メガネヘッドラインニュース~2019年5月第3週- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネヘッドラインニュース~2019年5月第3週

メガネ・サングラスに関するちょっと気になる情報や小ネタをお届けする「メガネヘッドラインニュース」。本日は、次の4つのニュースをご紹介。

▼「特殊検査導入で3歳児の弱視発見率上昇」

▼「レンズメーカー東海工学社長インタビュー」

▼「新宿伊勢丹にビンテージアイウェア1,000本集結」

▼「ALOOK4店舗閉店、眼鏡市場へ業態変更」


特殊検査導入で3歳児の弱視発見率上昇

群馬県、弱視発見率が上昇 3歳児健診で特殊検査導入 0.1%から1.8%に
毎日新聞

眼鏡で矯正しても十分な視力を得られない「弱視」を3歳の段階で発見し治療につなげるため、2年前から独自の取り組みをしている群馬県で成果が出ている。県などの働きかけで県内18市町村が3歳児健診で特殊な検査を導入した結果、「要医療(治療)」と診断された割合は1.8%と導入前の0.1%から上昇した。

関連記事

弱視防止へ早期検査 3歳健診時に導入 群馬県内34市町村|政治・経済|上毛新聞ニュース

【窪谷日奈子医師】学校健診で低視力と言われたら…早く眼科に行ったほうが良い理由/ドクター備忘録/オピニオンD/デイリースポーツ online


レンズメーカー東海工学社長インタビュー

メガネ一筋・東海光学 見やすい遠近や健康レンズを開発
日経ビジネス電子版

創業80周年を迎えたメガネレンズメーカーの東海光学(愛知県岡崎市)。古澤宏和社長の祖父が将来有望な市場を予見し創業、その後ずっとメガネレンズを作り続けてきた。メガネは高額商品ではなくなり、人口減も始まったが、同社は売り上げを伸ばしている。そこには、素材開発、設計、二次加工、販売、それぞれに独自の強みがあった。三代目が大手に負けない経営と今後の抱負を語る。


新宿伊勢丹にビンテージアイウェア1,000本集結

SOLAKZADE TRUNK SHOW開催。ビンテージアイウエア1000本が集う。
株式会社 三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース

ビンテージアイウエア専門店〈SOLAKZADE(ソラックザーデ)〉のトランクショーを伊勢丹新宿店にて開催いたします。

ソラックザーデの1万本を超える膨大なビンテージアイウエアコレクションの中から、 今回のトランクショーに合わせてレディースに特化した全1000本を販売いたします。 全て1点物の貴重なアイウェアとなり、デッドストックながら未使用品であり、遠近両用を含む度付きレンズにも対応いたします。

1950年代フランス製のマリリンモンローを彷彿させるキャットアイメガネ

1950年代フランス製のマリリンモンローを彷彿させるキャットアイメガネ

どんなショップ?

SOLAKZADE(ソラックザーデ):GLAFAS(グラファス)


ALOOK4店舗閉店、眼鏡市場へ業態変更

ALOOK 業態変更および閉店についてのお知らせ
新着情報|眼鏡市場(メガネ・めがね)

ALOOKとして営業を行なってまいりました下記店舗を閉店・眼鏡市場へ業態変更させていただくことになりました。

【2019年5月閉店ALOOK店舗】

・吉祥寺店

・渋谷店

・池袋店

・心斎橋店

ALOOK 業態変更および閉店についてのお知らせ|新着情報|眼鏡市場(メガネ・めがね)

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer