パソコン画面の光から目を守る「デジタルガードレンズ」を眼鏡市場が発売- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

パソコン画面の光から目を守る「デジタルガードレンズ」を眼鏡市場が発売

パソコン画面の光から目を守る「デジタルガードレンズ」を眼鏡市場が発売

デジタルガードレンズ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)(スクリーンショット)

レンズ込みで15,750円から、しかも超薄型レンズや超薄型遠近両用レンズを選んでも追加料金0円という安さで人気のメガネ店 眼鏡市場 は、光の中から青色の光だけをカットすることで、パソコン画面からの刺激を抑えて、目の疲れを軽減させる「デジタルガードレンズ」を10月1日(土)より発売する。

プレスリリースによると、「デジタルガードレンズ」は眼鏡市場とレンズメーカーが共同開発したもの。レンズ自体は無色透明なので、ビジネスシーンでも気兼ねなく使うことができそうだ。

また、通常料金にプラス2,100円という価格や、超薄型レンズにも対応しているのもうれしい。

青い光がまぶしさの原因

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

(写真1)可視光線の波長とエネルギー。image by ニコン・エシロール。

可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なっている(写真1)。目に見える光・色の中でも波長が短く、エネルギーが強い青い光は、まぶしさやチラつきの原因となっている。

パソコンや携帯電話などのデジタル機器やテレビ、中でも最近主流となっているLEDの画面からは青い光が特に多く発せられており、眼への負担が大きくなっている(写真2)。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

(写真2)従来のブラウン管に比べて、最近主流となっているLEDは、「青い光」が強い。image by ニコン・エシロール。

無色透明なのに青い光だけをカット

(写真3)眼鏡市場の「デジタルガードレンズ」。image by メガネトップ

(写真3)眼鏡市場の「デジタルガードレンズ」。image by メガネトップ

デジタルガードレンズ」(写真3)はレンズ表面に施された「デジタルガードコート」で青い光を反射させて、まぶしさやチラつきの原因となる青い光をカットしている。そのため、レンズ自体は無色透明なのがポイントだ。

他社が「パソコン用レンズ」として販売しているものには、特殊なカラーによって青い光をカットするものが多く、ビジネスシーンなどでは使いづらいということもあった(関連リンク参照)。

しかし、眼鏡市場の「デジタルガードレンズ」は無色透明なので、どんなシーンでも気兼ねなく使うことができそうだ。

まぶしさや刺激を抑えて、クリアな視界が得られる

(写真4)「デジタルガードレンズ」は青い光を反射させることで、パソコン画面の光のまぶしさや刺激を抑え、クリアな視界が得られる。

(写真4)「デジタルガードレンズ」は青い光を反射させることで、パソコン画面の光のまぶしさや刺激を抑え、クリアな視界が得られる。

(出典)http://www.meganeichiba.jp/lens/original/digiguard.html

デジタルガードレンズ」はパソコンなどの画面から発せられる青い光をカットすることで、まぶしさや目への刺激を抑えるだけでなく、クリアな視界を得ることができる(写真4)。

具体的にいうと、まぶしさはカットされながらも、コントラストが上がり、文字や輪郭などがよりハッキリ見えるようになるという感じだ。

(写真5)このグラフを見ると、まぶしいと感じやすい青い光を「デジタルガードレンズ」がカットしていることがわかる。

(写真5)このグラフを見ると、「デジタルガードレンズ」は青い光を20%ほどはカットしていることがわかる。

(出典)http://www.meganeichiba.jp/lens/original/digiguard.html

一般的なレンズとのちがいと注意点

デジタルガードレンズ」は一般的なレンズとは異なる特徴を持っているため、眼鏡市場のホームページには注意事項がいくつか記載されている。

まず、レンズ自体は無色透明なのだが、青い光をカットする「デジタルガードコート」の影響で、レンズが肌色がかったような色に見えるということだ。これは、「青い光」をカットするため、青の補色である黄色を感じるためであろう。

続いて、レンズの裏側では光の反射を感じやすいことや、ゴースト(明るい物がダブって見える)を感じることがあることが挙げられている。特に、強い光がある場所や、暗いところに明るい光がある場合に、反射やゴーストを感じやすい可能性がある。

また、「デジタルガードコート」がついているため、レンズ表面の反射色がブルーなのが気になるひともいるかもしれない。具体的には、写真を撮ったときなどにレンズが青く反射することもあり得る。

眼鏡市場に電話取材したところ、各店舗には「デジタルガードレンズ」のサンプルが用意されているので、一般的なレンズとのちがいや効果を確認することができる。

プラス2,100円、超薄型レンズにも対応

(写真6)眼鏡市場はプラス2,100円で「高機能レンズ」を選ぶことができる。

(写真6)眼鏡市場はプラス2,100円で「高機能レンズ」を選ぶことができる。

(出典)http://www.meganeichiba.jp/lens/

眼鏡市場はレンズ込みで15,750円から、しかも超薄型レンズや超薄型遠近両用レンズを選んでも追加料金0円という安さとわかりやすい価格設定となっているが、「デジタルガードレンズ」はプラス2,100円のオプションとなっている(写真6)。超薄型非球面レンズにも対応しているので、度が強いひとでも安心だ。

しかし、中近両用レンズ近近両用レンズには対応していないほか、カラーを入れることもできないのでご注意を。

岡江久美子さん出演のCMも放映

(写真7)眼鏡市場の新CMには女優の岡江久美子さんが出演。image by メガネトップ

(写真7)眼鏡市場の新CMには女優の岡江久美子さんが出演。image by メガネトップ

眼鏡市場では「デジタルガードレンズ」の発売に合わせて、「明るく、親しみやすく、好感度の高い女性」として人気を博し、デビュー以来、女優・司会・タレントとしてマルチな活躍を続けている岡江久美子さん(写真7)が10月1日(土)よりテレビCMを全国で放映する。

このCMでは「デジタルガードレンズ」のほか、クルマの中やドライヤーなどの熱に強いレンズ「ヒートガードコートレンズ」と、寒いところから暖かいところに入ったときや料理などでもくもりにくい「防曇レンズ」の3つをピックアップ。巨大なレンズが美しく並んだ抽象空間を舞台に展開され、それぞれのレンズの持つ機能を印象的なシーンを通じて伝えている。

追記

2011年9月30日(金) 15時11分に下記の部分に追記しました。

関連リンク~特殊なカラーで青い光をカットするレンズ

関連記事~青い光をカットするレンズ・メガネ・サングラス

パソコンやケータイ、スマートフォンなどのデジタル機器を使うひとが増えていることを受けて、青い光をカットするレンズやメガネ、サングラスが注目を集めている。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer