遠近両用レンズが最短翌日にできあがる新サービス「24G」がパリミキと金鳳堂でスタート- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

遠近両用レンズが最短翌日にできあがる新サービス「24G」がパリミキと金鳳堂でスタート

遠近両用レンズが最短翌日にできあがる新サービス「24G」がパリミキと金鳳堂でスタート

image by 三城

メガネチェーン最大手の三城は1月29日(水)、都内で記者発表会を開催し、遠近両用メガネレンズを最短翌日に受け取ることができる新サービス「24G(トゥエンティーフォー・ジー)」を、2月10日(月)より開始することを発表した。

遠近両用メガネレンズは、メーカーに在庫がなく、メガネ店からの注文を受けてから作製されるため、出来上がりまでに1週間程度かかっているが、「24G」なら14時までの注文なら翌日に遠近両用メガネを受け取ることができる。

日本初 遠近両用レンズが翌日納品。24G(トゥエンティーフォー・ジー)

「日本初 遠近両用レンズが翌日納品。24G(トゥエンティーフォー・ジー)」

「24G」により、「旅行に掛けて行きたい」、「メガネが壊れてしまった」といった場合でも、新しいメガネをすぐに手に入れられるほか、インバウンド客(訪日外国人観光客)も度付きレンズを購入しやすくなる。

納期1週間以上→24時間、インバウンド需要にも対応

これまで1週間以上だった遠近両用レンズの納期が、「24G」なら24時間に短縮。それにより、インバウンド需要にも対応する。

「24G」のサービス開始にあたり、三城は東京・葛西にレンズ製造工場を設置。この工場は、最新鋭の機械を導入により、学校の教室ほどの広さという省スペース化を実現。完全受注生産でレンズの研磨からコーティング、フレームへ入れる加工までをおこない、遠近両用レンズをはじめ、単焦点レンズ(近視・遠視・乱視用)、ブルーライトカットレンズ(※1)、偏光レンズ(※2)などの翌日納品を可能としている。

シャミールジャパン TOKYO 製造工程フロー

イスラエルのレンズメーカー「シャミール」との業務提携により設立されたレンズ製造工場「シャミールジャパン TOKYO」では、顧客ひとりひとりの度数に合わせてオンデマンド、完全受注生産でレンズを加工。

シャミールジャパン TOKYO 研磨製造工程

レンズを研磨する際には専用の治具で固定するが、一般的な工場では合金でレンズを固定するのに対して、シャミールジャパン TOKYOでは特殊な接着シートでレンズ前面を固定。そのため、研磨の際のブレが最小限に抑えられ、高い精度を実現しているという。

シャミールジャパン TOKYO 反射防止コート製造工程

レンズ表面に施す反射防止コーティングは、1回4枚までの少量で加工される。大量生産する工場では5時間ほどかかる工程が、シャミールジャパン TOKYOではわずか10分。均一でムラのないコーティングが可能とのこと。

この工場は、Oakley(オークリー)などに代表される、特殊な形状のスポーツサングラスにも対応している(※3)。特殊な形状のスポーツサングラスに入れるレンズは、加工をメーカーに依頼するケースが多く、その場合1週間以上の納期がかかるが、「24G」なら注文した翌々日に受け取ることも可能となっている。

スポーツ用サングラスOK!

スポーツサングラスに使用される、湾曲が大きなハイカーブレンズにも、「24G」は対応。見え方の違和感を軽減するプリズム補正も施される。

価格は単焦点レンズが30,000円(税別)から、遠近両用レンズが40,000円(税別)からで、パリミキの東京都内36店舗(※4)と、三城ホールディングスの子会社である金鳳堂(京橋本店・首都圏百貨店メガネサロン13店舗)にて、2月10日(月)より販売を開始する。

24G 商品ラインナップ

24G 商品ラインナップ

24G 単焦点レンズ 価格(2枚1組 税別)
Sクラス フラッグシップモデル(保証プラン付) 80,000円
Cクラス インディビジュアルモデル 60,000円
Aクラス スタンダードモデル 30,000円
24G 遠近両用レンズ 価格(2枚1組 税別)
Sクラス フラッグシップモデル(保証プラン付) 120,000円
Cクラス インディビジュアルモデル 100,000円
Hクラス カスタムモデル 60,000円
Aクラス スタンダードモデル 40,000円

「24G」は、三城とイスラエルのレンズメーカー SHAMIR(シャミール)と業務提携により生まれた。三城はシャミールとの業務提携で、シャミールが開発した高性能特注メガネレンズの翌日納品サービス「InoTime」を日本国内で展開する独占的権利を取得。レンズ素材や品質基準など、日本市場に向けて共同開発を進めてきた。日本人はひとつのメガネを長く大切に使う傾向にあることから、ホコリや花粉が付きにくく、キズや汚れに強いコーティングを標準装備するなど、長く使えるレンズを開発したという。

シャミール 社屋

シャミールは1972年に創業。アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパを中心に世界22ヵ国に展開し、従業員は約2,500人。

遠近両用レンズ翌日納品サービス「InoTime」サービスの展開

遠近両用レンズ翌日納品サービス「InoTime」は、カナダ、イタリア、フランス、ポルトガル、シンガポール、ニュージーランドで展開。日本では「24G」が初のサービス開始となる。

「24G」は、2月10日(月)にパリミキの都内36店舗、金鳳堂の13店舗でサービスを開始し、3月にはパリミキの神奈川・埼玉・千葉の各店舗、4月以降に全国へ展開を広げる計画で、初年度売り上げは4億円を目標としている。また、「24G」のレンズ全体の売り上げにおける割合は数%、インバウンド客の購入は月に数百件程度を見込んでいる。

「24G」のビジネス展望・目標

「24G」の売り上げは初年度4億円、2年目6億円、3年目7億円、4年目8億円、5年目10億円を目標としている。

(左)三城ホールディングス 代表取締役社長 澤田将広氏 (右)SHAMIR社 CEO Yagen Moshe氏

(左)三城ホールディングス 代表取締役社長 澤田将広氏
(右)SHAMIR社 CEO Yagen Moshe氏

「24G」(トゥエンティーフォー・ジー)のアンバサダー ダンディ坂野

「24G」のアンバサダーには、お笑い芸人のダンディ坂野が起用された。キャッチフレーズは「24時間でゲッツ!」。

パリミキ 24G ゲッツ編 - YouTube


脚注

※1:ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から多く発せられ、まぶしさやチラつきなどの原因になるとされる青色光のこと。ブルーライトをカットするレンズが入ったメガネは「PCメガネ」とも呼ばれ、度付き・度なしともに販売されている。

※2:偏光レンズは、さまざまなものに反射して生じる光を取り除き、クリアな視界が得られるのが特長。ギラつきやまぶしさを減らし、視界のコントラストを高めてくれるので、釣り・スポーツ・日中のドライブなど、幅広いシーンで効果を発揮する。

※3:形状により対応できないものもある。

※4:「メガネの新常識、日本初上陸!遠近両用も24時間でお届け! | レンズの種類 | パリミキ・メガネの三城」参照


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク