スマホユーザーの9割が「目の負担」を懸念、15%がすでに「対策済み」- GLAFAS(グラファス)

スマホユーザーの9割が「目の負担」を懸念、15%がすでに「対策済み」

トレンド総研がおこなった調査によると、「パソコンやスマートフォンなどを長時間利用することは、目の負担になると思いますか?」という質問に対して、スマートフォンユーザーの約9割が「とてもそう思う」または「まあそう思う」と回答し、「目の負担」を懸念しているという。

また、働く男女のうち15%がブルーライト(※)への対策をしているほか、62%のひとが「今後対策をしようと思っている」と答えている。

※パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から多く発せられ、まぶしさやチラつき、目の疲れなどの原因になるとされている。

スマホは1日2時間以上、仕事のある日はPCを6時間利用

トレンド総研は、20~30代の会社員男女500名を対象に、スマートフォンにおける「ブルーライト対策」をテーマに意識調査をおこなった。

それによると、スマートフォンの所有率は63%。また、18%のひとが「現在は所有していないが、今後購入予定」と答えている。

続いて、スマートフォンユーザーに「1日あたりのスマートフォンの利用時間」を聞いたところ、平日で「平均2.1時間」、休日で「平均2.6時間」という回答を得た。

さらに、「1日あたりのパソコンの利用時間」は、仕事がある日で「平均6.0時間」という結果となった。

9割のひとが「目の負担」を懸念

「あなたは、目の疲れを感じることがありますか?」という質問に対しては、44%が「よくある」、44%が「たまにある」と回答。9割近くのひとが「目の疲れ」を感じているようだ。

さらに、「パソコンやスマートフォンなどを長時間利用することは、目の負担になると思いますか?」と聞いたところ、61%が「とてもそう思う」、31%が「まあそう思う」と答えており、9割以上のひとがパソコンやスマートフォンが「目の負担」になると考えていることがわかる。

「パソコンやスマートフォンなどを長時間利用することは、目の負担になると思いますか?」

「パソコンやスマートフォンなどを長時間利用することは、目の負担になると思いますか?」

(出典)http://www.atpress.ne.jp/view/33863

ブルーライトの認知度は7割以上、15%がすでに対策済み

パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から多く発せられ、まぶしさやチラつき、目の疲れなどの原因になるとされている「ブルーライト」の認知度を調べたところ、およそ半数にあたる48%が「知っている」と回答。

「詳しくは知らないが、言葉は聞いたことがある」と答えた28%を加えると、「ブルーライト」の認知度は7割以上となっている。

また、現在「ブルーライト」対策をしているかどうかを聞いたところ、15%のひとが「している」と回答。「今後対策をしようと思っている」と答えたひとも62%となっており、8割近くのひとが、「ブルーライト」への対策に関心を持っているようだ。

「現在、「ブルーライト」対策をしていますか?」

「現在、「ブルーライト」対策をしていますか?」

(出典)http://www.atpress.ne.jp/view/33863

関連記事


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 3747
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache