Zoff(ゾフ)が店舗スタッフの制服をリニューアル、ヴィンテージワークスタイルがコンセプト- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

Zoff(ゾフ)が店舗スタッフの制服をリニューアル、ヴィンテージワークスタイルがコンセプト

Zoff(ゾフ)が店舗スタッフの制服をリニューアル、ヴィンテージワークスタイルがコンセプト

image by インターメスティック

メガネブランド Zoff(ゾフ)は、リブランディングの一環として10月1日(月)より制服をリニューアルする。

制服のデザインを担当したのは、Balcony(バルコニー)のディレクターを務め、現在はギャラリーを手がける野口アヤ氏。視力測定やレンズの加工業務など、店舗スタッフの職人的な一面から着想した「ヴィンテージワークウェア」をデザインコンセプトとしている。

制服のアイテムは全て、Zoff(ゾフ)のブランドカラーである「ブルー」を使用。1800年代ヨーロッパのヴィンテージワークウェアを思い起こすディテールとアイテムで構成されている。

サイジングはやや大きめで、1980年代のトレンドも感じさせつつ、動きやすさにも配慮。ジャケットとシャツをベースにしたコーディネートで、硬すぎずカジュアル過ぎないスタイルに仕上がった。

Zoff(ゾフ)ウィメンズAW(秋冬)制服

Zoff(ゾフ)ウィメンズAW(秋冬)制服

Zoff(ゾフ)メンズAW(秋冬)制服

Zoff(ゾフ)メンズAW(秋冬)制服

この新しい制服は、Zoff(ゾフ)の国内206店舗、海外30店舗(中国、シンガポール、香港)で10月1日(月)より導入される(店舗数は8月末現在)。

Zoff(ゾフ)は、ブランドスローガンである「EYE am a HERO!」(=メガネが主役の時代をつくる)を、新しい制服を導入することでファッションを楽しむ気持ちとともに表現していきたいとしている。

Zoff(ゾフ)ウィメンズSS(春夏)制服

Zoff(ゾフ)ウィメンズSS(春夏)制服

Zoff(ゾフ)メンズSS(春夏)制服

Zoff(ゾフ)メンズSS(春夏)制服

野口アヤ氏 コメント

「Zoff(ゾフ)が進めているファッションやカルチャーの感度の高さ、新しい提案などに合わせて、日々、店頭で接客しているお客様に対しても、きちんとしたイメージや誠実さ安心感を感じてもらうことが重要です。このような大事な部分も踏まえつつ、お客様にとって新しい提案が出て来そうなお洒落さも兼ね備えているスタッフ、という印象があれば、お客様もスタッフもモチベーションアップに繋がると考えてデザインしました。動きやすさ、取扱やすさなどはもちろん、新鮮さ、高揚感、それと安心感のバランスなど、着用していてより日々が様々な面で向上していただけることを願います。」

関連記事

メガネのOWNDAYS(オンデーズ)がファッションブランド Roen(ロエン)とコラボした店舗ユニフォーム導入

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer