タウンページでメガネ店登録件数の第1位は「メガネの聖地」鯖江市がある福井県- GLAFAS(グラファス)

タウンページでメガネ店登録件数の第1位は「メガネの聖地」鯖江市がある福井県

タウンページでメガネ店登録件数の第1位は「メガネの聖地」鯖江市がある福井県

2013年4月「田中眼鏡本舗」(福井県福井市)で撮影。

NTTタウンページは、タウンページデータ(職業別電話帳データ)を元に集計した「めがね店」に関するランキングを発表した。

その結果、都道府県別人口10万人当たりの「めがね店」の件数は、”メガネの聖地"とも呼ばれる鯖江市のある福井県が1位となっている。

また、メガネ店の件数は全国的に減少傾向にあることや、都市別のメガネ年間支出額も明らかになっている。

メガネ店の件数は10年間で約25%減少

タウンページに登録されている「めがね店」の件数は、2005年からの10年間で17,747件から14,156件と約25.3%減少している。

メガネ店が減少しているのは、中国製品の増加による単価下落で、経営が厳しくなったことも一因と言えよう。

また、「コンタクトレンズ業」への単独掲載件数は、2005年からの10年間で、ほとんど変化はないという(3,053件から3,071件)。

「めがね店」登録件数推移 出典:「タウンページデータベース」(NTT東日本、NTT西日本)NTTタウンページ(株)作成

「めがね店」登録件数推移
出典:「タウンページデータベース」(NTT東日本、NTT西日本)NTTタウンページ(株)作成

2012年のメガネ年間支出金額は、神戸市が1位

都道府県所在地および政令指定都市で調査した、2012年の「眼鏡」年間支出金額は、1位が神戸市(14,467円)、2位がさいたま市(10,067円)、3位は富山市(9,380円)という結果に。

2012年は、東日本大震災が発生した翌年。神戸市が1位を獲得したのは、阪神淡路大震災(1995年)の被災地であることと関連があるのだろうか。

【関連記事】

【特集】東日本大震災 メガネ関連ニュースまとめ

都道府県所在地および政令指定都市1世帯(総世帯)の「眼鏡」年間支出金額(2012年) 出典:「家計調査」(総務省)NTTタウンページ(株)作成

都道府県所在地および政令指定都市1世帯(総世帯)の「眼鏡」年間支出金額(2012年)
出典:「家計調査」(総務省)NTTタウンページ(株)作成

メガネ店登録件数第1位は、”メガネの聖地”鯖江市のある福井県

タウンページに登録されている都道府県別人口10万人当たりの「めがね店」の件数ベスト3は、以下の通り。

  • 1位:福井県(21.53件)
  • 2位:徳島県(17.78件)
  • 3位:山形県(16.93件)

1位の福井県と2位の徳島県は、ともに10年間不動。3位の山形県は、8年間不動となっている。

福井県が1位を獲得しているのは、メガネフレームの全国シェア約9割、世界シェア約2割を誇る一大メガネ産地で、”メガネの聖地"とも呼ばれる鯖江市の存在が影響しているのだろうか。

また、「めがね店」登録件数が少ない都道府県ベスト3は、以下の通りとなっている。

  • 45位:千葉県(8.80件)
  • 46位:神奈川県(8.66件)
  • 47位:埼玉県(8.06件)

人口10万人当たりの「めがね店」登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2014年) NTTタウンページ(株)作成

人口10万人当たりの「めがね店」登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2014年)
NTTタウンページ(株)作成

関連記事~メガネ店アクセスランキング

全国メガネ店アクセスランキング【2014年6月】

全国メガネ店 年間アクセスランキング【2013年】


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 4733
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database