グローブスペックス渋谷店 移転オープン- GLAFAS(グラファス)

グローブスペックス渋谷店 移転オープン

グローブスペックス渋谷店 移転オープン

より広く開放的になった店内には、今まで以上に豊富なバリエーションが展開されている。

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部店舗で営業時間の短縮などがおこなわれています。ご来店の前には、各店舗または各商業施設の公式情報のご確認をおすすめいたします。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の前に混雑状況などを各店舗または各商業施設にご確認いただくことをおすすめいたします。

東京・渋谷の人気メガネ店 GLOBE SPECS 渋谷店(グローブスペックス 渋谷店)が7月17日(土)に移転・リニューアルオープンした。

移転先は今までの店舗からほど近い、北谷公園の隣。今までの2倍以上に広くなった店内は、暖かみがありつつも機能的なインテリアとなっており、開放的な空間の中にメガネやサングラスが豊富かつ見やすく展示されている。

より広くなったことで、今まで以上にたくさんの商品が展示されており、あまりのバリエーションの豊富さに目移りしてしまうほど。商品知識の豊富なスタッフのアドバイスを受けながら、じっくりと選ぶのがおすすめだ。

また、CAZAL(カザール)などのヴィンテージフレーム・サングラスも豊富に展示されているのも、マニアにはうれしいところだ。

初心者には正統派クラシカル、上級者にはひねりの効いたものや機能性が高いものが人気

スタッフに同店の人気の傾向を聞いてみたところ、メガネ初心者にはウェリントンシェイプなど正統派クラシカルフレームが人気とのこと。正統派のクラシカルフレームにあこがれて、メガネを掛けるひともいるという。

そして、メガネをいくつも持っている上級者は、同じウェリントンシェイプでも微妙にニュアンスの異なるカラーやシェイプのものや、新しい素材・技術を生かした掛け心地のよいものなど、ひと味違うものを選ぶひとが多いという。また、クラシカルなものでも、サーモントと呼ばれる上半分はセル(プラスチック)、下半分がメタルというフレームを選ぶひとの増えているとのことだ。

さらに、ビジネスシーンにはきちんと見えるメタルフレームなど、TPOに合わせて選ぶひともいるようだ。掛けるシーンを意識することは、メガネ選びのポイントのひとつだと言える。

メガネ選びのコツを聞いてみたところ、まずは気になるものをいろいろ掛けてみて、気に入った雰囲気のものが見つかれば、そこからじっくりとお気に入りの一本を見つけるのがおすすめと語ってくれた。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 1130
Copyright
© 2003 - 2023 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database