、8月17日(水)~8月30日(火)まで。
©Fujiko-Rro

中川政七商店について

中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)は、1716年に創業した奈良の老舗。温故知新の想いを根底に、機能的で美しい「暮らしの道具」を数多く展開している。

▼公式ホームページ:株式会社中川政七商店

中川政七商店は享保元年創業、今年で創業300周年を迎えた老舗。

中川政七商店は享保元年創業、今年で創業300周年を迎えた老舗。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer