ドラマ「華和家の四姉妹」の川島海荷さんのメガネは BEVEL(ベベル)- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

ドラマ「華和家の四姉妹」の川島海荷さんのメガネは BEVEL(ベベル)

ドラマ「華和家の四姉妹」の川島海荷さんのメガネは BEVEL(ベベル)

BEVEL(ベベル) 8604 カラー:DBRD(ダークブラウン/レッド)。

GLAFAS(グラファス)の独自調査によると、TBS系ドラマ「華和家の四姉妹」で川島海荷さんが演じる華和うめが掛けているメガネは、アメリカのメガネブランド BEVEL(ベベル)のフレーム BEAT IT 8604 カラー:DBRD(ダークブラウン/レッド)。

このフレーム(写真1)は、ほどよいボリューム感とシャープさ加減が絶妙。顔の印象を引き締めながらも、メガネが主張しすぎないバランスのよいデザインが魅力。

メガネをおしゃれに掛けたいけど、メガネばかりが目立つのは嫌!というひとや、メガネを上手くコーディネートに取り入れたいひとにはおすすめのフレームだ。

(写真1)BEVEL(ベベル) BEAT IT 8604 カラー:DBRD(ダークブラウン/レッド)。

(写真1)BEVEL(ベベル) BEAT IT 8604 カラー:DBRD(ダークブラウン/レッド)。

また、BEVEL(ベベル)が得意とするバイカラー(2色使い)になっているのもポイント。表はダークブラウンだが、裏側はレッドになっていることで、目元が明るく見えるのだ。

さらに、素材には軽いチタンが使われているので、フレームが太めの割には軽く、掛け心地がいいのもうれしいところだ。

BEVEL(ベベル)とは

BEVEL(ベベル)は1999年に設立されたアメリカのメガネブランド。シンプルなデザインと2色使いのバイカラーを中心とした美しいカラーリングとの組み合わせを得意としており、アメリカではビル・ゲイツ氏やマイケル・ジャクソンさんなど、セレブの間でも人気となっている…【続きを読む

華和家の四姉妹とは

ドラマ「華和家の四姉妹」は、「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」で知られるマンガ家 柴門ふみさんが「週刊モーニング」(講談社)に2005~2008年まで連載していたマンガが原作。

「モテ男」のパパと一途に愛を貫くママ…そんな夫婦から生まれた四姉妹は、なぜか全員呪われたかのような男運のなさ。中でも、次女の竹美は「恋多き魔性の女」、「問題児」、「悪魔」などと呼ばれ、いつもトラブルを巻き起こす…そんな四姉妹、華和家を通じて、結婚をキーワードに女性の幸せとは何か?を描くホーム&ヒューマンドラマとなっている。

【送料無料】華和家の四姉妹(1)

【送料無料】華和家の四姉妹(1)
価格:570円(税込、送料別)

【送料無料】華和家の四姉妹(2)

【送料無料】華和家の四姉妹(2)
価格:570円(税込、送料別)

【送料無料】華和家の四姉妹(3)

【送料無料】華和家の四姉妹(3)
価格:570円(税込、送料別)

【送料無料】華和家の四姉妹(4)

【送料無料】華和家の四姉妹(4)
価格:570円(税込、送料別)

関連リンク

Bevel - BEAT IT

BEVEL(ベベル)公式サイトのフレームカタログページ。

関連記事

第23回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 表彰式 開催

川島海荷さんは、2010年10月に発表された「第23回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」で、特別賞(今後メガネを掛けて欲しい人)を受賞している。

受賞のよろこびを笑顔で語る川島海荷さん。

受賞のよろこびを笑顔で語る川島海荷さん。

ドラマ「内部調査官・水平直の報告書」の木村佳乃さんのメガネは BEVEL(ベベル)

このドラマでも、「華和家の四姉妹」で川島海荷さんが演じる華和うめが掛けているメガネと同じものが使われている。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer