メガネスーパーが被災地への老眼鏡の寄贈を計画中- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネスーパーが被災地への老眼鏡の寄贈を計画中

メガネスーパーが被災地への老眼鏡の寄贈を計画中

メガネスーパー 公式サイト(スクリーンショット)

大手メガネチェーン メガネスーパーは、3月11日(金)に発生した東日本大震災に被災された方々に既製の老眼鏡を寄贈することを計画中であることを明らかにした。

プレスリリースによると、「行方不明者の探索等現在の混乱が終息次第、準備し現地に送達」したいとしており、決定次第あらためて発表される。

すでに現在行っている支援策として、ネジの交換や掛け心地の調整など店頭でできるものについては、全国の各店舗にて無料で修理している。

また、3月31日(木)まで全国の各店舗に専用の募金箱を設置して、義援金を集めている。集められた義援金は、毎日新聞東京・大阪西部社会事業団を通じて寄付される。

関連記事

東日本大震災 メガネ関連ニュースまとめ


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer

id : 1610
Copyright
© 2003 - 2020 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
bypass_cache 154.2 KB