ウェリントンにもボストンにも飽き足らないひとにオススメのセルフレーム~OWL(オウル)のKlabautermann(クラバウターマン)- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ウェリントンにもボストンにも飽き足らないひとにオススメのセルフレーム~OWL(オウル)のKlabautermann(クラバウターマン)

ウェリントンにもボストンにも飽き足らないひとにオススメのセルフレーム~OWL(オウル)のKlabautermann(クラバウターマン)

OWL(オウル)Klabautermann(クラバウターマン)

「ウェリントンには飽きてしまった。」

「ボストンにもピンと来ない。」

「目立ちすぎず、だけどおしゃれなメガネを掛けたい。」

そんなひとにオススメのフレームが、OWL(オウル)の Klabautermann(クラバウターマン)。

目力を与えつつも、顔にきれいに溶け込むカタチが絶妙で、コーディネートしやすいのがポイント。メガネをファッションアイテムとして、本当におしゃれに、またポップに楽しく掛けたいひとには、男女問わずに打ってつけのフレームだ。

さらに、異なる色柄の生地を縦に貼り合わせるという OWL(オウル)ならではの手法から生まれるカラーリングは、さり気なく個性を演出しつつおしゃれ。決して派手さはないものの、思わず二度見したくなるほどの絶妙な仕上がりがたまらない。

OWL(オウル)の Klabautermann(クラバウターマン)は、テンプル(つる)をつなぐヒンジが2タイプ。ノーマルバージョン(22,000円、税抜)と、より柔らかな掛け心地が得られる OWL(オウル)オリジナルヒンジのSPバージョン(27,000円、税抜)から選ぶことができる。

OWL(オウル)Klabautermann(クラバウターマン) ブラウン系のカラーとボーダー柄とのコンビが絶妙。透け感があるのもいい感じ。光が当たるとクリアな生地の透け感がさらに際立っておしゃれ。

OWL(オウル)Klabautermann(クラバウターマン)
ブラウン系のカラーとボーダー柄とのコンビが絶妙。透け感があるのもいい感じ。光が当たるとクリアな生地の透け感がさらに際立っておしゃれ。

OWL(オウル)Klabautermann(クラバウターマン) べっ甲柄と透け感あるカラーとの組み合わせが、おしゃれでかわいい。ボリューム感あるサイドや鍵穴を模したキーホールブリッジもアクセント。

OWL(オウル)Klabautermann(クラバウターマン)
べっ甲柄と透け感あるカラーとの組み合わせが、おしゃれでかわいい。ボリューム感あるサイドや鍵穴を模したキーホールブリッジもアクセント。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer