MASUNAGA G.M.S.から2022年春夏新作メガネ発売 匠の技でクラシックをモダンに進化させた名品- GLAFAS(グラファス)

MASUNAGA G.M.S.から2022年春夏新作メガネ発売 匠の技でクラシックをモダンに進化させた名品

MASUNAGA G.M.S.から2022年春夏新作メガネ発売 匠の技でクラシックをモダンに進化させた名品

image by MASUNAGA G.M.S.

1905年創業の老舗メガネフレームメーカー増永眼鏡から、MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)シリーズの2022年春夏新作モデルが登場。全国の取扱店にて発売中。

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)は、1933年に昭和天皇へ献上されたフレームを、増永眼鏡が創業100年を迎えた2005年にリメイクのをきっかけに生まれたブランド。

今季の新作は、クラシックとモダンを絶妙にミックスしたコンビネーションフレーム(※)3型。クラシカルなシェイプと今らしいムードが見事に調和し、上質かつ洗練されたメガネに仕上がっている。増永眼鏡が長年培ってきた技術と経験のたまものと言えよう。

※:コンビネーションフレームとは、複数の素材を組み合わせて作られたフレームのこと。プラスチックとメタル(チタンなどの金属)との組み合わせが一般的。

MASUNAGA G.M.S.「GMS-120TS」「GMS-121TS」

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)(上)GMS-121TS(下)GMS-120TS

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)
(上)GMS-121TS
(下)GMS-120TS

クラシックなシルエットをモダンにアップデートしたコンビネーションフレーム。

「GMS-120TS」は、少し大きめな横型ラウンドシェイプを採用。顔になじみやすく、優しいイメージで掛けられる。

「GMS-121TS」はスクエアシェイプを採用。カジュアルなカラーもそろっているのでトライしやすい。

MASUNAGA G.M.S. GMS-121TS ブリッジ

左右のリム(ふち)をつなぐブリッジに、アセテート(プラスチック)の別パーツをはさみ込むことで、モダンな印象に。

MASUNAGA G.M.S. GMS-121TS テンプル

テンプル(つる)は細くて丸みのあるデザインなので、軽くて快適な掛け心地を実感できる。

MASUNAGA G.M.S.「GMS-22」

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)GMS-22

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)
GMS-22

1920年代のヘリテージ(遺産)を現代的に蘇らせた、進化系クラシックフレーム。端正なたたずまいと軽やかな掛け心地が見事。

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)GMS-22 フロント・テンプル

プラスチックフレーム特有の質感や存在感を残しつつ、フレームの厚みや幅を薄く細く設計することで、軽量かつソフトな掛け心地に。テンプルは弾力性に優れたベータチタン製。立体的なリベット(びょう)も特徴。

MASUNAGA G.M.S.(マスナガ ジーエムエス)GMS-22 フロント

クラシカルなシェイプはそのままに、クリーンな仕上がりを実現。あえてクラシック過ぎない生地を使用することで、今らしいムードをプラス。

関連記事

MASUNAGA since 1905から2022年春夏新作メガネ発売 ”いいメガネ”を掛けたい大人にふさわしい逸品


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 7493
Copyright
© 2003 - 2022 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database