めがねの聖地・鯖江のめがね広告看板が改修へ、LEDでライトアップも- GLAFAS(グラファス)

めがねの聖地・鯖江のめがね広告看板が改修へ、LEDでライトアップも

めがねの聖地・鯖江のめがね広告看板が改修へ、LEDでライトアップも

「鯖江メガネモニュメント」(スクリーンショット)

“めがねの聖地”福井県鯖江市のシンボル「めがね広告塔」が、23年ぶりに改修される。

鯖江市は、平成27年度補正予算に「めがね広告塔整備事業費」として3,990万円を上程。日刊県民福井の報道によると、LEDで装飾され、夜間はライトアップされるという。

牧野百男市長は、自身のFacebookを通じて、クラウドファンディングやふるさと納税を活用して資金調達したいと明かし、支援と協力を呼びかけている。

鯖江市は橋立山の中腹に立てられ、眼鏡のまちのシンボルとして親しまれている「めがね広告塔」を23年ぶりに改修することに。「クラウドファンディング」や「ふるさと納税」も活用しての資金調達を考えておりますので、皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。「福井新聞社」提供

Posted by 牧野 百男 on 2015年5月13日

めがね広告塔について

鯖江メガネモニュメント

「鯖江メガネモニュメント」(スクリーンショット)

現在は二代目で1992年7月に建替えられたモノです。

Googleマップで場所をみる


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ