【SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)】- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)

SHU・KUMEDA

(写真1)EROTICA(エロチカ)x SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)コラボモデル。image by EROTICA

SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)は「日本人による日本人のための眼鏡」がコンセプト。デザインも機能も日本人にふさわしいメガネ作りを目指し、日本人特有の頭の形に着目した全く新しいメガネ作りを展開しているブランドだ。

欧米人に比べて奥行きがなく、凹凸の少ない日本人の頭の形にフィットさせるために、SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)のフレームは「ミルフィーユ構造」と「センターホールド構造」という独自のデザインがなされている(写真2)。

(写真2)SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)のフレームは独自の「ミルフィーユ構造」と「センターホールド構造」により、頭を優しく包み込むような快適な掛け心地が得られる。テンプル(つる)の形も頭を優しく抱き込むような形になっている。

「ミルフィーユ構造」とは、フロントと呼ばれるレンズを固定するパーツがミルフィーユのように層になっていることから名付けられたもの。フロントの裏側に仕込まれたバネにテンプル(つる)がついていることで、頭を優しく包み込むような掛け心地が得られるのだ。

このバネはフロントの中心に固定されている。これが「センターホールド構造」だ。一般のメガネフレームのテンプル(つる)はフロントの両端についているために、掛けているうち余分な力が伝わり、フロントが変形してしまうこともある。しかし、「センターホールド構造」ならバネの弾力性のおかげもあって、フロントに余分な力がかからないので変形が少ないのだ。

また、顔に奥行きと立体感を与えてくれるのもうれしいところ。見た目と機能が両立した優れたデザインのフレームに仕上がっている。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


最新ニュース

SHU・KUMEDA(シュウ・クメダ)取扱店舗一覧

免責事項:「ブランド取り扱い店リスト」はメガネ店ホームページ・ブログなどを元に独自に調査したものです。当サイトに掲載されている店舗のみのリストとなっております。最新の在庫状況などについては、各メガネ店にお問い合わせください。

※「ブランド取り扱い店リスト」への掲載ご希望のメガネ店さまは、コチラよりお申し込み下さい。

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer