レジェンド葛西紀明がメガネ ベストドレッサー賞 スポーツ界部門受賞~メガネは変装用に重宝- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

レジェンド葛西紀明がメガネ ベストドレッサー賞 スポーツ界部門受賞~メガネは変装用に重宝

レジェンド葛西紀明がメガネ ベストドレッサー賞 スポーツ界部門受賞~メガネは変装用に重宝

オリンピックでのメダルを手にフォトセッションに臨んだ葛西紀明。

「今メガネのもっとも似合う各界の著名人」を表彰する「第27回日本 メガネ ベストドレッサー賞」の授賞式が、10月20日(月)に東京ビッグサイトでおこなわれ、スポーツ界部門で受賞した葛西紀明氏(スキージャンプ選手 日本代表)が出席した。

冬季オリンピック7大会連続、最多出場など数々の記録を打ち立て、「レジェンド」とも称される葛西紀明氏。その日本国民を勇気づけ、感動させるカリスマ性や存在感が、メガネを掛けることで一層引き立っているというのが、今回の受賞の理由。

表彰式でのスピーチでは、「このような本当に素晴らしい賞をいただいて、本当にビックリしています!」と第一声。

そして、「テレビなどでしか見たことのないメガネ ベストドレッサー賞を、まさかぼくがいただけるとは思わなかった。オリンピックのメダルの力はスゴい!」と語り、会場の笑いを誘った。

視力の良い葛西紀明氏だが、スキージャンプのトレーニングや試合のときには、強い陽射しから目を守るために、サングラスは欠かせないものだという。

また、メガネを掛けるようになったのは、2010年のバンクーバーオリンピックの際に、日本のメガネブランド 999.9(フォーナインズ)にサングラスを作ってもらったのがきっかけだと語った。

メガネを街中での変装用にも使っているという葛西紀明氏は、「これからも国内外でメガネの良さを伝えていきたい。」と語り、スピーチを締めくくった。

受賞とトロフィーを手にした葛西紀明氏。 【クリックして拡大】

受賞とトロフィーを手にした葛西紀明氏。
【クリックして拡大】

受賞の喜びを語る葛西紀明氏。掛けているメガネは、999.9(フォーナインズ)の M-27 カラー:6023。 【クリックして拡大】

受賞の喜びを語る葛西紀明氏。掛けているメガネは、999.9(フォーナインズ)の M-27 カラー:6023。
【クリックして拡大】

表彰式終了後のフォトセッションには、2つのメダルを手に登場。掛けているメガネは、こちらも 999.9(フォーナインズ)の M-27 カラー:6023。 【クリックして拡大】

表彰式終了後のフォトセッションには、2つのメダルを手に登場。掛けているメガネは、こちらも 999.9(フォーナインズ)の M-27 カラー:6023。
【クリックして拡大】

この赤いフレームのサングラスは、ウルトラセブン × ブラックアイズ US701S-1 レッド(シルバーミラー)。 【クリックして拡大】

この赤いフレームのサングラスは、ウルトラセブン × ブラックアイズ US701S-1 レッド(シルバーミラー)。
【クリックして拡大】

葛西紀明について

1972年、北海道生まれ。10歳の時にスキージャンプを始める。

1992年のアルベールビルオリンピックに19歳で初出場以来、史上最多となる冬季オリンピック出場経験7回を誇る。中でも、今年2014年のソチオリンピックでの個人ラージヒル・団体ラージヒルでの銀メダル獲得は、記憶に新しい。

こうしたキャリアと実力から、「レジェンド」(生きる伝説)と世界中から称されている。

「日本 メガネ ベストドレッサー賞」の選考方法

日本のメガネ業界関係者からの投票結果をもとに、主催者であるリード エグジビション ジャパン株式会社、一般社団法人 福井県眼鏡協会により選考されている。

「第27回日本 メガネ ベストドレッサー賞」受賞者まとめ

メガネ ベストドレッサー賞 2014年の受賞者が決定~石原さとみ、葛西紀明、道端アンジェリカ…

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer