あの crocs(クロックス)からメガネが登場~crocs eyewear(クロックス アイウェア)日本初上陸- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

あの crocs(クロックス)からメガネが登場~crocs eyewear(クロックス アイウェア)日本初上陸

あの crocs(クロックス)からメガネが登場~crocs eyewear(クロックス アイウェア)日本初上陸

crocs eyewear(クロックス アイウェア)image by GLAFAS

コンタクトレンズやメガネフレーム・レンズを手がけるシードは、独自のデザインとカジュアルなプライス設定で、シューズマーケットに世界的なブームを巻き起こした crocs(クロックス)のメガネフレーム crocs eyewear(クロックス アイウェア)の日本総代理店となったことを6月6日(水)に明らかにした。

crocs eyewear(クロックス アイウェア)は、2009年より東南アジア諸国などで発売を開始。現在、10カ国のおよそ1,200店舗で販売されているが、シードが日本総代理店を務めることになり、いよいよ日本初上陸することとなった。

crocs(クロックス)らしいデザインとカラーリングが魅力

(写真1)crocs eyewear(クロックス アイウェア)の一例。ポップでかわいいツートンカラーが印象的。image by GLAFAS 【クリックして拡大】

(写真1)crocs eyewear(クロックス アイウェア)の一例。ポップでかわいいツートンカラーが印象的。
image by GLAFAS 【クリックして拡大】

crocs eyewear(クロックス アイウェア)は、crocs(クロックス)のサンダルなどに通ずるデザインとカラーリングが印象的。

例えば、(写真1)のフレームは、ポップなツートンカラーやシリコン素材を使った柔軟性の高いテンプル(つる)に、crocs(クロックス)らしさが表現されている。

また、ジュニア(子ども用)フレームもラインアップされており、特に人気を集めそうだ。

(写真2)crocs eyewear(クロックス アイウェア)のディスプレイイメージ。image by SEED

(写真2)crocs eyewear(クロックス アイウェア)のディスプレイイメージ。image by SEED 【クリックして拡大】

crocs eyewear(クロックス アイウェア)は、ジュニア(子ども用)フレーム9型を含む、全32型128バリエーション。価格はオープンプライスとなっているが、crocs(クロックス)のサンダルやシューズのように、買いやすい価格になることが期待される。

(写真3)crocs eyewear(クロックス アイウェア)のロゴマーク。image by SEED

(写真3)crocs eyewear(クロックス アイウェア)のロゴマーク。image by SEED

取り扱い店舗など、crocs eyewear(クロックス アイウェア)についてのお問い合わせは、シード眼鏡部(電話:03-3813-1116、http://www.seed.co.jp/)まで。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer