ic!berlin(アイシー!ベルリン)から「エレクトリックカラー」登場~メガネをカラフルに楽しもう- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ic!berlin(アイシー!ベルリン)から「エレクトリックカラー」登場~メガネをカラフルに楽しもう

ic!berlin(アイシー!ベルリン)から「エレクトリックカラー」登場~メガネをカラフルに楽しもう

ic!berlin(アイシー!ベルリン)rast
カラー:electric turquoise。

ドイツのアイウェアブランド ic!berlin(アイシー!ベルリン)から、新色「エレクトリックカラー」が、2013年秋冬コレクションに登場。

「エレクトリックカラー」は、フレーム表面に透明なクリスタルの粒子でナノレベルの薄い層を形成し、クリスタルの反射により鮮やかで美しいカラーを生み出すというもの。

これまでのシックなカラーリングから一転、ic!berlin(アイシー!ベルリン)の新しい魅力が楽しめる。

長年の研究の末に生まれた「エレクトリックカラー」

2013年秋冬コレクションに登場したエレクトリックカラーは、 ic!berlin(アイシー!ベルリン)にカラフルな魅力をプラス。 image by ic!berlin

2013年秋冬コレクションに登場したエレクトリックカラーは、
ic!berlin(アイシー!ベルリン)にカラフルな魅力をプラス。
image by ic!berlin

これまでの ic!berlin(アイシー!ベルリン)がシックなカラーばかりだったのは、鮮やかなカラーは色落ちしやすく、ic!berlin(アイシー!ベルリン)が望む品質や耐久性を保つことができなかったからという。

しかし、ic!berlin(アイシー!ベルリン)エンジニアチームの長年にわたる研究の末、「エレクトリックカラー」の開発に成功。

「エレクトリックカラー」は、フレームの素材であるステンレスに、透明なクリスタルの粒子でナノレベルの薄い層をコーティングし、クリスタルの反射によってカラーを生み出すというもの。

鮮やかで美しい発色に加え、コーティングの耐久性が非常に高く、色あせたり傷ついたりすることがないのも特徴だ。

2013年秋冬コレクションでは、「electric! violet(エレクトリック バイオレット)」「electric! light blue(エレクトリック ライト ブルー)」「electric! turquoise(エレクトリック ターコイズ)」「electric! magenta(エレクトリック マゼンタ)」の4色がリリースされ、ic!berlin(アイシー!ベルリン)に新たな魅力を与えている。

ic!berlin(アイシー!ベルリン)rast カラー:electric turquoise。 rast は ic!berlin(アイシー!ベルリン)のベストセラーだが、 「エレクトリックカラー」で新鮮な印象に。 【クリックして拡大】

ic!berlin(アイシー!ベルリン)rast
カラー:electric turquoise。
rast は ic!berlin(アイシー!ベルリン)のベストセラーだが、
「エレクトリックカラー」で新鮮な印象に。
【クリックして拡大】

インダストリアルデザイン的魅力にあふれる ic!berlin(アイシー!ベルリン)だが、 「エレクトリックカラー」により ファッションとしても魅力を高めている。 【クリックして拡大】

インダストリアルデザイン的魅力にあふれる
ic!berlin(アイシー!ベルリン)だが、
「エレクトリックカラー」により
ファッションとしても魅力を高めている。
【クリックして拡大】

一般的なメガネフレームとは異なり、 ネジやロー付けといった要素を排した ic!berlin(アイシー!ベルリン)独自のデザインと、 「エレクトリックカラー」との組み合わせは美しい。 【クリックして拡大】

一般的なメガネフレームとは異なり、
ネジやロー付けといった要素を排した
ic!berlin(アイシー!ベルリン)独自のデザインと、
「エレクトリックカラー」との組み合わせは美しい。
【クリックして拡大】

ic!berlin(アイシー!ベルリン)とは

ic!berlin(アイシー!ベルリン)は、1998年にデビューしたドイツのメガネブランド。

極薄のステンレスシートを素材に使用して、ネジやロー付けという一般的なメガネフレームでは不可欠とされる要素を廃した独自の構造が特徴…【続きを読む

ic!berlin(アイシー!ベルリン)コレクション

ic!berlin(アイシー!ベルリン)のデザイナーに似合う新作メガネを選んでもらった

筆者と ic!berlin(アイシー!ベルリン)のデザイナー ラルフ・アンダール氏とのツーショット。ラルフ氏は筆者の一眼レフを使い、慣れた手つきで「自分撮り」してくれた。【クリックして拡大】

筆者と ic!berlin(アイシー!ベルリン)のデザイナー ラルフ・アンダール氏とのツーショット。

ic!berlin(アイシー!ベルリン)は独自の構造で知られる

ic!berlin(アイシー!ベルリン)のメガネフレームを「手作り体験」してみた

ic!berlin(アイシー!ベルリン)のフレームキットと軍手。【クリックして拡大】

ic!berlin(アイシー!ベルリン)のフレームキットと軍手。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer