朝青龍の白いメガネは、自らデザインした LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)のもの- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

朝青龍の白いメガネは、自らデザインした LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)のもの

朝青龍の白いメガネは、自らデザインした LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)のもの

LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)公式サイト(スクリーンショット)

[出典]http://www.lessthanhuman.co.jp/

2月24日(水)にハワイより帰国した元横綱朝青龍関が掛けていた白いメガネは、日本のメガネブランド LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)のものであることが、中日スポーツの取材で分かった。しかも、デザインしたのは元朝青龍関自身だという。

LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)は、現在最も注目される日本のメガネブランドのひとつ。ブランド名は「人間以下」という意味で、「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾品」としてデザインされたメガネ・サングラスは、2002年のブランド立ち上げ以来、数多くのファンを魅了している。

元朝青龍関は、中日スポーツの取材に対して、次のように語っている。

23回目の優勝を決めたときに、このブランドの社長と話し合ってデザインした。どう? 色も自分で決めたんだ

中日スポーツ:元朝青龍関の眼鏡は自らデザイン 本紙に明かす:大相撲(CHUNICHI Web)

元朝青龍関の白いメガネ姿については、ネット上でも賛否両論だが、本人はいたく気に入っている様子がうかがえる。

LESS THAN HUMAN(レス ザン ヒューマン)は、過去にもマジンガーZや映画『蛇にピアス』、元LUNA SEAの J、テイ・トウワ(TOWA TEI)などと積極的にコラボモデルを発表している。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer