Oakley(オークリー)が日本高校ゴルフ連盟のパートナーに~眼のケア・サングラスの必要性・重要性・掛け方をアドバイス- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

Oakley(オークリー)が日本高校ゴルフ連盟のパートナーに~眼のケア・サングラスの必要性・重要性・掛け方をアドバイス

Oakley(オークリー)が日本高校ゴルフ連盟のパートナーに~眼のケア・サングラスの必要性・重要性・掛け方をアドバイス

Oakley(オークリー)FLAK2.0 Asia Fit

スポーツサングラスの人気ブランド Oakley(オークリー)を手掛けるオークリージャパンは、日本高等学校ゴルフ連盟とオフィシャルパートナーとして提携したと発表した。ジュニアゴルファーに対して、眼のケアやアイウェア(サングラス)の重要性、正しい掛け方をアドバイス・サポートしていく。

具体的な活動内容としては、高校日本代表選手へのアイウェアと眼のケアのサポートをはじめ、加盟ジュニア約6,000名にアイウェア着用を推進し、指導者や生徒・保護者向けに全国でセミナーを開催していくとしている。

Oakley(オークリー)RADAR EV Asia Fit image by オークリージャパン

Oakley(オークリー)RADAR EV Asia Fit
image by オークリージャパン

若い時からアイウェアを掛けて、紫外線や風、砂、ボールなどから眼を守ることは、将来に向けてコンディションを維持することにもつながる。そして、ボールの飛距離や弾道、グリーン上のラインを見極めるのにも効果的で、パフォーマンス向上も期待できる。

Oakley(オークリー)のアイウェアを愛用しているプロゴルファーは、サングラスの必要性や重要性について、次のように語っている。

松山英樹プロ

「遠征で出場した海外での試合で サングラスをつけずに出たら、その翌年ぐらいにすごく眼が悪くなったんです。『紫外線が原因じゃないか』と思って、それから必ずサングラスをつけるようになりました。」

松山英樹プロ image by オークリージャパン

松山英樹プロ
image by オークリージャパン

宮里藍プロ

「ゴルフにはサングラスは絶対持って行ってほしいですね。体とか顔には日焼け止めを塗ると思いますが、眼には日焼け止めは塗れないので。」

宮里藍プロ image by オークリージャパン

宮里藍プロ
image by オークリージャパン

宮里美香プロ

「度付サングラスによって、視力が補正されると飛距離やイメージも湧き、芝の順目逆目やアンジュレーションがはっきりと認識できパフォーマンスが上がりました。」

宮里美香プロ image by オークリージャパン

宮里美香プロ
image by オークリージャパン

日本高校ゴルフ連盟推奨 Oakley(オークリー)アイウェア

オークリージャパンが日本高等学校ゴルフ連盟のオフィシャルアイウェアパートナーへ|オークリージャパン株式会社のプレスリリース(PDF)

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer